パスワードを忘れた? アカウント作成
14091191 journal
アメリカ合衆国

route127の日記: 職務責任局

日記 by route127

年末にTHE INFORMERを観てた。
米国を舞台にベラルーシ系移民二世主人公がマフィアとFBIに食い物にされながらなんとか生き延びる話だった。
ジョンウィックのプロデューサというのが謳い文句だったがベラルーシマフィアの設定などがその辺の影響なんだろうか。
パンフ売ってなかったのでHP観てたら千葉県警の元刑事課長がコメントしてた。

映画の終盤で職務責任局(OPR:Office of Professional Responsibility)という聞きなれない政府機関が出てきた。
検索するとスティーヴン・ハンター(極大射程の人)の『蘇るスナイパー(下)』に用例があるようだ。
監視と密告のアメリカ』には「職業責任局」が出てくるようだが同じものだろうか。
洋ドラだと『ホワイトカラー』にもOPRが出てくるらしいが、これを司法業務査察室と紹介してる人が居た。
『クリミナルマインド』でも「司法業務査察室」が訳語として採用されているようなのだが、洋画と洋ドラで訳語が違うもんなんだな。

マケイブFBI前副長官免職を伝えるCNNニュース(2018/3/17)には

FBI職務責任局(OPR)

とあるけどこれだとFBIの部局みたいだよな。
連邦捜査局と職務責任局だと同じ「局」で同格の印象あるけど原語だとBureauとOfficeで規模に差がありそう。
まあでも米政府のDepartmentを「省」と訳すけど日本政府の「省」はMinistryだしその辺は実体よりも慣行なのか?
そういえば中華人民共和国とか中華民国のMinistryは「部」だな。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...