パスワードを忘れた? アカウント作成
15488221 journal
変なモノ

nemui4の日記: 人体で最高の加速度を生み出す指パッチン 36

日記 by nemui4

素晴らしきヒィッツカラルドさん最強説

「指パッチン」は人体で最高の加速度を生み出す動きであることが判明
https://gigazine.net/news/20211118-human-body-fastest-acceleration-snap-finger/

Bhamla氏は、「過去数年間、私たちは指をパチンと鳴らす方法に魅了されてきました。これは私たちの指先にありながら深く調査されていない、本当に驚くべき物理学のパズルです」「データを最初に見た時、私は椅子から飛び上がりました。指パッチンはわずか7ミリ秒で発生しており、150ミリ秒かかるまばたきの20倍以上もの速さです」とコメントしました。

研究の発端はサノスの指パッチンジェノサイドだそうな。
ポール牧師匠を知ってるのはどの世代までだろう。

  • by Anonymous Coward on 2021年11月22日 13時45分 (#4156892)

    あれと比べるとどっちがつおいのかな

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      指パッチンと言うことなら、テッポウエビが参戦

    • まず、記事を読むと、
      「人体で最高の角加速度」は指パッチンでしたが、
      「人体で最高の角速度」は、ピッチャー投球時の腕の角速度だそうです(※)。

      本題に入って、
      指パッチンの角速度は、7800度/s (136 rad/s) とのこと。
      記事からは回転軸がイマイチ分かりませんでしたが、
      仮に第一関節までの3cmほどを半径としてこの角速度で回転しているならば、
      4m/s = 毎時 15 km 程度となります。

      さて、お題の甲殻類と比較すると、
      ・テッポウエビ: 32m/s = 毎時 115 km [nazology.net]
      ・シャコ:23m/s = 毎時 83 km [arstechnica.com]
      とのこと。

      霊長類代表指パッチンは、テッポウエ

      • by Anonymous Coward

        まあ、あっちは蟹の甲羅くらいラクに粉砕するし
        水槽もアブナイこともあるそうなのですけど
        指ハッチンじゃ無理ですわな

      • by Anonymous Coward

        編集者が、角速度、角加速度という概念を知らなかった可能性。

      • 「人体で最高の角速度」は、ピッチャー投球時の腕の角速度だそうです(※)。

        なら、ピッチャーが投球するときの指先の速度が、人体最速の速度ってことになるじゃん、
        って思ってたら、やっぱりそうだった [littlerockheart.com]。

        ・ピッチャーの手の速度:だいたい 100 km 前後
         ※ボールの球速未満なのは、たぶん運動量というか力積に依るんでしょうね。

        ってことで、少なくともシャコには勝ちました。甲殻類全てに負けてるわけでは決してありません!

      • by Anonymous Coward

        表記で言えば、スラド側の「毎秒160万度2乗」とか、GIGAZINE の「毎秒160万度2」とかのほうが酷いのは置いておいて…

        > 指パッチン側の記事が、何を参照して ...(中略)... 指パッチンとそ差がないように思われます。
        GIGAZINE の記事からリンクされている元論文
        https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsif.2021.0672 [royalsocie...ishing.org]
        これを読むと、観測されている最速の回転運動のものと比較して、角速度は同じくらい(same order of magnitude)、角加速度は2.6倍で、時間は7倍短い。
        …みたいなことが書かれていて、角速度に大差がないという指摘は元からされている。
        なお、論文中の数値で

        • by Anonymous Coward

          角速度が最速のものと比較したら、角加速度の方は勝っていた。…みたいな話じゃなきゃいいが、

          生体で高速に回転する部位、ときたら、鞭毛モーターが思い浮かぶ。
          例えば、大腸菌で200Hz(7万度/秒)、ビブリオ菌で1700Hz(61万度/秒)と桁が1つ2つ違う。
          …ので、人体?で鞭毛モーターを持つ、スペルマが最高の加速度・角加速度を生みだしている可能性がある。

          だが、情報が少ない。#生で測るのが難しいからか…。

          まず、角速度については、
          見かけた範囲では(Fig.3) [pnas.org]、5~25Hz、つまり1,800~9,000度/秒に収まりそう。
          こちらは、ピッチャーの腕とそれほど変わらないようだ。

          鞭毛モーターの角加速度については、さらに文献が見つからない。
          ちょっと探してられないので、バクテリアの例で言うと、
          ここの [tohoku.ac.jp]「

  • by Anonymous Coward on 2021年11月20日 11時02分 (#4155949)

    デコピンで相手の額に指が衝突したときの加速度(一般的には減速(マイナス方向の加速度ともいう)ですけど)の方が大きくないかな

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      足の指パッチンのほうが手より速い説を推してみる。
      少なくとも自分は足の指で鳴らした方が音が大きい。

      さておき、この研究イグノーベル賞候補かな?

      • by Anonymous Coward

        足から音でフォックス姉妹の事を思い出したけど、最近のQ○ノンや反◎クチンみてるとわろえない。

        #あと猫のゴロゴロの音もどう出してるかは謎らしい

      • by Anonymous Coward

        指より足全体の方が力がありそうだけどどうだろう?
        キャプテン翼に、地面に引っ掛けておいて勢いよく蹴るというのがある(雷獣シュート)けど、そのイメージで。

    • by Anonymous Coward

      それならデコピンに限らず拍手とかでも良いのでは?

    • by Anonymous Coward

      それって硬くて重いものに当てたもの勝ちじゃない?それなら、個人的には、判定に不服なプロ野球のピッチャーが審判を殴る時の(負の)回転加速度を推したい。

  • by Anonymous Coward on 2021年11月22日 13時10分 (#4156871)
    そりゃ体も真っ二つになるわけだ
    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      跳ね返されたら細切れになるもなるよね

  • by Anonymous Coward on 2021年11月22日 13時52分 (#4156897)

    角速度と角加速度ですかね?

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月22日 14時42分 (#4156926)

    ガントレットをつけたサノスは指パッチンできない、という結論になってるがホントかねぇ?

    ゴム製の手袋や指ぬき、金属製の指ぬきなどを着用すると、摩擦が増えたりスナップに必要な皮膚特有の圧縮性が失われたりして、指パッチンができなくなってしまう
    ....
    人間の皮膚が「指パッチンに最適な摩擦力のゾーン」を構成する

    とのことで、人間の指が丁度指パッチンに最適だった!
    ということになってるが、ガントレットつけて摩擦が変わったなら、指パッチンのための力の加え方が変わるだけじゃなかろうか。
    おそらくより強い握力などが必要になりそうで、万人ができる物ではないだろうが、それを言ったら指パッチンだってみんな練習してできるようになるもんだし…。

    ここに返信
    • ガントレットを装着したままの指パッチンの音は、リアリティ・ストーンが生み出した幻聴だったか、ハルクと素手での殴り合いをして勝てるほどの身体能力の賜物かのどっちか。

    • by Anonymous Coward

      > 人間の指が丁度指パッチンに最適だった!

      違うな。人間はそもそも指パッチンするために生み出されたんだ。
      やがて、史上最強の指パッチャーが誕生し、収穫されることで人類の歴史は終わる。

    • by Anonymous Coward

      ガントレットをつけたサノスは指パッチンできない、という結論になってるがホントかねぇ?

      ゴム製の手袋や指ぬき、金属製の指ぬきなどを着用すると、摩擦が増えたりスナップに必要な皮膚特有の圧縮性が失われたりして、指パッチンができなくなってしまう
      ....
      人間の皮膚が「指パッチンに最適な摩擦力のゾーン」を構成する

      とのことで、人間の指が丁度指パッチンに最適だった!
      ということになってるが、ガントレットつけて摩擦が変わったなら、指パッチンのための力の加え方が変わるだけじゃなかろうか。
      おそらくより強い握力などが必要になりそうで、万人ができる物ではないだろうが、それを言ったら指パッチンだってみんな練習してできるようになるもんだし…。

      まあサノスは人間じゃないからな

    • by Anonymous Coward

      成功(インフィニティウォー)と失敗(エンドゲーム)では石の有無なので石のエネルギーが摩擦力的な何かになってるのでは?

    • by Anonymous Coward

      ガントレットの上に人の皮膚を張り付けておけばいいってこと?

  • by Anonymous Coward on 2021年11月22日 18時45分 (#4157081)
    ああ あれこそは伊良子さま必勝の構え
    無明逆指パッチンのお姿

    実際、速度としてはどんなもんでしょね?
    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月23日 0時17分 (#4157213)

    数kHzで振動する声帯ではないだろうか?

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月23日 2時46分 (#4157235)

    って言おうとしたら既にあった。

    # お、おのれ

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月23日 7時04分 (#4157254)

    測定して欲しかったですね

    大谷に勝るホルホルができたかも

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月23日 22時32分 (#4157607)

    ...って誰?って思った。
    (牧師にして匠!)

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月24日 8時42分 (#4157687)

    指の摩擦で火炎を出していたのか。

    ここに返信
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...