パスワードを忘れた? アカウント作成

mujiさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13766011 journal
日本

mujiの日記: 博多座 十一月花形歌舞伎

日記 by muji

5月の歌舞伎夜話で他ならぬ本人の口から出演予定が明かされちゃって逆に松竹の人間が慌ててた、なんて愉快な出来事←から早半年。
まさかね、あらよる観に博多遠征するとはね!

出かける前日に地元ローカル番組(今確か「ザ・博多座」って名前じゃなくなったんだよね?)の画像が上がってたのを見つけてマジで「ファッ?????」と声が出た、くらい、およそ本人の面影が欠片も残っていない隈の取り方だったが、実際観てみれば青黛メインで随分すっきりさせた感じ。といっても歴代のぎろからすればがっつり隈取ってるし鼻の下側は完全に黒く塗って動物の鼻になってるし(映像に残ってるのは鼻隈プラス人中に一本線の定番隈)。
で、映像で、おおこれは! と膝を打ったのが金色(ここは「こんじき」と読みたい)の病鉢巻。この発想がいかにも、と実際観ればおいおいそれじゃ助六の元気鉢巻(いやこんな名前じゃないけど)じゃん(--;)何で結び目逆に…と一瞬考えたがすぐに、ああ、かじられた耳に見せかけてるか、と思いが至る。病鉢巻だと耳は隠せるけど結び目と左耳が重なるしね。うーんそれでも元気鉢巻にしちゃうと若干無理があるなあ。しかもそこで取るのか、てところでおもくそマジックテープの音させてたしw
 #めいの母親を殺したのは自分だ、と明かす場面。そこでかじられた右耳の疵を見せる。

と、まず病鉢巻で歴代ぎろとは一線を画していると見えた、上での現地。
オオカミたちの最後に堂々と岩山の上に姿を現して、ヤギの群れを襲うべく号令をかけるのがオオカミの遠吠え。
いや勿論ちゃんと号令の台詞がある。その台詞回しで甲に上げたところを遠吠えさながらに伸ばす。しかも2回。
2回目の遠吠えで、あ、これ遠吠えだ! と気が付いた時点で完全にぎろに取り込まれた(笑)。何という歌舞伎味。とどめが花道を下がるときのオオカミ六方。
歌舞伎に寄せているどころか、ぎろが違うだけでこれだけ歌舞伎のにおいが濃くなるとは。当たり前といってしまえばそれまでだが歴代ぎろとのキャリアの差が…とも思ったが、うーん、そこはどうかなあ、仮に錦之助と同じくらいのキャリアを持つ他の役者が今回のぎろだったとして、果たしてそこまで歌舞伎に寄せたオオカミを作ってきたか。話の展開上、権十郎のがいと二人になる場面がちょくちょくあったが、途端に空気が歌舞伎になるのが凄いなあと。むしろ浮き気味なくらい、二人のやり取りがちゃんと歌舞伎だった。立廻りもアラ還同士で短いながらもがんがん動いてたしね!w
 #5歳違いか。権十郎が大健闘というべきか←
 #流石に年齢か、スピード感がやや落ちていたような…
 #うん、でも、まあ、あと1回くらいは泉水の立廻りいけるかな←
 #親子泉水の立廻り諦めてないからね(話が違う
前後するが米吉のみい姫を踏みつけにしてびくしゃくと、はね回るなとか小賢しき、下衆山羊めが聴けるとはw大膳もそう遠くないうちに回ってきそうなw
大詰のがぶとの立廻り、断末魔のもがきが赤いスポットライトで存分にもがきまくってて、ああこれやりたかったんだろうねえ(笑)と。歌舞伎座でもやってたっけ? でもここまでではなかったはず。少なくとも赤いライトは使ってないw
 #つか一旦死んで、あれっ雪崩に巻き込まれる前に死んでたっけ? と思いきやがばっと起き上がったのには(笑

と、同情の余地は一切無いワルオオカミ。
ベースは伊賀越の股五郎、そこへ源太勘当の平次とか金閣寺の鬼藤太とか入れてきてる感じかな。股五郎はホント観たくないけどwぎろにはそこまでの感情はない、というか、何より本人がかなり発散して楽しんで演じているであろう雰囲気ががんがんに伝わってくるんで、これが舞台写真も出ないプログラムにも掲載されない、てのは何とかならんのかと! 演劇界掲載だけじゃ足りんわ!←

(さて、他の面子はどないするかね←

13760229 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

夜の部よやくー

国立のプログラム見ててあれっ??? と思ったんだが葵太夫掛け持ちとは。慎治と一緒に。しかも国立の持ち場がかなり後の方(越前親子切腹の準備からのー、の場面なので14:30過ぎから)な上に歌舞伎座では夜の部最初の楼門ってな。まさか葵太夫のために国立11時開演で夜公演なしにしたとか?????
 #いくら何でもそこまでとは思わんが(多分タケルくんの学校関係かなあと)考えられないこともないかと←
 #国立は補曲もしてることもあってかほぼ床本に目を落としたままだった。初日だしね。

ってえーと歌舞伎座だよね←
澤瀉法界坊、見慣れた播磨屋法界坊とは演出がちょいちょい違ってなるほどーと。

13759990 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

初日おめでとうございます。

って何か国立11月って他の日程の兼ね合いで初日に観ることが多いやうな。
越前様が幕間込上演時間の半分出てこないって助六以上だよ(違

(そしてこれから歌舞伎座夜の部ー

13755329 journal
日本

mujiの日記: 高座御免くださりましょう

日記 by muji

日本シリーズなにそれおいしいの。
 #だからチーム防禦率リーグ最下位んとこが優勝すること自体おかしいんだって

昨日の南座新開場祇園お練りも無事済んだところで博多座組は明後日のあらよるお練りが待っている訳だが(南座お練りは見事に1955年生まれの時蔵が年齢筆頭だったんだねぇ美吉屋が誕生日1日違いだったてのも驚きだがw)、その博多座組からも何人も出ている来年の浅草。25日に出したってのは近年では演目発表がかなり遅かった方。何せ歌昇夜話で「演目がまだ決まってない!」と歌昇から泣きが入ってたくらいってえからなあ。そこから10日足らずで上置含めた配役まで決めるもんなのか。浅草って所詮その程度の扱いなのか←
 #上置もかなり直近まで出演正式決定してなかったっぽいしなー

部屋子が鶴松梅丸の2人いるってのは一昨年と同じ。つか面子は一昨年とほぼ一緒、というより米吉抜けてかしょたねが入ったから1人増か。
上置が出るのが第二部だけってのは昨年と同パターン。あー、そうだそうだ昨年は前月九段目の力弥からのー角力場の濡髪なんて無茶振りにもほどがある配役だったんだっけねー。でもってテスト用紙を隠そうとする息子に「見せなさい」するおとーちゃんだったと(激違
 #ごんぱっつぁーに手紙見せろと促す長兵衛ってツーショがそうとしか見えなかったんだもん←
さて来年。1998年2月歌舞伎座、仁左衛門襲名助六での並び傾城以来の女方、てのには実はそれほどの意外性は感じてない。何しろ一昨年の上置初参加時のプログラムで「栄御前なんかもやってみたい」発言があったからして。「なんか」ってどうよとも思うが←なので、あー会社側も覚えてたのねーみたいな。あと、歌六が巡業でやってるってのもある。概ねあんな雰囲気かなーと。上演記録をざっくり見ると東蔵率がかなり高いから教わるとしたら東蔵からだろうが、老け女方の役とはいえ後室だからそこまで老けに作る必要もないかと。かなり若い後添えってことで←
 #おば様は苦手じゃ、じゃなくて、親父様は苦手じゃ、だな(ちょw

で。
対面の工藤。
配役見た途端に涙出そうになった。
浅草とはいえ、浅草だからこそなんだろうけど、対面の工藤をつとめる日が、それをこの目で観られる日が来ようとは。
こちらも早速上演記録遡ってみれば、一時期(大体1990年代前半)はほとんど十三世仁左衛門と十七世羽左衛門が割ってたのねwにざにざうざにざうざ、てな感じで。トータルで十三世が17回、十七世が11回。戦後90回以上上演がある中でこの2人で3割弱工藤ってのも何というかいやはや。おかげで(おかげで?)この人なら当然、て人が案外直近まで工藤手がけてなかったりするのも面白い。白鸚も吉右衛門もそんな感じ。しかも1回ずつしかやってない、つかにざにざうざ状態から抜けて、回数多めだった天王寺屋や成田屋が身罷って、次に多いくらいだった我當が実質無理、とあって、近年は群雄割拠だったりする。彌十郎が2回ってのは若干意外でもあるが平成中村座限定と見ればまあ判らなくもない。そして初役時期だけでいえば当代の仁左衛門が彌十郎よりあと、ってのは若干どころかかなり意外。来月3回目だけど。

対面を紹介している歌舞伎解説本ならほとんど書かれているであろう、登場人物の役どころと一座との関係。
いうまでもなく工藤は座頭である。で、過去の工藤役者を見るに、概ね座頭クラスか座元の家か、といったところ。白鸚や吉右衛門が手がけたのが割と遅かったのはその辺も関係しているかも。座組とタイミングの問題ってのもあろうし。
浅草で対面が出るのはこれまた意外にも2回目だが(確かに人数ある程度必要だから出しにくいかもね、って、かしょやわで人数カツカツっていっといてよく出せたなあ!)、前回は更に意外にも5年前、何故か前後の脈絡なく海老蔵がいた年で当然の如く海老蔵が工藤。と見て、あーそうだ松也の五郎がいろいろアレだったんだー(何w)なんてことを思い出した。
そして来年、松也再びの五郎に錦之助の工藤。昨年の角力場を思い起こさせるような対決する二人、てのに何やら意図的なものが見え隠れするような、ってそんなことより錦之助の工藤。
揚障子の向こうから朗々と響くであろう園の梅、を耳にして落ち着いていられる自信がない←
途中の思いいだせば、オヽそれよからの物語もそうだし、何より斬って、恨みを晴らせよ兄弟がどれだけの情が込められた響きとなることか。

思いいだせば、って工藤じゃないけど←、それこそ南座襲名披露での五郎を思いいだせば、浅草とはいえ、浅草だからこそ、工藤をつとめる日が来ようとは、である。嗚呼。

13749756 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 芸術祭十月大歌舞伎・幕見

日記 by muji

でもってだんまり幕見で今月はしまい。
公園の散歩が頭から離れないが←まあでも実際そうなっちゃってるからなぁ…
ぶっ返りは相変わらずわたわた感が残っているが、仕込み刀、確か昨日は抜き身ではなかったはずだが今日は最初から抜き身で置いてあった、ってそこまでわたわたしてるのかとry

(とりあえずー

13749753 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 芸術祭十月大歌舞伎

日記 by muji

2週間ぶりの昼の部、ってここんとこのペースからしたらえらい間隔が開いたなあと←
それでも大した進歩が見られないっぽい三人吉三。つかお嬢とお坊のやり取りのテンポがむしろ悪くなってるのはどうしたことかと。あそこは誰がやってもあんなにもっさりしてたっけか???
そしてそれを打破出来ない和尚。7日に観て orz となった雪駄の履き方もそのまんま。ふかーぶかと履き込んじゃってるんだもん、どこが雪駄なんだと。突っかけ履きが出来ないのは判るからせめて鼻緒すげる位置後ろに下げてつま先反らせて突っかけ風に見せるくらいしてくれい…前進座と大差ないってどうよと。
もうね、そういう細かいところからほころびてくんだよと何度ry

大江山、一部で話題になっていた、後シテの勘九郎が酒臭い息を吹きかける態のときに白い煙だか粉だかをふきだすようになっていて、っての、おお確かにやってるやってる。仕込むときに大杯で顔を隠すようにして何やら、って動作が加わった。どうやらここ数日は萬屋親子に攻撃を仕掛けているようだが、隼人に吹きかける前段階で左手に仕込んだ銀色の円筒状の蓋っぽいものが見えたので、そこに何か入ってるんだろうなあ。粉だとむせそうだが、煙としてもあれだけの量を仕込めるとは思えない(つか消えちゃうだろうし)ので、粉なんだろうなあ。あれ吹きかけられちゃあ保昌大して働けない訳だ←
 #保昌先陣切ってる割にはいきなり動き封じられるし花道方面に追い込んでも逆に詰め寄られて後ろに下がったり最後は後詰めで終わってるし。
 #ホント、歌舞伎での扱いが虐げられてるなあと。
あー、だからといって、前半上手側に控えているとき、酒呑童子が踊る前から眠気催しちゃあアカンw毎度チェックしちゃうけど(するなw)今日は相当キツかったみたいで何度覚醒して息をつく肩の動きが見えたことか(だから見逃そうよ←

直訴状が取り上げられて縛につく宗吾、幕切れの表情をじっくり観れば涙の跡。そうだろうね…

(ひとまずー

13749220 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 芸術祭十月大歌舞伎

日記 by muji

夜の部よやくー

助六の出端のために3階東を押さえて、ところが宮島のだんまりでは3階東は全く意味をなさないことが判明していて、仕方がないのでだんまりだけ幕見したというね←
いやしかしあの時間帯であの番号、だんまりだけなら昼の部終演時間にはほぼ満席らしいし、明日どないしようかと(何

保氏の評の「公園の散歩」がツボっているだんまりだがつまりはそれだけみんな暗闇が歩けてない訳でそれでいいんかと。広元も前回観たときの方が全身耳になっていたような。闇で見えないから聴覚を研ぎ澄ます、的な。今日は完全に見ちゃってたからなー。そりゃあ散歩だ。
そういえば観劇仲間から報告いただいたwのが、2日目にぶっ返りが出来なくて(そもそも引き抜けなかったらしいってマジか…)ほとんど素で後ろに合図してたとかで。しかも刀持ってなかったとかで。んー、確かに金襴の衣装だから固くて落ちにくいのかもしれないし、今日も綺麗に整えるまで何か格闘加減だったし。にしてもそこまでやらかすってのも…orz

13743506 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十月歌舞伎公演

日記 by muji

先月の歴史に残る俊寛(おおげさではない)のあとで通しとはいえ、それに初役ではないとはいえ、流石に鬼界ヶ島の場はかなりきついものがあったなあと。相変わらず幕切れで照明落とすけど、御赦免船が出て行くのって別段夕暮れ時でもない訳だしやっぱりいらん演出だよなー。
敷名の浦の場は国立大道具の腕前と舞台装置をこれでもかといわんばかりに押し出してきた、だけの場になっちゃった感。東屋と千鳥ちゃんが亡霊になって出てきて、で? 恨み言でおわり? てな。
孝太郎の幽霊の時の発声と新悟の海老反りがとてつもなくデジャヴだったのは気のせいではあるまい←
 #4月と7月それぞれ散々観たからなぁ…

 #そして松江がひっそりと3か月連続国立だったりする。松竹的に用はない訳か←

(ひとまず

13738684 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 芸術祭十月大歌舞伎

日記 by muji

夜の部よやくー

わざわざ南座まで観に行った割には9年前の初花桜はほっとんど憶えていないんだが←、うーむ、こんなに明るくない助六だったっけか。
そりゃからっとした江戸っ子ってな無理な注文にせよ、助六を筆頭に全体的によくいえば真面目、わるくいえばじめっとした空気に支配されてて面白味に欠ける。でまた通人がお涙頂戴台詞満載であざとい。まあ確かにあざとさも勘三郎の持ち味ではあったが追善で更に湿っぽくしてどうするよと。
そんな中で今月もしでかしてる児太郎。最早揚巻の風格。これかなり早いうちに回ってくるんじゃまいか?

13738463 journal
日本

mujiの日記: 歌舞伎座百三十年 芸術祭十月大歌舞伎

日記 by muji

ということで昼の部よやくー
大江山で昨日保昌が見せた一瞬の表情はやはり昨日だけだったか、と。
ぞくっ、とするほど、錦之助が普段見せる表情ではなかっただけに、一期一会だなあと改めて。

三人吉三はいいたいことがありすぎてry
佐倉義民伝は今後手掛ける人がいるんだろうか…

typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...