パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、ppgnoppgnaさんのユーザページですよ。 アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13161523 comment

ppgnoppgnaのコメント: Re:じゃあ x = 0.2 か月分ね、はい 5 万円 (スコア 1) 105

これを意味不明と思える人がいるのが意味不明。
こういう人が一定割合居るんだと思って仕事をしなきゃならんのか。

ヒント:『リスクプレミアム』

12610219 comment

ppgnoppgnaのコメント: 生理食塩水の塩分濃度が美味しい食塩濃度 (スコア 2) 181

by ppgnoppgna (#2930431) ネタ元: 理系的視点で作った初心者向け料理本

私はいわゆる料理男子ですが、最近、経験と参考書籍から美味しい塩分濃度は生理食塩水濃度(0.85~0.9%程度)だということを知りました。

そのまま食べる料理なら0.9%ですが、カレーや丼の具のようにご飯で希釈されるものや、うどんそばのつけ汁については、口中で無塩分のもので希釈されることを考慮して、その希釈率から2倍~3倍に設定します。パスタのように、麺の外側のみ塩味が付いているなら、それより少し強めの塩が好ましいです。(ソースは0.9%が良い)

これを知ってから塩分濃度で失敗するシーンが大幅に減りました。塩分の至適濃度は糖分等に比べ許容範囲が著しく狭いので、素人の失敗原因はほぼ塩分濃度と火入れです。

こういう情報こそが理系視点だと思うのですが、なぜこのような教示が一般書にないのか、個人的に不思議です。

参考書籍「今日からおいしくなる洋食のシンプルルール」には火入れのコツも記載されています。例えば肉の焼き上がり質量は、焼く前の80~85%が目安とか。この本の調理法を手放しで褒めるわけではないですが、科学的アプローチが他書に少ないのは事実です。

ちなみに、この本のお奨め塩分量は0.8%となっています。

11913981 comment

ppgnoppgnaのコメント: Re:手書きマップとか、好きよ。 (スコア 1) 59

by ppgnoppgna (#2759292) ネタ元: Google Maps、10周年

> たまに、自分で簡略な地図書いてある所があると、それだけで嬉しくなる。それで十分分かるし。

私は、簡略化された地図では、よく迷うので、むしろ Google Maps などの方が助かります。

簡略地図作製者(通常は社内の人)が目標物として適切だと考えているものと、来訪者(外部の人)が目標とするものに相違があるからです。
例えば、社内の人は、近隣の駅との位置関係がよく分かっているでしょうが、初めて訪れる人にとっては、駅が、自分の前方か後方かすら分からなくなることがあるのです。

また、簡略地図では、微妙に傾いて接続されている十字路が、普通の垂直十字路に描かれていたりします。こういうのが実際歩いていると、情報として、結構重要だったりします。

加えて、簡略地図では、誤って、地図作製者の想定ルートから外れて、地図エリア外に出た場合にも対応できません。

簡略化された地図でも、交差点名(信号機の表示)と、その周りの4つ角のビル名(または 1F テナント)がすべて書いてあれば、Google Maps よりも有利なこともあると思うのですが、あまりそのような簡略地図は見ないですね。

# マップコードほど便利なものはなく、もっと普及すべきだと思っているのは私だけでしょうか。
# 自分以外にメールのシグネチャに入れている人を見たことがないので。
#もうすぐ特許が切れるはずなので、爆発的に普及することを期待。

http://www.e-mapcode.com/application/menu01_01.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

11889675 comment

ppgnoppgnaのコメント: 一番下まで下がるならそのまま使った方が良いです (スコア 4, 参考になる) 66

モニターは見下ろす位置の方がいいんですよ。

http://jp.fujitsu.com/about/design/ud/vdt/index_page3.html

このような高さの机が手に入らないのが問題。

机の高さ一つとっても、紙文化を引きずってるんですよね。

11647910 comment

ppgnoppgnaのコメント: Re:平均ってどこ? (スコア 1) 81

by ppgnoppgna (#2692593) ネタ元: Windows Technical Previewにキーロガー?

クライアントPC400台位の企業のシス管ですが、MSの「Windows7で動くものは100%、Windows8でも動く」を信じて会社でWin8を導入しました。
(もちろん主要なアプリは事前検証しましたが。)

確かにMSの言うとおり7対応で、動作しなかったアプリは一例もないですね。

~xpまでの動作保証のアプリはまれに動作しないものもありますが経験的に95%超は動作します。NT時代の骨董品ですら、大半が問題なく動きます。

11637866 comment

ppgnoppgnaのコメント: Re:何が凄いのか分からん (スコア 3, 興味深い) 207

白は青の技術をベースにできていますので、その意味でも大発明だったのです。

http://www2.panasonic.biz/es/lighting/led/led/principle/

> 白色LEDのしくみとして主流なのは青色LED+蛍光体方式で、青色LEDの光を蛍光体に通して白色発光させます。

11637858 comment

ppgnoppgnaのコメント: Re:この記事について (スコア 4, 参考になる) 207

> 中村氏が元部下の手柄を横取りした(かもしれない)

この点については、第三者の立場ではあまりにも情報が少なすぎますので私は何とも言えません。これは、ノーベル賞の選考委員も同じでしょう。

実際、発明に当たっては、部下の手も多く借りていると思いますよ。しかし、それを言ったら、他のノーベル賞受賞者も皆、助手を使っているはずです。中村氏が、筆頭発明者、筆頭著者として特許や論文を公開して、それについて公式な物言いが付いていない以上、"とりあえず"世の中では正当なものとして扱われます。

特許とノーベル賞の関係について再度述べますと、結果論として言えば、404特許を初めとする特許群は、特許権としてはさほどの経済的価値はなかった(だが、企業を急成長させるきっかけにはなった。)ものの、ノーベル賞受賞者選考という観点では「ブレイクスルーは誰か」で判断され、中村氏が選ばれたのでしょう。

同様に、田中耕一氏の特許群のうち、ノーベル賞の対象となったと言われる特許(特許第2569570号)も国際出願すらされず、まともに、製品を保護できていません(というか島津製作所では実用化していないはず。)。それでも、田中氏には「ブレイクスルーは田中」だとしてノーベル賞が与えられています。

重要なことは

・中村氏が実用化の道筋において重要な発見をした一人である

・中村氏が発明・発見したということは(現時点で一応は)疑いようがない状態である

ということでして、そういう人が選ばれるのが、ノーベル賞というものなのです。

中村氏というと、どうしても特許訴訟と結びつけてしまいますが、先述の通り、特許というものは、その出願のタイミングや出願戦略によっては、その価値がゼロに近いものとなってしまうものです。従って、ノーベル賞付与については、純ノーベル賞的観点から、その是非を判断しなければなりません。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...