パスワードを忘れた? アカウント作成
240371 journal

mujiの日記: 国立劇場第七八回歌舞伎鑑賞教室

日記 by muji

 #何を血迷うたかタレコみにチェックが入ってしまった模様なので即却下願います(^^ゞ>編集者各位

Wヘッダー3回目。この気候だと場内にいるとむしろ過ごしやすい(とかゆorz

序盤で右京の花道の出に取り憑かれて(そういう表現か?)、でも鳥屋口そばの花道近くでまじまじと出を観たのは2度とも花外だったんで、出来れば花横ブロックでしかもなるべく鳥屋口そばで観たいな、と、探していたら何とか条件にはまる席があったのが今日の午後の部。
またWヘッダーか…orzと思いつつ、取った時点ではここ数日来の惨状(ちょw)は頭にはなかった訳で。

親子鑑賞教室、何かやたら開演後に入ってくるのが多い。壱太郎と隼人が舞台に上がるまでは一番後ろの通路に待機させておいて、上がってから席に着かせるという方法をとってはいるが、それでかなり目立つんだからちょっと根本的なところから対策打った方がいいんでないかなと。まず、引率者に開演時間の徹底を図らないといかんのでないかなあ。遅れてきて当然みたいなのが大杉。
今日も黒御簾からは何も出てこなかった。つまらん(ちょw)そして例によって「僕が今16歳で」でざわ……ざわ……(やや違
そいや気が付いたら隼人が姿消すときに駆け足になってたっけ。解説5分押しの影響?w
解説後半、笛は子守唄(ねんねんころりよ)ってこれまた親子教室らしい。大鼓はああ人生に涙ありと見せかけてボレロだったwやるなあ。なんて鳴物連中が楽しく演奏してくれてるのはどれだけ判ってもらえてるんだろう…ボレロあたりだとちょっと反応があるけど。扇渡しは放り上げる時点でどこかにひっかかったらしく半ば閉じた状態になってしまってアウト。あぁ~、なんて声も場内から上がってたが。

で、鳥屋口そばに拘った最後列。
歩み出す右京の横顔を見送ってしばらく背中を眺めていたらふと立ち止まる。あ、振り返りだな、と思う間もなく、

後朝の寂しさあふれるその表情、そこからあのはにかんだようなそれでいて楽しさを堪えきれないような思い出しの微笑に移る、なんて一連の動きを観てしまったからもうこれは。
思い出し笑いは結構遠くからでも見えるしその嫌らしくならない微笑は錦之助ならではと今までも楽しみにしていた場ではあったが、その直前の表情、これはおおよそ13列以降、しかも花道に近い位置でないと見えにくいかと。花外だと角度的に判りにくいし前の方だと当然判らないし。寂しげな風情は出の時点からあったにしても、そこまで別れを惜しむ様子だったとは。
ああ、観られてよかった!

ホントね、今月、花道の出以外に伸びしろが見つからなくてもどかしくて仕方なかったけど、その表情を観て既に今月終わった感じが(ちょw)いやまだ残ってるけど、正直半ば諦めてる中においてまだこれだけのものが観られたというんで満足というか納得というか(^^ゞええもお本舞台に行ってからは何もいいますまいよ…と思ってたら、あら? ちょおーーーーーっと花子が花子らしく見えてきた???w

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...