パスワードを忘れた? アカウント作成
14987575 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

俊寛は上から観るに限る、で3階席。
仕掛けが判っていてもこの舞台装置を考え出した先人に脱帽。島はあの岩場と僅かな浜辺だけと思わせるくらいの絶望的な光景。
今日は上ってから正面に来るまでしばらく後方で伏せたままだったが青黛足してたかな。あまり判らなかったが。
幕切れの表情は毎回必ず話題になるし今回は何も見ていない見えていないという意見が大半を占めるが、まあこればかりは好みの問題で何を見ていようとどんな表情であろうと誰であろうと「そうじゃない」んでね…
唯一無二なのはみんなそうなんだけど、空前絶後だった梅之助の笑顔。それこそ観ておいてよかったと。

とある若手劇評家が指摘していて、ああやっぱりそうだよね! となったのが「互いに未来で」のあと。
上演台本も、過去上演も、ここは俊寛が「未来で!」の絶唱となる、はずが、今回は船上の3人も声を合わせて「未来で!」と。演出変えた? と今回の上演台本見たら従来通りの俊寛だけの台詞だったから、稽古中にそういう申し合わせになったんだろう。
なるほど、竹本は「互いに未来で」と語っている訳だし、そこで互いに「未来で!」といい交わすのはおかしくはない、が、ここで4人が揃って「未来で!」というのは結構重いかな……ふむ。

未来で、のあと離岸するときにやはり一人手を合わせる成経。
もう相変わらず康頼をリードする介助士振りだし(違)俊寛も帰京できると判って一旦座に戻るときに俊寛の手を取って泣き出さんばかりの表情で俊寛に声掛けてた成経、なんて、2年前の成経なら到底あり得ないwつか康頼ホンット遠慮しないでーw
成経って登場時から台本にない所謂捨て台詞を芝居の流れに合わせて小声でいってて、こういうのは丁寧なのか気持ちが入ってるのかどういうんだろうなあ、てなところで、今日も千鳥ちゃんとの馴れ初めを語り終わって、竹本が「身に染み渡ると語らるゝ」と入ったあたりでかくの次第にござりまするとかいいつつ俊寛に向かってお辞儀してて、なるほどねえと。まあね、誰でもやってることかもしれんけどね←
千鳥ちゃんといえばその福々しさにアザラシ説まで出ていてどうしろと(いやそれは、といえないところが←

(とりあえず?

この議論は、muji (9607)によって「 テキ禁止」として作成されている。 君は仲間はずれのようだね★
typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...