パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、pongchangさんのユーザページですよ。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

14006945 submission
政治

アフリカ豚コレラとミルクラン

タレコミ by pongchang
pongchang 曰く、
アフリカ豚コレラまん延懸念 韓国で2例目確認(日本農業新聞の記事)が報じられ、38度線から南へと中華人民共和国からのアフリカ豚コレラまん延懸念が拡がっている。
日韓の物流では船だけではなく、RoRo船やフェリーによる「ミルクラン」での部品供給が行われている。
。両国政府間の対立が深まることを警戒して、車などの部品の在庫が積み増されているが(日経新聞の記事)、税関ではなく、トレーラートラックの「シャーシとかタイヤ」に付いた「泥」の除去など、検疫によっても、日韓物流の遅滞が生じる可能性も想定される。
1年も愛知発の「豚コレラ」を制圧出来ない農水省。ここに、九州の自動車工場への韓国への物流の件で、鹿児島などの西日本の養豚の混乱に拍車が掛かれば、防疫どころではなく、貿易摩擦を加速してしまう。(豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針pdf

情報元へのリンク
14006928 submission

衛星タイタンの湖は地下の爆発でできたかもしれない

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
土星探査機カッシーニのデータを分析した結果、タイタンの湖は、地下で起きた爆発によって形成された可能性があることが分かった。タイタンの小さな湖には、沿岸部分が異常に高く盛り上がっているものがある。これは、地球の火山性クレーターによく似ているのだそうだ。

地球の火山性クレーターは、地下で起こった爆発によって形成される。論文によると、タイタンにあるこれらのクレーターは、凍った地面の下に閉じ込められた窒素ガスが爆発的に放出されることによって形成された可能性があるという。

ただし、今回の研究で検討されたのは一部の湖のみであるうえ、それほどの激しい爆発が起きたしくみも明らかでないため、決定的な仮説とはいえないという。しかし、タイタンの海や空からは、生命の構成要素となりうる有機化合物が見つかっており、湖の謎が解ければ、これらの興味深い成分ができたしくみの解明に役立つ可能性があるとしている。

情報元へのリンク
14004585 journal
テレビ

pongchangの日記: 特落ちとお貸下げ

日記 by pongchang
ニュースがあるときにヘリコプターが集中する。特落ちを恐れるからお貸下げの情報があるときは報道ヘリは話題の場所に集中する。ヘリは駅の行列に振り向けられてしまった。
動画ばかりではなくスチール写真を分担して撮影してプール写真をインフラや行政も共有して分析できるように出来たのはテレビと新聞。衛星よりも迅速に割り振りが出来て低い高度で細かく撮れる。
報道は言わずに、全部行政の政治のせいにする。誤報が自分の丹念な取材をサボったせいでは無いと、声の大きさで吹き消そうとする。
14004461 journal
日記

route127の日記: 入浴文化 3

日記 by route127

カナダBC州の日系人隠れ里遺構を報じた記事

マックル教授は、年配の日本人女性が発掘作業に参加した時のことを振り返る。女性は、「お風呂はどこか」と聞いてきた。「ofuro」という単語をその時初めて聞いた教授は、それが日本の文化にとっていかに大切なものかや、日本人が住んでいたらなら風呂がないわけはないと聞かされた。

まあでも夜中帰ってくる独身生活だと内風呂は掃除面倒だったりガス代勿体なかったりでシャワーだけになったりするが。

14004113 comment

pongchangのコメント: これは>労災<で落ちません! (スコア 4, 興味深い) 114

by pongchang (#3686380) ネタ元: 男性高齢者、ほぼ3人に1人が就業
シルバー人材センターの会員の請負契約による就業中の負傷について、業務上の事由によるものとして健康保険からの給付が認定されない問題
健康保険と労災保険の適用関係の整理について,平成2 4 年1 1 月2 8 日,厚生労働省保険局pdf
高齢者の転倒事故
若いうちから行動変容が出来る人は高齢者と言っても元気、でも元気を維持できる高齢者と違って、高血圧や糖尿病、喫煙や飲酒、腰痛や膝痛、運動習慣や食行動。こういった問題行動を修正できないまま、60歳70歳に至った高齢者ほど、転倒しやすく、安全メインの作業手順の教育を無視し、転ぶ。
小学校や中学校で、靴紐は結べ・踵は踏むなと言われなくてもやった人は転ばないが、60過ぎて指導されるような人は順応しないし、結果転倒骨折に至る。
三つ子の魂百まで。
14004059 comment

pongchangのコメント: それ注射だからGLP-1アナログ注射、もっと怖いのはSGLT2 (スコア 1) 1

ほんとうに危険なのはSGLT2阻害剤+糖質制限ダイエット
糖尿病学会{pdf
DM-netの記事(その1その2その3
SGLT2阻害剤は腎臓が尿糖を再吸収しないので捨ててくれる。だから太らない。でも足らないエネルギーを得るために脂肪を分解してケトン体を心筋や骨格筋に供給しようとする。また肝臓で糖を新生(蛋白や脂肪から合成)する。
ケトン体を作る分だけ脂肪が燃えれば痩せる。しかし、ケトン体が必要以上に作られたりすると、それは有機酸なのでケトーシスという状態になって血が酸性に傾くアシドーシスに陥る可能性もある。
尿糖が多い分だけ脱水にならないように「何の変哲もない水」を500mlほど余計に取らないと脱水にもなる。脱水で循環不全だとアシドーシスは進みやすくなる。
ケトン体が溜まると嘔気があり(二日酔いに似る)食欲が落ちるので「ダイエット」に成功していると錯誤出来る。そうしているうちに斃れる。
14004009 submission

糖尿病治療薬を使った危険なダイエットが出現? 1

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
「サクセンダ」「ビクトーザ」などの製品名で知られる「遺伝子組み換えリラグルチド」という2型糖尿病治療薬を濫用したダイエット手法が出現し、「GLP-1ダイエット」といった名前で宣伝されているようだ。この物質は日本では肥満症の治療薬として承認されておらず、アメリカ病院薬剤師会が公開している専門家向けの文書には、発がん性の可能性などの注意とともに「体重と運動量管理が行き届いていない患者に対する第一選択としては推奨されない」と記されている。

情報元へのリンク
typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...