パスワードを忘れた? アカウント作成
14061488 journal
医療

route127の日記: アマゾ…ポロロッカ!(腎臓)

日記 by route127

先月下旬にsradの今日は何の日で2008年に徳島であった薬剤誤投与のストーリへのリンクが出現していた。
副腎皮質ホルモンであるサクシゾンの代わりに筋弛緩剤サクシンを投与してしまったのだが、それが電子カルテの補完機能の働きによるものだったとある。

最近あった京大で炭酸水素ナトリウム誤投与も炭酸水素ナトリウム(濃度1.26%)を投与するところにメイロンを投与した経緯が電子カルテ絡みのようだった。
メイロンも成分は炭酸水素ナトリウムなのだが濃度が8.4%と高くそれだけ浸透圧が高い上にパッケージの容量の問題もあったのだが担当医にその認識がなく、電子カルテ上での表示名メイロンでいいものと考えて指示を出してたそうで、やはりその辺の運用上の問題も要因としてはあるようである。
(ベテラン実務者の減少や組織の問題というのも当然あろうが)
サクシンとサクシゾンの間違いに気付けた事例なんかもあるけどこれは電子カルテ絡んでないんだよな。
じゃあ電子カルテを疑えばいいのかといえばそういう話でもないような気はする。
名前が違う後発薬を覚えきれるものでもなさそうだし。

個人的には慢性腎不全になるとちょっとした病気でも色々違った処置が必要になるのは大変だよなと思う。
今回も腎不全がなければ重曹ドバドバ投与される必要はなかったわけだし。
そういえば2月に病気腎移植が臨床研究から先進医療に変更されていたがあんまりニュースにならなかった気がする。
愛媛新聞以外でもニュースになってたんだろうか?
治療自体は東京西徳洲会病院でもやってるそうなんだが。
臨床研究から先進医療に格上げになったというのはまあそういうことなんだろうけど、万波の人もこれで多少は報われたんだろうか。
テレビで観ただけだがそんな役所のお墨付きなんか気にしなさそうな人のような気もする。

全腎協ニュースレターでも脳死移植について触れているが病気腎には言及ないもんな。
下肢血管再生療法が高度先進医療に承認されたとか治験のお知らせ/a>は載っているのだが。

4月の福生病院の透析中止で40代が死んだ話5/31付で日本透析医学会が声明文出したりしてたけど結局裁判になるらしい(10/17付日経)。
福生病院の件は透析中止の同意書取れてたかという話なのだが死ぬ間際のことだし裁判で決着つく類の話でもないようにも思える。
ただ日常の書類仕事でもISO9001絡みなのか品質を事後検証できるような文書類を残さなかったことで色々文句つけられたりはするし、そういう形式の話として処理するんだろうか?
 
最近、東北大が便秘薬が慢性腎臓病の進行を遅らせるみたいな話してたが、同じく東北大が2017年に発表してた腸腎連関の考え方からから腸内細菌叢のバランス制御で慢性腎臓病悪化抑制とかと関わってくる話なのだろうか。
腎不全の場合、カリウム吸着剤の影響で便秘になったりもするらしい。

最近スーパーのクローズド懸賞応募台紙コーナで綾瀬はるか腸になろうなるキャンペーン台紙が吊下げられていた。

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...