パスワードを忘れた? アカウント作成
14096924 journal
日記

route127の日記: カレーうどんパブロン丼 4

日記 by route127

かつやのカレーうどんかつ丼開発経緯を読んでたら

愛知県の豊橋に、カレーうどんの中にご飯が入っているみたいなのがあるっていうんで

というくだりがあって柏駅前の珍来がよく期間限定で出してるレイソルカレーラーメン(2019年2018年2017年)を思い出した。
確かにメニュー写真映えはしないけど腹いっぱいにはなるよな。
ただ写真映えしないというのもそれはそれで結構問題なような気もする。
初めて入る店が腹いっぱい目当てに入って良い店なのか見当がつかないまま暖簾をくぐる緊張感を楽しめるならいいのだが。
まあ中華料理の店なら大体外さないけど、定食の価格設定とかカウンタ席の有無とか華人経営か日本人がやってるかの店で違いはある気がする。
あとラーメンの丼の底に最初からご飯が敷いてあるというのはカレー系の汁物だから出来る芸当で、これがしょうゆ味のわりあい澄んだスープとかだとご飯からでんぷんが溶け出して、麺を食べてる間になんかぼやけた味になりそう。

チバテレビのNEWSチバ930見てたら、今度の県知事選に元船橋市議の佐賀県人が出馬表明したことを伝えていたが、安楽死特区を作るとか言ってた。
本人のHP内を検索しても出てこないが「船橋の明日をつくる会」名義だからだろうか。
2019年の参院選では安楽死制度を考える会公認だったらしいが。
知事選もそこまで興味ないけどその後のニュースで、居住者の8割が60代以上という船橋市内の団地で振る舞われた会津美里の薬膳カレーの名前が「ピンピンころりカレー」とかいう危なげなネーミングだった。
カレー服用後頓死した人はいないようだが、これを機会に自殺カレー開発競争が起きて、自殺カレー特区船橋が千葉ジェッツふなばしに次ぐ船橋の目玉になる日も近いのかもしれない。

そういえば昔カレーの隠し味に漢方薬というのを聞いたことがあるが、角川スニーカーにご飯にパブロンかけて食べるヒロインいたな。
コミカライズで読んだ覚えがあるけど、実体験に近そうな生っぽい表現が読んでてキツかったのが記憶に残っている。
最近の現代ビジネスからYahoo入りしたの龍角散内紛記事読んでたら、

お年寄りがおかゆに薬をかけて食べているような介護に接して驚き、

という音大卒社長のエピソードが紹介されていた。
薬かけご飯の目撃例を初めて目にした。

  • by akiraani (24305) on 2020年01月27日 15時54分 (#3751397) 日記

    愛知県の豊橋に、カレーうどんの中にご飯が入っている

     これ、おととしの夏に豊橋に宿泊したときに食べました。

     ご飯を入れてとろろで蓋をしてその上にカレーうどんという構成になっているので、意図的にとろろ層をかき混ぜない限り中のご飯が汁に溶け出すといったことはない、という代物でしたよ。
     なので、ご飯交じりのカレーうどんではなくて、カレーうどんを食べた後にカレーおじやが楽しめます、という感じのものでした。
     このこと知らない客が食べると、最悪ご飯に気付かないかもです。まあ、名物なので店に食べ方を書いたチラシとかが張ってあるんですけどね。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年01月27日 11時46分 (#3751267)

    なんとなくだが風邪薬をご飯に混ぜるのは嫌だが、胃薬なら許せる気がする。
    だから、パブロン丼じゃなくてサクロン丼ならよかったんだ。

    #アクロン丼はやめた方がいい。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年01月27日 11時56分 (#3751270)

    「食前絶後!!」(ろくごまるに)を思い浮かべた。

    ここに返信
typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...