パスワードを忘れた? アカウント作成
13819070 journal
日本

mujiの日記: 新春浅草歌舞伎

日記 by muji

復活着物で歌舞伎の日も3回目だったかな。
やっぱり以前よりも洋服が多い雰囲気。法被貸出も復活させようよそしたら法被借りるから←
記念品が以前よりも無難になったのもなあ。昨年まであった出演者サイン入りプログラム大当たり券封入もやめたみたいだし。これは多分その場で開封しなくて引き換えなしってことがあったからじゃないかなーとも思うがそれも何だかなあ。

ようやく下界で観る工藤と伯母様。
ふむ、下界だとそれなりに大きいな工藤。それが2階3階まで伝わってくれば座頭役者なんだろうが十郎役者にそこまで求めるのはねぇ。全然ニンじゃないとか芸の重石がないとか見巧者()に書かれてるの見たけどそんなん本人が一番判ってるだろうしだからこその敵役シフトなんだろうし。
第一、兼ねる人でも何でもないのに工藤と伯母様だよ? そんな人他にいないよ???

と、昨日の時蔵の立役を観てから「兼ねる」役者の資質について何となーく考えてみたり。
当代の代表格といえば音羽屋親子なんだろうなやっぱり。菊五郎は辰之助の早世がなければもっと女方の比重が大きかっただろうがそこはたらればだから今更詮ないこと。菊之助はそういう事情がなくても昨今立役の比重が大きくなってはいるが女方もまだまだ演じているし。
で、二人とも、発声に無理がない。殊に菊之助の立役と女方の声の使い分けは十二夜で実証済み。若衆が女方演じてる、あるいは老け女方が立役演じてる、って声じゃない、のが、そうでない人とどこが違うんだろうなあと、昨日今日と萬屋兄弟を観ながら頭の片隅でぼんやり考えていたこと。
時蔵とて真女方ではないのでしばしば立役も観られるが、今月の国立での捌き役は流石に範囲外なんじゃないかなーと。肚はきちんとしているにしても、声以上に実は顔の仕方に違和感があってねぇ…慣れてないなあ、と見えて。
 #その辺本人コメントはどうかなとプログラムを見たら碪の前についてしか語ってないよおーい←

閑話。
工藤の声に先週よりもざらつきが目立つようになったなあでも甲と呂の行き来は出来てるしなあ(若干ヘンな息継ぎしてたところもあったけど)、と気にしつつ、
然らば、いずれも様、高座御免くださりましょう
の、公会堂内を存分に満たす響きには最早ため息しか出ない。拍手なんて軽々しく出来ない。
 #まああれは客に対する挨拶ではないからねえ←
金山の市民会館を包み込んだ浪宅での山三の未来永々、を思い出したくらい。
声の大きさだけなら今月なら松也や巳之助、過去には国立鑑賞教室での彦三郎とか、錦之助を凌駕する若手はいくらでもいる訳だが(いくらでも、ではないかな)、それこそ何だろう、場内の隅々まで響き渡って震わせる、というんじゃないんだよなあ。そこがキャリアの差なのかあるいは声質の差なのか。
再度閑話。兄弟特に五郎に対しての表情はやはり敵役。だからその写真がほしかったのにー、はともかく、耳に残る連るるときは千騎二千騎、連れざるとても百騎二百騎のフレーズ。そのあたり、それこそ鑑賞教室での粂寺弾正と同パターンで、若干台詞回しを早めることによってたたみかける効果を狙っているような感じなんだが、これまた鑑賞教室と同じであまり効果が出てないような←そうはいっても口跡がいいとホント聞き取りやすい。今日は先週よりも五郎の力みに引きずられ加減で一瞬声がひっくり返ってたけどwそこは引きずられちゃあかんでしょ。
そう、五郎、力んでる割に力感が伝わってこない。荒事はでかい声だけじゃないんだなあと。それとようやく十郎をある程度観たが(って今まではよ←)、うーん、どうしてこうなった状態…柔らかさとなよなよとは別物な訳だが。

(つづくー、でわすれないうちに:声も香りも相匂うたり、でFA?

この議論は、muji (9607)によって「 テキ禁止」として作成されている。 君は仲間はずれのようだね★
typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...