パスワードを忘れた? アカウント作成
7315501 journal
日記

raycyの日記: タイプバスケットの中の社会思想。 高頻度文字組の打字機構の低リスク稼動域拡大 優先社会。 (タイプホイール式だと 高頻度文字組 超優先社会。?)

日記 by raycy
高頻度文字組のタイプバーを短時間間隔で打っても 機構の作動的には 衝突しづらいように、
低頻度文字組の衝突には 低頻度なのだから 目をつぶる、、そこにしわ寄せ、、 リスクは そこに おっかぶせる。
  • まあ たとえばその頻度が 10万年に一度程度なら 次の40年以内に起こることは 10万分の40程度??
    • とある場所、そのあたりで1300年に一度 地震津波が起きるとして、建設・試験・運用・廃炉通算期間が65年として その間に起こる確率は 千三百分の65程度??、、5パーセント??

タイプバーが衝突しない打鍵の時間差が どの程度なのか。
それが タイプバー同士の配置関係をいじる { 隣接, 一本間をあけて、 、、} ってなことで どの程度 リスク低下に効いてくるのか、。

速く打てるように、とは、
  1. メカ(機構)的には タイプバー同士の打鍵インターヴァルがかなり短くても タイプバー同士の接触等 衝突が起きづらい。
  2. キー配置的には
    • 高頻度文字が打ちやすい
    • 頻出文字組が 打ちやすい
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...