パスワードを忘れた? アカウント作成
13340943 journal
娯楽

mujiの日記: 新橋演舞場 七月名作喜劇公演

日記 by muji

観ようと思った一番の要因は瀬川菊之丞が出ていると知ったからで←
フリーになってると(やや語弊があるな、前進座退座してると)松竹系の歌舞伎役者との共演もあるんだねえ、てな。チラシに顔写真が載っても配役が載るほどのポジションではないにせよ、実際観てみればお江戸みやげでは市川紋吉、紺屋と高尾では三浦屋主人とそれぞれ結構いい役。それなりの腕はある訳だしね。

お江戸みやげ、記憶が正しければ例の震災の年の演舞場以来お江戸では上演がなかったはず、と公演DBを辿ってみればやはりそうだった。つか同じ年の南座顔見世でかかってから歌舞伎役者が出る舞台ではかかってなかったのね…
観ていて、その演舞場での三津五郎お辻と翫雀当時のがんじろはんおゆうを思い出し、ただでさえヲタには刺さりまくりの話(苦笑)なところへきて、ああいうお辻が出来る役者って今いるだろうか、等と考えながら観ていたもんでちょっとくるものがあったりね。お辻が阪東栄紫の手を取って「きれいな手だぁ~」とほおずりする場なんて三津五郎がうっとりすりすりするのにえっそこまでするの困ったなあという顔を見せる錦之助なんてのが思い浮かんじゃってねぇ…
と、当時のエントリを読み返してみればおっと序盤は結構辛口だったwみんな手探り状態だったんだなあ。一人場をさらっていったのが紋吉役の萬次郎だった、と。その萬次郎がおゆうとは、って、もうこういうおばちゃんいるいる状態で実に味わい深い。久里子のお辻も萬次郎に喰われることなくチャーミングなおばちゃんなのが流石。でもって今回の紋吉が菊之丞なんだが、こういうときに女方出身の強みが発揮されるというか。手が男だったけど←
女方といえば阪東栄紫。確か女方設定だったよなあ、にしては今回の緑郎全然女方っぽくないな、と6年前のエントリで確認したら女方だった。そいや舞台写真も第一場の拵えで部屋着が衣紋抜いた着付けだったもんなあ錦之助は。眉も落として青い跡の化粧だったし。第二場以降は紫帽子をつけることもなく普通に髷姿だったけど。ふむ、その辺の設定は緑郎に合わせたか。栄紫の保名を観てお辻が入れあげちゃう、って話になってたがそもそもそうだったっけかなあ…いや、保名じゃなくて櫓のお七だったはず。でも過去にはお染の七役ってこともあったみたいだからその辺は栄紫役者に合わせて変えてるかな。

(つづくー

この議論は、muji (9607)によって テキ禁止として作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...