パスワードを忘れた? アカウント作成
15490763 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

二部。
困ったときの対面と連獅子状態になってるな。
とはいえ今月の対面は一応三津五郎七回忌追善だが、って七回忌なんだよねもう(´・ω・`)

昨年の再開間もない9月歌舞伎座朝一の寒々とした客席相手に上演したときは兄弟花道に滞在しなかったんだけどねー今月の各部で一番客が入ってそうな二部なのにすっかり通常のやり方だよねーちくしょーw
といいつつ幕開きは浅葱幕振り落としで既に工藤が高座にいる状態。だから園の梅なし。せっかくの菊五郎工藤なんだし、障子越しの園の梅は聴きたかったところだが。「思いいだせば、オゝ、それよ」からの物語に入るところで襖開いて背景見せたのは上方パターン準拠? ちょっとあとで確認してみよう。
工藤の小道具は堆朱、刀改めは鯉口切って裏表見る省略パターン。tkここで真っ当に刀改めしてるのって昨今なかなかいないし。それこそ三津五郎はちゃんと改めてたんだが惜しむらくは懐紙咥えてなかったというね。
 #振り落としで高座の工藤が目に入った途端何故か花道で十郎の袴がすーっと迫ってきて云々を思い出して肩震わせかけてみたり←
 #いや改めて上演記録見てやっぱり錦之助は異例の工藤だったよなあと思うなど。その意味では現右團次や彌十郎もだろうけど。
工藤親衛隊が今月は秦野もいるからちょっとごちゃごちゃしてたw八幡の台詞を割って秦野にも割り当ててるってところかな。大名は6人、なのは相変わらず。むしろその程度の人数なんだろうけど本来は。
十郎は留める手の位置がひくーい。五郎のへその位置だよそこじゃあ。花道から本舞台へ来るときに何かさくさくフツーに歩いてたと見えたがちゃんと外輪と内輪と使い分けてるよね? と観るに、ああやっぱり長袴は慣れてないんだなあと思うなど。幕切れの富士山極めるときに裾が巧く投げ出せなくてやり直そうとしてたくらいだし。まあ立役であっても難しかろうけど。
面白かったのが五郎が盃受ける場面、土器叩きつけた五郎の袴の裾を押さえに行ったよwwwそれまではフツーに距離置いて後ろから見守る状態だったのに、ぱーん、て叩きつけたらささささっと近寄って袴の裾しっかり押さえて、って、そんな容赦ない十郎だったとはw
ああそいやとても明瞭に「すけない」でしたな。手の高さを除けば流石の十郎常連。
 #そいやといえば「あさひな」っていってたな虎御前…しかし隣の少将の貫禄たるや。
その朝比奈は語尾伸ばしばりばりであっかーん。教わった五郎が語尾伸ばしじゃなかったのが救いか。
うん、そうね、元気よく勢いよく、がまずは大事よね。信じられないほど雑な動きが2回ほどあったし後半の台詞回しで何かやっぱり歌舞伎味薄くね? て箇所があったけど。静から動へ移るときの動きに油断があるかな。まあでもきっと十郎の袴の裾踏んづけたりはしないだろう……
 #忘れて差し上げてwといっても本人自らネタにした訳だからなあw

連獅子、市山流の振付はいつ観ても目新しくて面白いなあと。
本興行では最年長の親獅子、って、もうこれ記者会見時点で高麗屋がアップを始めました状態なんじゃね???←何か傘寿記念でまた親子三代連獅子やりまーすとか来年いい出しそう…

(とりあえずー

この議論は、muji (9607)によって テキ禁止として作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...