パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

14994455 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

とまあこんな事情で今日から3日間(正確には昨日から4日間だね)は一部のみの興行。
今月のみならず来月の南座顔見世に多大な影響が出るのは必至。早速今日の午前中に二部全日程のチケが大量に戻されたのがそれを物語る。二部だけ1週間休演とかはカンベンしてほしいんだが、とはいえ演目差し替えってこういう事例であったかどうか。先代猿之助が骨折して楽までの数日間演目差し替えってのが確かあったはずだが初日からってのは流石にねぇ…

14993293 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

今日は二部。というか今日だけ二部←
毛谷村は杉坂墓所から。理屈に合わない箇所が多くて避けてきたという仁左衛門が初めて手がけたのが2011年というからあの震災直前の大阪松竹座昼夜奮闘公演のときだったのか…杉坂墓所どころか普段出さない場面まで全部出したからねえ。しかも夜は三五大切。9年前、60代後半でその奮闘振り、てのを考えるにつけ、歌舞伎はスターシステムで成り立っているとはいえその弊害をつくづく思い知らされる……
てことはさて置きで、恐らく今月歌舞伎座を含めたどの部よりも盛大な拍手で迎えられた六助

14987575 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

俊寛は上から観るに限る、で3階席。
仕掛けが判っていてもこの舞台装置を考え出した先人に脱帽。島はあの岩場と僅かな浜辺だけと思わせるくらいの絶望的な光景。
今日は上ってから正面に来るまでしばらく後方で伏せたままだったが青黛足してたかな。あまり判らなかったが。
幕切れの表情は毎回必ず話題になるし今回は何も見ていない見えていないという意見が大半を占めるが、まあこればかりは好みの問題で何を見ていようとどんな表情であろうと誰であろうと「そうじゃない」んでね…
唯一無二なのはみんなそうなんだけど、空前絶後だった梅之助の笑顔。それこそ観ておいてよかったと。

14987051 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

ある意味問題←の四部。
いくら何でもこの顔ぶれで「歌舞伎座で」「顔見世」「大歌舞伎」を名乗らせちゃうって、てのは実際観てより強く感じたこと。年齢層は浅草以下だよ実質。
超歌舞伎のご褒美配役ってのは判らなくもないが、舞踊の基礎とか何とかいう以前にまずそもそも身体の使い方動かし方がまるで出来てない。もう途中からは乾いた笑いしか出なかった。凄いよね、公開罰ゲームだよね。
そして制作側がその辺全然判ってなかったらしいってのがもうね。今の経営陣が歌舞伎に愛情持ってないってのが丸判り。
 #制作側の人間が講師務めてる講座で受講生が四部の感想聞かれて感じたままぼろくそに叩いたら他の受講者も同意見で講師が顔色失ってたとかで。
 #そこで顔色失う、ってところが、ぜんっぜん判ってねえなーと。

(とりあえずー

14987047 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

一部と四部の間に家の用事を挟むのも定番化してきたような。
今日は埼玉県民の日記念フリーきっぷを使いたいがために2度一時帰宅する羽目になったがw
そして四部の帰り道に山城屋の訃報を知る。そいやそうだったね、腰椎骨折とやらで休演して、それからパーキンソン病って、まあ、今更ごたくはいいますまい。合掌。

14981758 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

今月は三部が入ってないという話は耳にしていたが、例によって5分前に客席に入って、うわ、となった。
9月の一部といい勝負だ←というか9月より入ってなくね?orz
3B相当席は下手側に3、4人、上手側ゼロ。終演後の規制退場時に端から3A相当の後ろ3列を退場させたのなんて9月でもなかったこと。そりゃあ3Bの4人退場させたら通路から後ろは終わりな訳で、とはいえいやそれはちょっと。
8月以降3階で観るときは定番席があるんだが、ひとつ空けた隣に人がいなかったのも初めてのこと。
役者のせいか演目のせいか。

14981275 journal
日本

mujiの日記: 管絃 王朝の遊び(国立劇場小劇場)

日記 by muji

国立劇場第八七回雅楽公演。そうか去年は国立の公演はパスしてたから2年振りだったか。
6月に予定されていたのが中止になったのの振替というか仕切り直しというか、なので、プレイヴェントがついてしまったwが、そこは隣の第一部と丸被りだったし、そもそも6月は演奏だけだったし、なので本編wの演奏のみで。
プレイヴェントで催馬楽と和琴と楽箏の実演もあったとかで、それは聴きたかったなあと。和琴は思ったより音が小さかったから合奏だと楽箏に負けてたしね。

(のちほどー

14981273 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

今日の国立変則ダブルヘッダーは小劇場がメインなので大劇場は2階席から。
つうても現状での販売形式はフロア毎の料金体系なので従来の1A席に4000円で座れるというね。しかも国立の2階席は肘掛けに幅を持たせて1人あたりの専有面積が元々広い上に最前列の見やすさはお墨付きというね。
あとそうだ、鬼界ヶ島の舞台装置は上から観るに限るね…1階席からだといまひとつ絶海の孤島感が伝わりにくい、のは、舞台面の高さの関係もあるし。

14977782 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十一月歌舞伎公演

日記 by muji

康頼差し置いて俊寛の世話する成経。
もうこれは中の人の性格と鹿。康頼がんがれ(そうじゃない←
最後に離岸するとき俊寛に手を合わせる成経なんて記憶にないよ……中の人の心境としてはあの場で自然とああなるんだろうなあ。

この状況下で所謂「ニン」の役が観られるありがたさ。
来月の爺よ、ホゝウ、満足、満足をどう作ってくるか今から楽しみで←ホゝウをいわないやり方もあるし、その辺どうするかな。

(ってそれだけかぃ←

わすれないうちにー:りんぎょぎゃってくれめせとの見事すぎる鼻濁音。千鳥ちゃんよりもしっかり出来てたんじゃないか(えっ)瀬尾に見習わせたいね!←

14976255 journal
日本

mujiの日記: 吉例顔見世大歌舞伎

日記 by muji

初日おめでとうございました。
一部と四部のどこが「大歌舞伎」なんだ、というツッコミはもう今に始まったことではないのでまずは二部から。
 #前後の関連性が全くない文章を書いてみる←
や、いくら家の芸だからこれからも演じたいといったところで先月同様一世一代覚悟だよなあ…と思わざるを得ない動き。さだちゃんもそうだけど、玉の井が右京の手を取って上座に誘導するところ、二人してどっこらしょよっこらしょの掛け声が聞こえてくるような立ち

14969741 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十月歌舞伎公演

日記 by muji

永田町方面から裏手回って行く途中で来月の出演者・スタッフのPCR検査が今日だということを知る。
知るも何もあれだけ堂々と入口に張り出されてたらw国立のこういう光景も建て直したらなくなっちゃうんだろうなぁ…来年55周年で結局60周年まで永らえさせる方向みたいだからあと6年か(気が早い←

14963896 journal
日本

mujiの日記: 十月大歌舞伎

日記 by muji

三部よやくー

10分以上短縮して70分に持ってきたてな話の羽左衛門型石切梶原。
とはいえ幕開きの浅葱幕振り落とし板付きは高麗屋がよくやるパターンだし高麗屋はメッセンジャーボーイ省略して70分に収めてるにも関わらず今回は奴出してて70分。どこカットしてんだよ、てのは、明確にここカットてな風ではなかったが、全体的に下座も竹本も早間の傾向が強かったかなと。梶原の聴かせどころだけはたっぷりじっくりだったけど。呑助も酒尽くし語り終わってそのまま連れてかれるんじゃなくて次の場面に移ってから連れてかれてたし、てことはその分数秒なりとも時短出来る訳で。まあ、松嶋屋の梶原だとそうなのかもしれんが何せ歌舞伎座で17年振り、トータルでも16年振りだからしてその辺はよお判らん。
並び大名3人ずつ、供侍省略(梶原方2名・大庭方1名、石段に腰掛けもなし)、くらいか。そいや八幡様の扁額、八の字が鳩になってなかったなあ。つか吉右衛門型って扁額かかってたっけ←

(とりあえずー

14956555 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 十月歌舞伎公演

日記 by muji

二部二部ハシゴで公演再開後初の国立へ。8月は音の会行きそびれたからなあ。
そして入場時から何からあまりのゆるさに危機感覚えるなど。飛沫飛散検証やってるからって最前列は客入れてないのに花横の座席空けてるのがそんなに少なくていいのか。入場時のサーモグラフィは客に見える位置にないのか。いくらロビーも吹き抜けも閑散と、もとい広々してるからとてちょっと諸々ゆるすぎないか。これ何かあったら言い訳出来ないんちゃうか。
客の自衛に任せるって、まあいかにもryだけど。

14956516 journal
日本

mujiの日記: 十月大歌舞伎

日記 by muji

歌舞伎座と国立の二部二部ハシゴ。
今月は開演時間と上演時間の絡みで効率よく可能だが来月はどちらからでもどの部でも時間開きすぎか詰まりすぎ。ちょっとその辺考えてくれないかなあ←

昨日は長吉が最後の力比べでおもくそ茶碗握りつぶしちゃってゲラ堪えるのに必死だったらしいがw、今日はちゃーんと割れない振りして無事に終えてた。もうそんな話聞くとがっつり注目しちゃうぢゃないかwww
は、さておき、今回の演出が相当ryと聞いていて、確かに気付いたところでは

14871854 journal
日本

mujiの日記: 十月大歌舞伎

日記 by muji

四部よやくー
先月と同じ書割使い回しで舞台装置も必要最小限でコストカットに貢献の四部。
そんで客入りは先月一部より余程マシなんだからええわなあ。3階席でも空席あったけど、ってそうだろうねえそうそう同じ趣向で入らないよね、てのはお見通しなので今月のバックステージツアーは楽屋紹介付。ほほほーう。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...