パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、nanzouさんのユーザページですよ。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

730104 journal

nanzouの日記: 焼肉屋と生ごみとからす

日記 by nanzou

地下鉄の最寄駅の入り口の付近に,今朝からすが山ほど来ていた.何か食ってるようだ.何でかと思ったら,出口付近にこの前オープンした焼肉やが出した生ごみが原因らしい.

この時期に焼肉屋を出すチャレンジャー精神は評価するが,ごみは何とかしろよ.このあたりはあんまりからすがいなくて住みやすかったのに.

730130 journal

nanzouの日記: 嫉妬...(苦笑)

日記 by nanzou

何故アメリカが憎まれるのか?みたいなことをアメリカで子供に聞くと,みんな「アメリカの豊かさに対する嫉妬」だと答えている,みたいなことを先日ニュースでやっていた.

なるほど.そういう教育をしているわけね.そりゃあ,反省しないわけだ.洗脳の一種といえるか?まあしかし,どこでも多かれ少なかれやっていることではあるが.

730183 journal
JAXA

nanzouの日記: TezukaOsamu@Book

日記 by nanzou

TezukaOsamu@Bookってサイトがオープンしていた.のでいってみた.手塚治虫の漫画が電子データとして買えるサイトである.ところが,のっけからフラッシュの嵐.やる気をなくして,途中で退出.

すごーーく,サイトナビゲーションが悪く,そして重い.初期インパクに匹敵するほどダサいページだった.いや,それ以上か.手塚治虫も草葉の陰でないてるぜ.

400455 journal

nanzouの日記: NORADサンタ追跡

日記 by nanzou

NORADのサンタ追跡は,思いのほか面白くて,ちょくちょくチェックしてしまう.こんなことやってたなんて,知らなかった.お,今はカナダのReindeer Lakeにいるみたいだ.

ま,どうしても宗教がらみだし,アメリカがらみなので,いろいろ思う人はいるみたいだが,まあこういう夢のあるジョークを本気でやるってことが,非常に面白い.そういうところは,アメリカのよいところだと思う.

私の好きな「やりすぎの美学」を感じる.

730565 journal

nanzouの日記: 大統領のIQ

日記 by nanzou

昨日,発売からかなり遅れて「映画秘宝」を買った.

テロの影響で貿易センタービルが写っているスパイダーマンの予告編が世から消え,公開も延期されていたが,どうもツインタワーにくもの巣をはって,ヘリを捕まえるシーンとかあったらしい.うーん,そりゃあ,見たかったなあ.

ところで,同じ映画秘宝によると,大統領のIQが公開されているらしい.どこが一時配布元かわかんないけど.「Intelligence Quotient president」で検索したらココとかヒット.

397384 journal

nanzouの日記: 腐れDomino

日記 by nanzou

今日もDomino+Javaで格闘.

腐れDominoはJava Agentを実行するたびにクラッシュ.

あさってのデモには間に合わないだろう.

もうめんどくさくなったので,すべてを投げ出して,帰ることにしよう.あれだけ,開発環境の変更を進言したんだから,ココから先はもうおれの知ったことではない.

どうにでもなれ.

Lotusに死を.Dominoに破滅を.

383917 journal

nanzouの日記: AOL 6.0と添付ファイル文字化け事件

日記 by nanzou

MUAをどうする?というねたがたれこまれていたが,先日こんなことがあった.

AOLのメーラー(AOL6.0 Windows版)から送信したメールを,Dominoクライアントで受けると,日本語の添付ファイルが文字化けする,というクレームが,顧客から入り,調査をした.

Lotusにも問い合わせたが分からないというので,AOLからメールを送ってもらい,送られてきたメールの添付ファイルのヘッダ部分を見てみると...

Content-Type: application/octet-stream; name="テスト.doc"
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-Disposition: attachment; filename="テスト.doc"

730657 journal

nanzouの日記: 合理的な愚か者

日記 by nanzou

合理的な愚か者―経済学=倫理学的探究」というAmartya Senというノーベル経済学賞を取ったインド人学者の本がある,と昨日嫁さんが知り合いから聞いてきた.正直,このタイトルを聞いたときには,少なからず感動した.自分が今まで言葉にしたくてできていなかったことを,ズバリ言いえているような気がしたからだ.今日,本屋に買いに行くつもりである.

自分の周りには,「無意味な正論」を吐く輩がたくさんいる.

「そう,それは正しいのだが,今の状況にはそぐわないし,いっても意味無いだろ?」

という印象をうける発言をえらそうにするたちだ.最近,そういった人たちが気になっていたので,こんな本があるなんて,正直うれしい.

730695 journal

nanzouの日記: AERAの記事の話 その3

日記 by nanzou

AERAの感想文みたいなのを書いてしまったが,何かを批判するって言うのはとても難しい.AERAに「Magazine Walker」というコラムがあって,評論家斎藤美奈子という人が,男系の雑誌を,見下したように評論している.

評論って,気をつけないと,こういうえらそうな態度になりやすいんだろうか,やっぱり.よっぽどすごい人が言うならともかく,特にすごいと認められてない人がああいった「あーあ,だからこいつらってダメね」みたいな態度で評論されても,「何様?」って思ってしまう.

そのことは前から思っていたが,自分も気をつけなければならないことだなあ,と今回つくづく思った.自分もただの人だし.

ところで,この評論家斎藤美奈子って,紅一点論書いた人なのか.知らなかった.

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...