パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

14194917 journal
日記

phasonの日記: 過剰な降雨が誘発したハワイ島の火山活動

日記 by phason

"Extreme rainfall triggered the 2018 rift eruption at Kīlauea Volcano"
J. I. Farquharson and F. Amelung, Nature, 580, 491-495 (2020).

14192136 journal
日記

phasonの日記: マルハナバチは葉を噛むことで開花を促進する 1

日記 by phason

"Bumble bees damage plant leaves and accelerate flower production when pollen is scarce"
F. G. Pashalidou, H. Lambert, T. Peybernes, M. C. Mescher, C. M. D Moraes, Science, 368, 881-884 (2020).

14152033 journal
日記

phasonの日記: 豊かな温帯雨林に覆われていたかつての南極大陸 1

日記 by phason

"Temperate rainforests near the South Pole during peak Cretaceous warmth"
J. P. Klages et al., Nature, 580, 81-86 (2020).
※いくつか間違っているサイトがあるようですが,「温帯雨林」であって熱帯雨林ではありません.

「過去に何があったのか?」に思いをはせるのは人類の知的好奇心の代表的な表れである.これまでにも過去を知るための数多くの努力が費やされ,数々の奇想天外な生物の存在や,全球凍結などのかつては予想もされていなかったような気候の劇的な変動の様子などが次々明らかとなっている.特に過去の気象を知ることは,その時代の生物がどのようにして繁栄したのかを知るための重要な知見になるとともに,我々の世界の気候の行方を推測するための基礎データとしても重要となってきている.

14120893 comment

phasonのコメント: 総当たりとか (スコア 1) 4

by phason (#3768544) ネタ元: クレジットカード不正請求

>ただ何処から漏れたんだろう。

クレジットマスターなんかで番号を自動生成して,有効な番号(誰かのカード番号)にあたるまで総当たり,とかもできたりしますんで,漏れたとは限らないかも.
CVVが要らずに決済出来たりする場合はさらに難易度下がりますし.

うちでもちょうど今月に不正利用され,フィジーのリゾートホテルで30万円以上の宿泊されてたりしました.
カード再発行になると公共料金等の切り替え面倒ですよね.

14098692 comment

phasonのコメント: 焦げる≠酸化 (スコア 3, すばらしい洞察) 7

by phason (#3752483) ネタ元: ぼくのかんがえたさいきょうのオーブン

>ものが焦げるという現象は、燃焼、つまり空気中の酸素と炭素化合物が反応することで起きる。

焦げるのは脱水&有機物の熱分解(加熱により抜けやすい置換基が抜けたり,何かが反応したりして,最終的に炭素リッチなものになる)のが主体なような.メイラード反応なんかも無酸素で進行しますしね.
#木材蒸し焼きにして炭作るのなんかも代表例.

14068959 journal
日記

phasonの日記: カシミール効果により真空ギャップを超えるフォノンによる熱伝導

日記 by phason

"Phonon heat transfer across a vacuum through quantum fluctuations"
K. Y. Fong et al., Nature, 576, 243-247 (2019).

14067799 comment

phasonのコメント: Re:つまり (スコア 1) 26

by phason (#3730457) ネタ元: 電気で潤うコンタクトレンズ

上下逆だとめっちゃ乾くよ!(目ではやってませんが)

もともとの効果は上から下に流すわけではなく,下方の涙液メニスカス(下まぶた部分にたまってるやつ)を吸い上げることで乾燥を防ぐものです。
上から下への流れを作ると下向きにより早く流れ落ちる方向なんでもっと乾きます.
※もっと乾く実験自体は実際の目ではなく,単にコンタクトレンズの下方を水につけた状態でやってるんで実用時とは少し条件が違いますが.

14061737 comment

phasonのコメント: なぜ今…… (スコア 1) 2

元論文は3年ほど前のものですが,なぜ今話題に……
とりあえず,

・「熱を通さない」と言っても「金属にしては熱を通さない」なので,断熱性がやたらと優れているわけではない.
・ただし「熱を通しにくい金属」のようなものができる可能性はあるので,熱電変換素子などにとってはありがたい可能性もある.
・この効果の起源に関してはいろいろ議論があった気が.
 量子相関が強い非フェルミ流体性に起源を求めたり,金属-絶縁体転移の不均一性(内部が無数の金属と絶縁体の微結晶の集合体を経由する)との関連性が指摘されたりとか.
・特に擬1次元や擬2次元などでの非フェルミ流体側の話では,他の系でもウィーデマン・フランツ則の敗れが見つかっているので,自由電子模型から外れた系ではズレることは意外にあるかも.
・というか何度見てもVO2半端ねぇ.何でも出るなこの系……(いろいろ見つかるんで物性のデパート状態)

14051065 journal
日記

phasonの日記: 電圧駆動のナノサイズ機械素子を利用した光の高効率スイッチング素子

日記 by phason

"Nano–opto-electro-mechanical switches operated at CMOS-level voltages"
C. Haffner et al., Science, 366, 860-864 (2019).

14038669 comment

phasonのコメント: 補足 (スコア 1) 37

一応著者らもその後に続けて

we cannot definitively rule out the potential for minor reductions of antibody-producing cells with measles vaccination.
(大きな影響がないだろうことは言えるけど)現段階では「弱い効果も全くない」とまでは言い切れない.

とは書いています.

14038667 comment

phasonのコメント: Re:ワクチン (スコア 2) 37

論文流し読みしてる途中ですが,4ページ目あたりに「MMRワクチン(麻疹,風疹,おたふく風邪の混合ワクチン)の接種による(ワクチンの対象以外の)抗体の変化は見られなかった.これは,MMRワクチンに対する長年の研究とも矛盾しない」というようなこと(多分)が書いてあるんで,著者が検討した範囲では大丈夫そうです.

14025192 comment

phasonのコメント: 粗雑なまとめ (スコア 4, 参考になる) 28

by phason (#3701518) ネタ元: 厚さ10マイクロメートルのレンズ

・フレネルレンズではありません
#3701474の方が書いているように,フレネルレンズではありません.
フレネルレンズは通常の凸レンズの屈折にかかわらない部分を切除したもので原理的には単なる凸レンズと一緒ですが,こちらは回折が特定位置に集光するように計算して作った回折レンズの一種です.

・特徴
薄い:薄いので,樹脂のインプリント(硬い型を薄い樹脂層に押し付け,凹凸を成型する)で作れるため原理的には安価に量産が可能です.また光学系の小型化・軽量化が可能になります.
多波長対応:最近流行りの「複数波長の回折が同一個所に集光するように微細構造を計算する」というものを使っているので,比較的広い波長域の光(論文では8~12 μmでデモ)を集光することができます.これが通常の回折レンズに対する長所になります.
赤外:実験結果は赤外です.原理的には可視光でも行けますが,可視光全域の光に対し同じ位置にきっちり集光させるのはめんどくさそう(現状,スポット径も100~350 μm程度とそこそこありますし).

14019796 journal
日記

phasonの日記: デジタルマイクロミラーデバイスを用いた三次元微小構造の高スループット製造 1

日記 by phason

"Scalable submicrometer additive manufacturing"
S. K. Saha et al., Science, 366, 105-109 (2019).

光硬化樹脂に光を集光してあてると,ピンポイントに硬化させることが可能になる.さらに2光子吸収過程によってのみ硬化するようなセッティング,つまり単一の光子ではエネルギーが足りないが,2つの光子を同時に吸収するとそのエネルギーで硬化するような波長の光を用いると,通常の光励起による硬化よりもさらに細かい領域でのみ硬化が起こり(*),一段と小さな造形を行うことができる.

*1光子励起の確率はラフに言って光強度に比例するが,2光子吸収は光強度の二乗に比例するので,それだけピークがシャープになる.そのため十分に光強度の強いスポット中心部のみで反応が起こり,より微細な領域のみが硬化する.

14011122 comment

phasonのコメント: Re:研修実験で世界初成功 (スコア 2) 48

これはプロジェクト科目的な感じで「目的目指していろいろやってみよう」という感じのようですので,条件振りとかやってたんだと思います.

今回のベースとなっている結果自体は教員がすでに報告しているもののようですので,「うちの研究で最近こういうのが出来てるから,もっと良い電極材料ができる条件を考える&見つけてみよう」的なものだったんじゃないかと(多分).

14003178 comment

phasonのコメント: 水酸化ナトリウム (スコア 1) 7

by phason (#3685820) ネタ元: 「油と混ぜると石鹸水になる」

ちょっとずつ,1%以下ぐらいの濃度になるように大量の水で薄めて流すというのもまあありかも.
パイプ洗浄剤と同じようなもん(向こうはもう少しいろいろ入ってますが)ですし.
(5%以下に薄めると劇物指定外れます)
大量に流すのもあれだなという場合は,毎日適当に何十グラムがずつ処理でも良し.

結構発熱するんで大きめの容器(バケツとか)に水を多めに入れておいてそこにNaOH投入,しばらく混ぜるなり放置するなりして薄まったら流す.
一度に大量に入れるとかなり発熱する&バケツが変色したりするのでその辺は加減して.
風呂に水はっておいてそこに一瓶溶かしちゃうぐらいでもいいかもしれませんが.
(最後によく水ですすいでおけばOK)

アルカリ流すのに抵抗がある場合は,薄めた後に適当に家庭用に大量に売られてるクエン酸か何かでも適度(重量比で1.7倍量ぐらいで中和されて,クエン酸Naの弱塩基性程度になります)加えてほどほどに中和するもよし.ただし中和熱出るんで様子を見ながら少しずつ.

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...