パスワードを忘れた? アカウント作成
13594564 journal
日記

route127の日記: 長縄じゃない方のラフィー(小書きのイ)

日記 by route127

中公新書の日本軍兵士を読んでたら、ニコラスケイジがインディアナポリス艦上で特攻受けてた半月後に沖縄沖でレーダピケット艦として輪形陣を構成していた駆逐艦ラフェイに特攻機6機が命中するも沈没させることができなかったという話が紹介されていた。(p.56)
この駆逐艦ラフェイはもしかして最近次々TVCM打っているアプリゲー、アズールレーン初期艦3隻の内の1隻であるラフィーの同音異綴なのではないかと思い調べていたがどうも別の艦らしい。
というのもLaffeyの名を冠された米海軍の駆逐艦は1942年に沈没したベンソン級駆逐艦ラフィー(USS Laffey DD-459)とその後1943年に就役したアレン・M・サムナー級駆逐艦ラフィー(USS Laffey DD-724)の2隻があるからで、アズールレーンは前者、中公新書は後者であるのでラフィーの名前は同じでも船としては別物であるようだ。
(因みに戦艦少女Rには後者のアレン・M・サムナー級駆逐艦の方のラフィーが居るので更に混乱する。)
そういった事情込みでラフィーとラフェイという書き換えをしているのかとも考えたが、そういった事情を示す確たる証拠は見つけられなかった。
(ベンソン級駆逐艦でもラフェイ表記のプラモデルがある)
ただ見てきた通りラテン文字表記ではどちらもLaffey、漢字表記でも拉菲であるのでカタカナ表記でラフィーとラフェイに書き分けていたというよりも個人差や時代の違いが原因かもしれない。
(wikipedia日本語版だとさらにラッフェイ表記になっていたりもするが今回話題にしない。)

また、語末のyを「イ」で表してよいものか、あるいはeyを「ェイ」と表記するべきなのかというのは個人的に気になる所でもある。
大体英語において語末がyで終わるものはラッキー(lucky)、ストロベリー(strawberry)あるいはパフィー(puffy)のように直前の音がイ段なら「ー」、それ以外なら「ィー」で表す感覚がある。
もちろん表現上の効果を狙って例外的な表記をするものもありはするのだが。

語末のyやeyがどのようなかな表記をされる傾向にあるのかを記憶を頼りに分類してみると、-yで終わる英単語では、

普通のイ スカイ(sky)
小書きイ グラビティ(gravity)、カービィ(kirby)、パフィー(puffy)
イ段長音 ロンリー(lonly)、スヌーピー(Snoopy)、ネイビー(navy)、ベリー(very)、アカデミー(academy)、マシナリー(machinery)、ワイナリー(winery)

と長音優勢な感じ。
とするとLaffeyは「ラフェー」とするべきなのか?
とりあえず語末が-eyの英単語についても見てみると、

普通のイ グレイ(grey)、オデッセイ(odyssey)、オーケイ(okey)、アレイ(arrey)、サーベイ(surbey)
小書きイ
イ段長音 モンキー(monkey)、ディズニー(Disney)、ジャーニー(journey)、チムニー(chimney)
エ段長音 ノルウェー(Norwey)、マネー(money)

と普通のイが若干優勢ではあるものの長音も健闘していて、こうしてみるとLaffeyを「ラフェイ」表記するのはそれほど違和感はないように思える。
まあノルウェイ の森はどうするんだとかBarkleyはバークレイなのかバークレーなのかバークリーなのかみたいな細かい議論はあるだろうとは思う。
ただ実際ああいうアプリゲーで最終的にかわいさ重視なら「ラフェー」とか「ラフェイ」なんかよりは「ラフィー」にするのも納得感はないではない。
「パフィー」が「パフェー」だったら売れなさそうだもんな。
あるいは表記ではなく発声の際に実際小書き母音と長音では違うというのもあるかもしれない。
例えばア段ではあるけれども、

「さぁ、行こう」
「さー、行こう」

の2つの表記を比べると後者の方が平板な感じに読まれることを期待するのではなかろうか。
まあ結局大体5種類位しかない日本語の母音をどうやりくりして雰囲気出していくかの問題ではあるとは思う。

小書きのイに他にも色々(キィリスィマスィとかクリーミィとかヘルスィーとかディオラマとかウィスキーとかウィークとか)思うところはあるのだがまたそれは別の機会で。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...