パスワードを忘れた? アカウント作成
11290073 journal
日記

rxk14007の日記: NASAがエウロパ探査機に搭載する観測機器を募集 2

日記 by rxk14007

http://www.nasa.gov/press/2014/july/nasa-seeks-proposals-for-europa-mission-science-instruments/

The Decadal Survey deemed a mission to Europa among the highest priority scientific pursuits for NASA. It listed five key science objectives in priority order that are necessary to improve our understanding of the potentially habitable moon:
 
- Characterize the extent of the ocean and its relation to the deeper interior
- Characterize the ice shell and any subsurface water, including their heterogeneity, and the nature of surface-ice-ocean exchange
- Determine global surface, compositions and chemistry, especially as related to habitability
- Understand the formation of surface features, including sites of recent or current activity, identify and characterize candidate sites for future detailed exploration
- Understand Europa’s space environment and interaction with the magnetosphere.

木星の周辺は強力な放射線帯に覆われているので、搭載する観測機器は放射線への対策を行う必要がある。
一説にはエウロパでの放射線の量は一日で人の致死量の500rem [PDF] を超えるとのこと。シーベルトに換算すると、540rem/day=5.4Sv/day=> 約225mSv/hとなる。
地球周辺の宇宙空間でも太陽フレアが直撃すれば同程度の放射線を受けることはあるだろうけど、継続して高線量の状態が続くというのが違いかな。

All have fierce, vicious magnetospheres!  Doses:
 
    Callisto:         0.01 rem/day
    Ganymede:            8 rem/day
    Europa:          540 rem/day
    Io:             3600 rem/day!
Thebe and inner satellites:   18,000 rem/day!

エウロパの分厚い氷が放射線を遮蔽してその下の海洋に生命体がいるのではという説があるのだが、まずは着陸する前に周回軌道から表面の様子を詳細に観測して、適切な着陸地点の候補をリストアップする必要があるだろう。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...