パスワードを忘れた? アカウント作成
17447708 journal
日本

mujiの日記: 立飛グループ創立100周年記念事業 立川立飛歌舞伎特別公演(立川ガーデンステージ) 2

日記 by muji

先にいっとくと来年11月もここで立川立飛歌舞伎やるんだってさ。ライヴ向けの芝居の音響が全く考慮されていないハコで。
人が入ればいいってもんじゃないでしょ、じゃないんだね、人が入ればいいんだね。

それでいいんかね?

これまでも澤瀉屋型の吉野山や四の切は観てはいた訳だが「忠信篇」としての澤瀉屋型は初見。
鳥居前でいきなり弁慶がよっつねの前でかしこまっちゃってるし、だから「いやとよ方々」がないし! そいや四天王が二天王で欣弥と門松で、よっつねの床几は義経の郎党としてひとり軍兵がつく形。四天に人数使う分こういうところで調整してんのか。欣弥も門松もこの場割だと台詞なくてお気の毒。あと笹目忠太じゃなくて鵜の目鷹六なんて初めて観た。踏み潰されるのは同じだから別段忠太のままでもよくね? そこがおもだかの「忠信篇」たる所以でもあろうが。
 #そして鳥居前と吉野山を続けるといろいろ被りすぎてカオス←
 #あれ鳥居前でも「星満々たりといえども」あったよね、とか、吉野山フリスビーしなかったっけ、とかごっちゃになるなど。フリスビーは落人だよと何度いえばry

吉野山は幕が開いたら上手に竹本が二挺二枚いるところからの「恋と忠義は」。これはやっぱり清元で聴きたいよねえ、というところで書き割りが左右に分かれて更にバタン返しで下手奥から流れる河の上の橋上に静がいるというね。バタン返しも舞台に近いところから返ってきて八百屋っぽくなったところで静がバタン返しの上(にある山道の書き割り)を歩いて舞台に出てきたというね! マジかそんな補強してあったのか。確かに歩いててもたわんでなかったし。バタン返しがあってようやく上手奥の山台の清元三挺三枚が見えるというのもナントモ。
見慣れた吉野山より1.3倍は長かったんじゃないか。正直だれた。ここ長くするなら鳥居前でよっつねの(そうじゃない

四の切も幕が開いたら板付きで川連法眼と飛鳥がいて法眼がいきなり飛鳥を試したのはうそだぴょーんと簡単に説明しておしまい。何だこの時短。
そんな時短で久々に寿猿じじのアンチョコ芸を観たよ!!! 文字がフォントになってたよ! しかも結構でかかったよ! 中啓くるむように被せてあって台詞いいながらさりげなく表裏返してたよ!!!wまあそうだろうねえ4日間とはいえ普段と違う演り方だったらアンチョコ芸繰り出すよねえ…
ときに三人の狐忠信+本物の忠信、場面の違いはあれど軒並み元気な忠信だったねえ。四の切の本物の忠信も病み上がりには見えなかったし。宙乗りは下手から上手への斜交い。国立とどっちが距離あったかな。
でもって宙乗り後に横川覚範が出てきて立廻りなしでなにをーなんとーさらばさらばーでおしまい。三段出てきても大入叶は切らなかった、てこた、あくまで座頭ではないちうことかね。番付書き出しが壱太郎で声出かかったが、まあそうなっちゃうんだろうねぇ……来年もアローは制作に噛んでくれるんだろうかね。

(ひとまずー

この議論は、muji (9607)によって テキ禁止として作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...