パスワードを忘れた? アカウント作成
1480045 journal
日記

mociの日記: セブンイレブンが恵方巻を全国に普及させただって? 8

日記 by moci

節分はもう昨日になってしまったが、恵方巻 - Wikipediaより

全国への普及はセブン-イレブンによるもの[23][24][25][15]。1989年(平成元年)に広島市のセブン-イレブンが販売を開始し、翌年より販売エリアを広げ、1995年(平成7年)から西日本に販売エリアを拡大、1998年(平成10年)に全国展開をしたことで急速に普及した[23][24][25][6][26]

全国にあるわけではないセブンイレブンがどうやって全国に普及させられたと言うのだろうか。やたらと付けられている出典を見ていこう。

セブンイレブン自身による文章。

『縁起のいい風習』としてお店で紹介しながら、翌年より販売エリアが広がり、95年には関西以西の地区に、そして98年には全国のセブン-イレブンで恵方巻を販売するようになりました。
こうして一部地域の食文化が全国へと広がり、今ではすっかり節分の定番のお寿司として定着しました。

セブンイレブンが全国に普及させたなどとは書いてない。セブンイレブンのある地域は限られているのはセブンイレブン自身がよくわかっているだろうから当然だ。全国のセブンイレブンで販売するようになったと言っても、店舗のない地方が該当しないのは当然であり、次の文の「全国へと広がり」との間にはギャップがある。

リンク切れ。少なくとも、広島の店舗から始めたことが書かれてあった模様。

25. ^ a b わぐりたかし (2009年1月24日). “予約殺到のコンビニ「恵方巻」の意外な仕掛け人を発見! 商品化に至った理由とは?” (日本語). 放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ. 日経トレンディネット. 2010年2月5日閲覧。

2ページめにはこうある。

整理すると、

  1989年 広島県のセブン-イレブン一部店舗で販売
  1995年 関西以西で販売
  1998年 全国のセブン-イレブンで販売

 セブン-イレブンのこの成功を見て、その他コンビニチェーンが追随した。

また、5ページめでもこうだ。

そんなことも含めて恵方巻を受け入れる土壌が耕されていき、ついに問題の1998年、全国のセブン-イレブンで販売するに至り、やがて各社が追随して現在につながっている。

どちらも書かれていることは同じだ。「全国のセブンイレブンで販売」「他コンビニチェーン/各社が追随」。前掲のセブンイレブンの記述に加えて、他社の動きについて言及されている。セブンイレブンのない地方での他社の関与がうかがえる。

15. ^ a b c d e f g h i j k l m n 荒井三津子・清水千晶 (2008年3月). “食卓の縁起に関する研究 I -恵方巻の受容とその背景- (PDF)” (日本語). 北海道文教大学研究紀要 第32号 -2008年3月- . 北海道文教大学鶴岡記念図書館. pp. 調査報告. 2010年2月5日閲覧。

「3−5.1980年以降の恵方巻き−コンビニエンスストアの動き」に各コンビニの動向について具体的に記されている。

恵方巻きの認知度を広めるにあたって、大きな役割を果たしたのはコンビニエンスストアだといわれる。

セブンイレブンは1989年、広島で販売を開始してから次第に販売域を広げ、1998年から全国で展開されるようになった。

ローソンでは1998年以前は近畿以西で販売していたが、1999年から全国で販売を開始し、2004年は110万本、2005年は180万本、2006年は220万本であった。

サークルKサンクス(図2)は、2005年から全国販売を行っているが、当初から七福神にちなんで具材を7種類にした丸かぶり恵方寿司、ハーフサイズ、幸せと本数の4をかけた「丸かぶり寿司しあわせ4本セット」、「節分そば」の4種類を販売している。

その他のコンビニエンスストアを見ると、ミニストップは2006年には 「節分とろろざるそば」に黒豆をつけて販売し、2008年は幸福恵方巻、海鮮恵方巻、節分ざるそば、フルーツロール、am/pm は2004年から販売を開始し、2007年度は8万本売り上げた。スリーエフは2005年、銭洗い弁天で祈祷した5円玉つきキーホルダーを景品としてつけた。ファミリーマートは2002年以前は関西地区限定で販売していたが、2003年から全国で販売開始した。

ここでも全国への普及はセブンイレブンによるものなどとは書かれていない。そして実際に当地、北陸地方へのセブンイレブンの出店は2009年のことであるが、それ以前にローソン、サークルKサンクス、ファミリーマートの各社が全国販売を開始していたことも読み取れる。ここからひくのであれば、「全国への普及はコンビニエンスストアによるもの」あたりがまだ適切だろう。

「全国への普及はセブン-イレブンによるもの」という文に付けられた出典は以上である。リンク切れのページに書かれていたことはわからないが、それ以外の資料からすると「全国のセブンイレブンで販売」と「全国へ普及」とを混同しているものと思われる。繰り返すが、セブンイレブンは全国にはなかったし、現時点でもなお、ありはしない。

ちなみに1999年6月末当時、セブンイレブンが展開していたのは1都1道2府21県(リンク先PDF)。7月に山形県に出店して1県増えて26都道府県。都道府県数だけでみると約55%でしかない。同年には追随して全国で販売を開始したと書かれているローソンは、1997年には全国47都道府県に出店していると言うのだから、この点だけ見ればむしろ「全国への普及はローソンによるもの」と言う方がまだマシとすら思える。無論、全都道府県に店舗があって販売したことをもって「普及させた」と言ってよいのか、という疑問は当然であり、「セブンイレブンではなくローソンだ」などと言うのは「それはそれでどうか」というところでもあるので、挙げられた資料からしてもやはり「コンビニ各社によるもの」辺りが落とし所ではないだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2012年02月04日 7時42分 (#2093091)

    たしかにセブンイレブンがない地域もありますが....
    キー局経由でほとんど全部の地域でセブンイレブンの「恵方巻き」TV CM が流れました。
    そして、セブンイレブンがないところでは、それ以外のコンビニやスーパーその他が、セブンイレブンのCM を見て買いに来た客に対して
    恵方巻きを売ったのです。

    これを「全国への普及はセブン-イレブンによるもの」と書いて良いかどうかはまた別の話ではありますが、
    「全国への普及はセブン-イレブンの宣伝によるもの」と書いたとしたら間違いではないでしょうね。

    多分ご自分で調べないと納得できないでしょうから、調べてみてください。

    • キー局経由でほとんど全部の地域でセブンイレブンの「恵方巻き」TV CM が流れました。

      いや、それはないです。実際にセブンイレブンのなかった地方に住んでいれば分かると思いますが、セブンイレブンのCMはそこまで流れてはいません。

      まずTV局が県単位の放送エリアしかカバーしていなかったりしますので、セブンイレブンのないそのような県ではスポットCMがまったく流れません。この時点で圧倒的な影響力を発揮することなど考えられません。

      キー局経由で流れたというのでしたら、全国ネットの番組で冠スポンサー級の地位にでもなっていて、系列局があって同時ネットで、ローカルCMなどにさしかえられなかった場合が考えられますが、当時そんな番組がどれだけあったでしょうか。セブンイレブンの有無に関わらず地方にお住まいであればご存知かもしれませんが、番組がネットされていても、CMまで同じとは限りません。よしんばそれだけの悪条件を掻い潜って視聴者のもとに届いたCMがあったとして、どれだけ影響を与えられたでしょうか。

      私自身、当時の「セブンイレブンの恵方巻のCM」はおろか、そもそも「セブンイレブンのCM」自体、記憶に残っていません。民放の系列局が4つあった県ですらこんな状況です。あまりお行儀はよろしくないですが、youtubeで検索をかけてみても、まずセブンイレブンの恵方巻のCMが見つけられません。そこまで多大な影響を及ぼしたCMならあってもよさそうなものです。恵方巻に限らずとも、当時あるいはそれ以前のセブンイレブンのCMを見てみても、やはり見た覚えがありません。どんなCMだったんでしょう。

      「全国への普及はセブン-イレブンの宣伝によるもの」というのであればまずはどんな宣伝だったのかが知りたいですが、そもそもそのような宣伝に覚えがない時点で「ありえない」という印象しか持てません。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        確かに、東北に住んでた事がありますが「セブンイレブンのCM」は全く流れませんでしたね。
        正確には「セブンイレブンが全国展開したことを『きっかけに』多くのコンビニ・スーパーマーケット・総菜屋が追随」とすべきなのでしょう。

        • 正確には「セブンイレブンが全国展開したことを『きっかけに』多くのコンビニ・スーパーマーケット・総菜屋が追随」とすべきなのでしょう。

          セブンイレブンの全国展開を「きっかけ」と書くには時期的に遅いでしょう。とくにローソンが同年以前に既に近畿以西で販売しており、翌年には全国販売を開始していることが、うまく整合しません。あまりに短期間過ぎて、セブンイレブンの全国展開前にもう広がっていたと考えた方が無理がありません。

          セブンイレブンに「きっかけ」を求めるなら、時期的にも網羅的にも微妙に過ぎる「全国」ではなく、あるいは他社(とくにローソン)との比較がはっきりしない関西・近畿以西への展開でもなく、広島の店舗での販売開始をこそ挙げた方がよいのではないでしょうか。1989年というのはコンビニそのものの全国への普及にくらべてもまだ早いくらいですし。

          親コメント
    • by Anonymous Coward

      テレビの映像を出典にすると検証可能性がうんたらで剥がされるから苦肉の策ででっち上げたんですかね。

  • by Anonymous Coward on 2012年02月04日 8時46分 (#2093105)

    全国版CMの言い出しっぺはコンビニでしたが、セブンではないですよ。
    コンビニ=セブンって云う人少なくないですからね。

    #ホンダのプリウスは間違いか?

typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...