パスワードを忘れた? アカウント作成
15256074 journal
日本

mujiの日記: 四月宝生会月浪能特別会(宝生能楽堂)

日記 by muji

そもそもは昨年3月の代々木果迢会別会が1年延期で今年の2月23日開催となったところから始まる。
代々木果迢会別会で安宅と道成寺が両方観られるとあってうはうはと観ようとしていたところでこの事態、しかも延期後の代替公演日が目一杯立合狂言会と被ったというね。そりゃあ立合狂言会取るよ←
…てなところから山本家のサイトをぼんやり眺めてたら出演公演のうちに今日の特別会があったという。
安宅と道成寺と両方観られる! しかも東次郎の樋の酒! これは観る鹿!

ということで(常套句)本日の番組。

  • 安宅
  • 狂言 樋の酒
  • 西行桜 杖之型
  • 道成寺

安宅に小書がないからどんだけシンプル? と思いきや勧進帳も延年の舞もあったというね。ただ、宝生だと延年之舞の小書は所謂延年の舞とはまた違うようで。勧進帳も弁慶(シテ)独吟だったけど宝生は小書でなくても独吟のようで。こういうところが流派が違うとややこしや。ああそいや主従12人のはずが立衆8人で1人足りなかったのは出演者の都合かいな…子方が教わったとおりの台詞回しなのはいいとして節付けすぎだったようなw
アドアイが則孝で、今日の席からは地謡座の前でずーっと控えている横顔を存分に拝めて何より←太刀持兼番卒だねそういえば。

樋の酒。立合狂言会では橋がかりと本舞台とのリモート飲み会←だったが、東次郎・則俊兄弟は本舞台でのリモート飲み会。
それにつけても東次郎の動きの軽やかさよ。則俊よりも動きはいいんじゃまいか。流石に小舞の最後の方ではちょっと息上がってたかなーてな感じではあったが、とはいえあんなに格調高い「七つになる子」が聴けたとは。
追込みで逃げていくときの千鳥足がこれまた絶妙。あと、何といっても笑い飛ばすときの声ね!

西行桜といえば魚屋宗五郎の西行桜合方だが←
何らか関連があるのかなあと思いきや、この能の西行桜から箏曲の西行桜が出来て、更に箏曲の一部から西行桜合方が出来たとやら。ふむ、中身に直接の関連はないってことか。
花に浮世の咎はあらじ。げに。

で、ここまでで既に予定時間から20分遅れ。ありがちー。
道成寺、鐘後見として山本家の狂言方4人の名前があって、と見るに4人で鐘運んできた! 舞台で設置した! 綱引っ張るのは通常の後見の役目なのか、といっても鐘を引き揚げるときに大の大人3人がかり、しかも引っ張る役の腰をタックル状態でがっつり支える役がいるとはどんだけ重いんだ、てな。そりゃあ鐘入りでタイミング間違うと脳しんとう起こしたり最悪の事態もあり得る訳だわなあ…

(つづく?

この議論は、muji (9607)によって「 テキ禁止」として作成されている。 君は仲間はずれのようだね★
typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...