パスワードを忘れた? アカウント作成
16473882 journal
日記

route127の日記: 懲罰部隊

日記 by route127

仕事しに工場行ったら入場門で懲罰部隊が立哨させられてた。
幕張の免許センター近くの交差点でも見かけたことがあるが何の意味があるんだろうな。
懲罰だから意味はないのか。
ゼッケンの社名見ると部隊編成が一社だけだったので不祥事かと思ったら後になって飲酒運転で検挙された旨交通安全協力会のヒステリックな回覧が回ってきた。
こういう文章や警察の外郭団体が作るDVDとかでも「家族が泣く」が定型句なんだが非婚化が進んだ現況にどれだけ訴求力があるフレーズなんだろうな。
振り返ると警察やマスコミが市民を煽って色々厳罰化させるのがブームになっていたのも被害者感情を利用した中間団体の組織防衛に見えて白けていた気がする。
表立って言うことでもないので黙っていたが、最近県警がそのしっぺ返しを受けていて面白かった。

県警巡査が美人局に引っ掛かって工藤会に金を巻き上げられていたニュースだったが、警官に飲酒運転させてから後ろからバイクで追突して警察に連絡しようとする手口らしかった。
飲酒運転厳罰化前なら警察内部で違反もみ消して済む問題であったように思うが飲酒警官が自主的に通報を拒んだことで弱みを握られるのは飲酒運転厳罰化工作の思わぬ副作用だよな。
背景として九州の工藤会が首都圏攻略の橋頭保として松戸に進出してるとか笑えない話もあるのだが、市民の警察支持を取り付ける為でもあった飲酒運転厳罰化がある種の人間に対して組織の脆弱性を晒す結果になっているのは何とも可笑しくはある。

一時期飲酒運転厳罰化でひき逃げしても救護せずに酔いを醒ましてから出頭した方が得、みたいなこともあったけど量刑をいじる時にいろんなパーソナリティについて行動を予測してバランスを調整するみたいなのはシムシティ感があって面白そうな気もする。
そういえばレミングスとかぐっすんおよよはやったことあるけどシム・ピープルはパッケージを見たことすらない。
win版が駿河屋から密林に出品されてた。

typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...