パスワードを忘れた? アカウント作成

13834325 comment

phasonのコメント: Re:Science (スコア 1) 5

>内容的にはすごく工学っぽくて

結構,「新しい構造で空力性能アップ」とか「こういう折りたたみ方をすると急激な展開が可能」とかそういうものもNature,Scienceとも出てきますね.
これらの雑誌は「ウケればOK」的なところがあるんで,「分野外の人でも興味を持ちそう」というネタだと結構載る印象.
#むしろ専門系の雑誌でははねられたネタとかでも,一般受け(分野外受け)するものはひょいっと載ったりとか.

13834114 journal
日記

phasonの日記: 空間中にダイレクトに3次元物体を造形する:積層しない3Dプリンタ(再掲) 5

日記 by phason

なんかうちの一部のブラウザから見えなかったんでちょっと修正して再掲.
これで見えるだろうか……

"Volumetric additive manufacturing via tomographic reconstruction"
B. E. Kelly et al., Science, in press (2019).

13831135 journal
日記

phasonの日記: 新たなゲル:鍛えるほどに,強くなる 3

日記 by phason

"Mechanoresponsive self-growing hydrogels inspired by nyscle training"
T. Matsuda, R. Kawakami, R. Namba, T. Nakajima and J. P. Gong, Science, 363, 504-508 (2019).

近年,生体の持つ機能や仕組みにインスピレーションを得たさまざまな新規材料の開発が進んでいる.生態系のもつ特徴の一つが,開放系=外界と物質のやり取りをする系であり,傷ついても外界から物質を取り込むことで修復し,さらにはもとよりも成長していくという点である.今回報告された新規ハイドロゲルは,そんな生物の持つ修復・成長プロセスを組み込んだものとなる.

13826513 journal
日記

phasonの日記: 室温付近で自動で光透過性が変わるスマートウィンドウ

日記 by phason

"Broadband Light Management with Thermochromic Hydrogel Microparticles for Smart Windows"
X. Li, C. Liu, S. Feng and N. X. Fang, Joule, 3, 290-302 (2019).

Natureの記事経由.なお,この論文はオープンアクセスであるので誰でも読むことが可能である.

13793730 comment

phasonのコメント: Re:これとは違う報告? (スコア 4, 参考になる) 57

やってるグループは別ですが,物質とか作り方とかの面では同じですね.見えてる特性もだいたい似たような感じ.
#そういう意味では,確度が高まった感じですかね.

流行の分野にありがちな「ほぼ同時期に同じような内容を複数グループがやってる」パターンっぽいですね.それも理論側から先に「LaH10だと室温付近で超伝導出る可能性あるよ」ってのが出てたみたいですから(今回の両論文ともでreferenceに入ってます),そりゃまあ被るグループはあるよな,と.

13793699 comment

phasonのコメント: Re:超高圧はどういう影響を及ぼすのか (スコア 2) 57

あと物質そのものが変わったり.
今回の話とかH3Sの場合は,水素過剰条件で超高圧かけると水素大量に含んだ相が出てきて超伝導になる,ってのが基本みたいなんで,今回の話はこちらのパターンでしょうか.

13793696 comment

phasonのコメント: Re:超高圧はどういう影響を及ぼすのか (スコア 5, 参考になる) 57

>超低温もそのたぐいだよ。

低温が必要なのは原子間距離とかではなく,熱励起の影響ですね.
通常の無機系超伝導体の場合,結構がっちり結合してるんで温度低下による格子の収縮はそんなに効きませんし.

13791717 comment

phasonのコメント: Re:あるいはファージが黄色ブドウ球菌を利用しているのかも? (スコア 1) 3

これはあり得ますよね.
宿主にとって有益なものほど結果として自分も増えやすいのでそういう進化はありそう.
#まあ最後に宿主は食い破られるわけですが.

13791216 journal
日記

phasonの日記: 敵の敵は味方ならず:ファージ感染が誘発するメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の免疫回避 3

日記 by phason

"Methicillin-resistant Staphylococcus aureus alters cell wall glycosylation to evade immunity"
D. Gerlach et al., Nature, 563, 705-709 (2018).

13775451 comment

phasonのコメント: Re:プラズマアクチュエータでは (スコア 2) 78

>作って測定してみた以上のなんらかのブレイクスルーに繋がる要素があるのだろうか・・・

いや,特に無いようです.実証系の論文ですね.
なので,この論文の技術そのものが突破口になって何かが生まれると言うよりは,できる事が実証されたんでやる気になった誰か(達)が研究を進めていくと,将来的にはいつかもっと役に立つ何かになるかもね,という感じというか.

13775346 journal
日記

phasonの日記: ナノメカニカル共振器を用いた超大質量向け質量分析計 1

日記 by phason

"Neutral mass spectrometry of virus capsids above 100 megadaltons with nanomechanical resonators"
S. Dominguez-Medina et al., Science, 362, 918-922 (2018).

13775149 comment

phasonのコメント: プラズマアクチュエータでは (スコア 5, 興味深い) 78

プラズマを用いた流体制御(プラズマアクチュエータ)ってのがありまして,結構長いこと研究はされています.
#原始的なやつも入れると,数十年やってるんでは.

気体表面近傍にそこそこ強い流れを自在にOn/Offできるので,機体表面の流れが重要になる様々な現象のコントロールが可能に.
翼からの流れの剥離を抑制して失速しにくくなるとか,揚力増やすとか,超音速機での衝撃波の抑制とかの話は聞いた覚えが.
(ただ,エネルギー効率は低いんで,その辺が課題)

13775056 comment

phasonのコメント: 効果の有無がわかりやすい動画 (スコア 5, 参考になる) 78

13767448 journal
日記

phasonの日記: センチメートルサイズの単層二次元薄膜の安定した作成法 1

日記 by phason

"Controlled crack propagation for atomic precision handling of wafer-scale two-dimensional materials"
J. Shim et al., Science, 362, 665-670 (2018).

13748499 comment

phasonのコメント: そうでもないです (スコア 1) 7

by phason (#3501022) ネタ元: プラゴミ

>日本ではプラゴミを海洋投棄してるわけではないので、海洋汚染とは関係ないのでは。

まあ各種推計とも幅がかなりあるので確定的ではありませんが,そこそこ排出していると考えられています.
去年に旭リサーチセンター(旭化成系のシンクタンク)がまとめたレポートが日本語だとまとまっていて読みやすい感じ.

海洋プラスチックごみとマイクロプラスチック(上)
海洋プラスチックごみとマイクロプラスチック(下)

孫引きになりますが,国別排出量的には21位ぐらいにはなりそうという推計が.とんでもなく多いわけではありませんが,まあある程度は出ているっぽい.
ポイ捨てとか陸上に適当に放棄されたゴミが擦り切れたり紫外線で分解したりで断片化し,それが川経由で海まで行っているというのが多いようです.
漂着ごみに関しても出てきてますが,特にペットボトルなんかは大部分は国産品になってきているようなんで,それなりに陸上で廃棄されたものが海に流出している雰囲気.

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...