パスワードを忘れた? アカウント作成

mujiさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 今週も投票をしましたか?

13462934 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

山本有三生誕130年の坂崎出羽守はともかく何で今更沓掛時次郎…と思ったら新国劇100年なんだよね銘打ってはないけど。
不入りなのは承知として、特に2階席両サイドが空いているのを見るのはいつものこととはいえねぇ…

2本とも思っていたよりもよかったはよかったが、語尾伸ばしの悪癖がほぼ収まっていた松緑が大詰で激昂する場面あたりからちょいちょい復活して伸びていたのが惜しまれる。勢いつけるとつい伸びるか。その大詰がまるで三段目の幕切れで梶川与惣兵衛もいて(いやそこは加古川本蔵といおうよw)、与惣兵衛の役が橘太郎の三宅惣兵衛。あら名前まで似てる←てのはさて置き、この三宅惣兵衛役も沓掛時次郎での亭主安兵衛役も見事なバイプレイヤー振り。今月の優秀賞筆頭候補だな、って受賞したら何度目だw
それにしてもまあ本人とイメージかぶりまくりだねぇ出羽守(´・ω・`)

沓掛時次郎はとりあえず太郎坊でかすぎ←
いや気持ちは判らんでもないが11歳の子に太郎坊はちと。設定年齢からして無理があるし(それこそ遊侠一匹でのしんじろうくん5さいあたりがちょうどいいくらいだろう)、既に声変わりが始まっている風でもあったし。おきぬの肩当たりまで身長があるのはどうにも違和感がねぇ…これで来月の繁蔵となると明らかに蘭平へ飛びついてぶら下がるなんて物理的に無理だし、いろいろな意味で見納めになるのは間違いないなぁ。
閑話。遊侠一匹は冒頭の件は元より本編までほぼオリジナルストーリーなんだなあと改めて知った次第。雷蔵主演のは見てないから判らないにしても映画の方がやはりドラマチック。渡世人なはずなのに追分節の流しの格好が一番似合ってたところからしてもうお察しだよね…

(ひとまずー

13462213 journal
スポーツ

mujiの日記: 野手の#21

日記 by muji

確かにFって背番号にさして拘らない球団だという認識はあったがそれにしても野手に#21ってねぇ。
まあそりゃサウスポーがつけた時点でああもう何か違うとは思ってたけど。やっぱりそういう球団なんだなあと。
確かにここんとこぱっとしないのばっかだったからそういう点ではいいのかもしれんが←

13458959 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

 #いや観たのは昼の部なんだが(よくあるパターン

そんなに水飛ばしてなかっただろwってな飛ばしっ振りが加わってた鯉つかみ。けりけりしてたし。
まあでもこれはやはり博多座あたりで通し狂言として出すものかな。

袖萩祭文はお君ちゃんがホント達者だねぇ。
これだけ3回目になる訳で、二人のうちどちらに当たってるかは判らないけどどちらともよくやってる。
着付け直すときに袂くるんと腕に巻くのまで達者すぎてよく仕込まれてるなあと←

三千歳直侍は音羽屋がもう直侍そのもので。
ああ、でも歳月は残酷だなあと思わされたのが走り方…

(とりあえずー

13458282 journal
スポーツ

mujiの日記: 出戻り

日記 by muji

これが正真正銘の出戻りか…

つか今更?
結局兼任コーチやらされるんだから選手としての出番大幅減なのは目に見えてるじゃん? それでも仙台より所沢?
まあ、開幕直後のナイトゲームで凍死する勢いなのはどっちも同じか←

13455350 journal
音楽

mujiの日記: 歳月は時として残酷である

日記 by muji

何か他の調べごとをしていたはずだったが気が付いたらスクェアのつべに見入って(聴き入って)しまってたり。
25周年までは観に行ってたんだよなあ…
ということで35周年のJSBが落ちてたんで見てたんだが……

……すとちゃんとのりちゃん…orz
すとちゃんはまだしものりちゃん風貌そんなに変わってないのにあの髪の毛…(´・ω・`)いやすとちゃんもかなりキてるし丸くなってるし(´・ω・`)
そう考えてみると伊東の変わらなさってナニモノ???w
 #安藤も変わってないっちゃあ変わってないけどすっかり真っ白になったねぇ。
 #ギターソロでおや野呂? も年相応に老けたねえと見ていたら次のソロが、え、これもしかして是方?
 #オットットリオーーー!?!?!? すげえ何て贅沢な!!!1!
 #そして安定の師匠であった←

13453567 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎・幕見

日記 by muji

ということで安達三幕見。
 #だから安達三とか略してるとうるさ方がうるさいからやめときな←
もちっと早く行くつもりだったのが結局到着したのが昼の部開演時刻、即ち幕見席発売15分前。それでもそこそこの番号が取れて(通しで観てる人が15名、って多いのか少ないのか…)幕見定番席確保出来たってのがなあ。最終的には立ち見もいたけど、って、人数云々よりこれを初めての幕見とかはじめてのかぶきとかに選択しちゃうとイヤホンガイド借りててもかなり厳しいものがあるのでは…

と、ホントにこの話、「以上を踏まえて」がないと意味不明だよね、と思いつつ、流石に明日が中日ともなるといいまとまり具合。先週観ていたときの不安感やら何やらはほぼ払拭されてたし。貞任の太刀放り上げはやめちゃったらしくて残念。フツーに右手で抜いちゃってたからなあ。それこそ誰か教わっておいて次の機会に見せてもらいたいものだが。旗振り出しと引き戻しは極めていた、といってもあれも結構キツいだろうなぁ…
二役兼ねるのもしている訳だし(それを「二つ玉」というのが面白い)、桂中納言に化けているときのあの高めの発声と、花道で一瞬素性を見せたときの「何やつ、」との鮮やかな対比ももっともかと。初代のやり方を踏襲しているとかで、これも是非とも誰かに(ry

(つづくー

13453172 journal
日本

mujiの日記: 管絃 青海波を聴く(国立劇場小劇場)

日記 by muji

又の名を多忠輝トークショウ。
 #そうじゃない←
期待に違わぬ初っ端からのぶっ込み振りは流石東京楽所代表。
 #だからそうじゃない←
もうねー、今頃になって今秋の宮内庁定演で胡徳楽が出たと知ってねー瓶子取くっそ瓶子取!(意味不明

(のちほどー

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...