パスワードを忘れた? アカウント作成
15799658 journal
日記

sdkiresearchの日記: 犬アトピー性皮膚炎市場:新規事業開発、イノベーション別、2023-2033年までの予測

日記 by sdkiresearch

犬アトピー性皮膚炎市場は、アレルゲンに関連する公害の増加や研究開発活動の活発化により、予測期間中にCAGR8.9%を記録すると予想されています。

- 環境要因は、アレルギーや病気の多くを引き起こしています。Journal of Toxicologyによると、2017年に、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の悪化と環境汚染の上昇の間に直接的な比例関係があることが観察されました。

- さらに、研究開発活動の活発化も、市場を牽引するものと考えられます。例えば、最近、ボラゲンは、犬のアトピー性皮膚炎の新しい治療法の開発に関連した研究開発活動のために、世界有数の動物医療企業と提携しました。このような要因により、犬アトピー性皮膚炎市場の拡大が期待されています。

主な市場動向

モノクローナル抗体分野が大幅な市場成長を示すと予想される

- モノクローナル抗体分野は、予測期間中、活発な市場成長を示すと予想されます。主な起因要因は、環境汚染の高まりと製品開発です。

- Journal of Toxicologic Pathology, 2017によると、プラスチック製造に関わるフタル酸エステルなどの環境化学物質は、アトピー性皮膚炎を悪化させることが観察されています。また、ナノ材料や砂塵は、アレルギー性の炎症を上昇させる原因となっています。

- さらに2019年には、キンドレッド・バイオサイエンス社がイヌのアトピー性皮膚炎の治療薬としてモノクローナル抗体「インターロイキン-31」を開発。パイロット試験を終了し、有意な結果を示した。したがって、製品の進歩は市場にポジティブな影響を及ぼすと予想されます。

予測期間中、北米が市場で重要なシェアを占めると予想される

- 犬用アトピー性皮膚炎市場は、研究開発費の増加により、北米が主要地域となる見込みです。動物衛生研究所によると、米国の動物衛生産業は、約6億4千万頭の食用動物と3億8千3百万頭のコンパニオンアニマルにサービスを提供しています。

- 2016年、製薬会社は約116億米ドル相当の医薬品を生産しました。さらに、米国獣医学協会によると、2018年には、約113,394人の獣医師が米国に存在した。したがって、このような熟練した専門家の存在は、市場にプラスの影響を及ぼすと予想されます。

競合他社の状況

犬アトピー性皮膚炎市場で優位に立つと予想される主要企業は、Zoetis、Elanco、Virbac、東レ株式会社、Boehringer Ingelheim、Kindred Biosciences Inc.、およびCevaなどです。

ここで詳細情報を入手してください:https://www.sdki.jp/reports/canine-atopic-dermatitis-market/89339

私たちに関しては

SDKI Inc. の目標は、日本、中国、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオです。明らかにすることです。また、リサーチ アナリストとコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼できるリサーチ インサイトを世界中のクライアントに提供することにも力を入れています。 SDKI は 30 か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、SKI は他の手付かずの経済で足場を拡大することにさらに重点を置いています。

お問い合わせ

桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
東京都渋谷区
+ 81-50-50509159
sales@sdki.jp

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...