パスワードを忘れた? アカウント作成

shibuyaさんのトモダチの日記。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

14231403 journal
日記

masakunの日記: Pokémon GO TL40 図鑑151+100+132+97+99

日記 by masakun

前回の日記は6月11日だったか、レイドウィークエンドとPokémon GO アニバーサリーのタイムチャレンジを兼ねて昨日(日曜日)近鉄四日市に出動したものの五玉の湧きが渋くて、夕方近鉄特急で名古屋入りしたのでメモ。

97,950,169→100,018,781→103,251,697

ジョギング 15621.6→15885.9→16251.5
コレクター 99858→100732→103050
けんきゅういん 5823→5872→5932
ブリーダー 12233→12414→12606
バックパッカー 74432→74876→76063
バトルガール 52867→54117→56790
エリートトレーナー 1254→1254→1254
ピカチュウだいすきクラブ 1693→1694→1717
きのみ名人 37138→37796→39149
ジムリーダー 33836→35375→37017
アイドル 52→58→64
つりびと 331→333→334
たんパンこぞう 411→412→415
アンノーン 20→20→20
チャンピオン 876→903→938
バトルレジェンド 1328→1347→1382
ポケモンレンジャー 11105→11214→11456
パイロット 331066→332421→336548
ジェントルマン 711→723→765
ヒーロー 245→245→247

最近タスクからの色違いで気づいたこと。まず色違いをリワードストックに送ると消えるというのは嘘。7月3日夜に何気なくリワードストックを開けたら、いきなり「タマゴを1個かえす」のストライクが色違いで出てきてびっくりした。あと同じタスクを3つ揃えると色違いが出やすいというのも微妙な説だと思ったのは、6月16日にビリリダマタスクを2つだけ、7月5日にパッチールタスクを1つだけしか見つけていないのに、クリアした翌日色違いが出現したことによって(ストライクもおそらく2つ)。

今住んでいるところはジムバトル勢がほとんどいないらしくて、下手をすればきのみゼロのポケモンが何日もジムを占拠できるところ。そんなわけでご当地のトレーナーは手持ちの色違いポケモンをジム置きするのが流行ってて、たいていのジムは金ズリ防衛もないのでとっても倒しやすい(バトル数は稼ぎにくい)。さらにたかが数百勝のバンギラスとかドサイドンをドヤ顔で置いてくれるので殴り倒すのが簡単で草生える(ジム防衛には向いていないのを知らないバカばっか)。まあもっともジムバトル勢に憧れる向きもいるらしいのだが、金ズリ盛れる青の複垢ジムのソーナンスに何度も勝ち星を与えてしまうところをみると、伝説ポケモンを持ってないかバトル向きの育成を怠っているとしか思えない。

ご当地の赤青ジムのハピナスがサイコキオンリーで、ラッキーとハピナス(またはこの逆)の間にソーナンスをはさむのが流行っているところをみると、もしかしたらポンコツトレーナーはカイリキーでひたすら殴っているのかもしれないw(ソーナンスをかくとうポケモンでひたすら殴るなんて時間の無駄でしょ)

14231331 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「三体II・黒暗森林」感想(5)

日記 by Takahiro_Chou

第一部を読み直し終わり、「II」をもう1回読み始め。
なるほど、章北海が真意を隠し続けた人物であり、かつ、いわば「三体人の対極にある存在」である事は、最初の時点で示されてた訳か。

14230872 journal
アメリカ合衆国

Takahiro_Chouの日記: 今になって知った事 2

日記 by Takahiro_Chou

BLMがらみでニューヨーク市警の予算が減らされます、と云うニュースで、ニューヨーク市警を「全米最大の警察機構」と言ってたので、念の為調べてみたら……ニューヨーク市警の予算ってFBIの10倍なのか……

14229175 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「三体II・黒暗森林」感想(4)

日記 by Takahiro_Chou

よくよく考えたら、第二部のテーマが「騙し合い」で、その「騙し合い」が話の構造とも密接に関わっているのだとしたら?……第一部の主人公の行動・思考の裏にも「隠していた何か」が有ったんじゃなかろうか??
と言う訳で、第一部も、これから読み直します。

14228694 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「三体II・黒暗森林」感想(3)

日記 by Takahiro_Chou

全体を読んだ後の感想

  • 前作での疑問「あんなスーパーテクノロジーを持つ連中なら、自分達が置かれてる状況への対策方法などいくらでも有るだろ」への一応の回答→
    「三体人」は「宇宙には自分達以上の化物がどこに潜んでいるか判らず、その化物どもも同じ疑心暗鬼に囚われている可能性が高い」と思っていた。→
    生き延びる為に、どこに居るか判らな化物どもの注意を引きかねない真似をしたら本末転倒。(スーパーテクロノジーを使うにも制約が……)→
    そしたら、目と鼻の先に「変な所で悪知恵が働くが、別の点では常識を知らないマヌケなカモ」(ガキの割に悪知恵は働くが所詮が悪ガキ)が居た事が判明。
  • 文革時代の中国で始まった物語の2巻目が、全世界が文革時代を思わせる状況に→
    その時代を経て本作が書かれた時代の中国を思わせる世界に→
    更にその後……??
  • 「騙し合い」がテーマの作品。=作中に出て来る「作者が肯定的/否定的に描いている思想/社会体制」に見えるモノは、どこまで、本当に「作者の思想」を反映したモノか??
    • 本作が書かれた時代(アメリカだとブッシュJr.政権→オバマ政権への移行期)における「中国の未来」への批判?
      • 大国になったとしても、これから「大国である事」の利点が失なわれる時代になるのでは??
    • 技術者が書いた小説でありながら、どこかに科学技術への不信感が見え隠れしている……。
      • 科学者・技術者または科学者・技術者であった政治家が暴走する。
      • 科学技術への盲目的過信への警告。
    • ↑ところが、「騙し合い」「如何に真の意図を隠すか??」テーマの作品なので、これらが本当に作者の思想かを考えれば考えるほど訳が判らなくなる。
  • どんな役割・立場にどれ位女性が居るか??が社会変化の指標に→
    ある意味で「架空の未来」を舞台にした小説は嫌でも政治的に成らざるを得ない。社会はそのままだと描いても、社会はこう変っていると云う描き方をしても、どう転んでも「政治的」になってしまう。
  • 第一部を読んだ後に「地球人・三体人に続く3つ目の種族・文明が出て来るのでは??」と予想してた知人が居たが、ある意味で当ってた。

一部の人にしか判らない「刃牙」喩え

基本読書「あの『三体』の続篇がついにきた! すべてのスケールがアップし、人類の命運をかけた”終末決戦”が描かれる超傑作!──『三体Ⅱ 黒暗森林』」

面壁者には国連惑星防衛理事会によって4人の人物が選ばれる。ひとりひとり名前が呼ばれ、その選定理由が述べられていくパートはまるっきり刃牙の「地上最強の男を見たいか────ッ」「全選手入場です!!」の頭脳バトル版で、もうこのあたりから興奮がとまらない。

ところが主人公は「で、何でお前が『地球最強の頭脳』決定戦に混ってるんだ??」「いや……当の俺にも判りません」状態。
「刃牙」の「全選手入場」の柴千春以上の異物感。(主人公だから何かやってくれると読者も思うが、主人公じゃなかったら、完全にネタキャラ)

「なんか、超ヤバい連中が暗殺しようとしてる激ヤバの格闘家が居るみたっすよ!!」
「よし、じゃあ、そいつを最強格闘家決定戦に出すんじゃっ!!」
……ところが、連れて来られたヤツは……
「えっ? 本当に、コイツ強いの?」

14228443 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「三体II・黒暗森林」感想(2) 1

日記 by Takahiro_Chou

第二章「呪文」

  • フレデリック・タイラーは、三体人が太陽系に到着する400年後でも、「特攻隊」をやってくれそうな勢力を見付けるが……→
    だが、わずかな手抜かりによって「特攻隊」の裏に隠された真の作戦を「破壁人」に見抜かれる。
    →失敗。
  • ようやく動き出した4人目の「面壁者」である主人公。だが、作戦第一段階完了とほぼ同時にETOのウイルス兵器により人工冬眠へ。
  • 爺さん3人組のその後→
    石炭成金は破産。しがない元・工場労働者は息子が三体人との戦いの為に作られている軌道エレベータの建設現場で働いているので裕福に。→
    この3人の物語内での役割は「物語内の社会変化」を説明する事??
  • 文革で始まった物語で、再び文革時を連想させる状況に??
  • 全く新しい技術が生まれる時、良く似た古い技術が足枷になる??→
    核融合ロケット開発の「媒質推進船」派と「放射ドライブ船」派の対立。でも、地球には両方を開発する余力は無い。
  • 化学ロケットと同じ発想で作った核融合ロケットを「日清戦争における北洋艦隊壊滅」に喩えるシーンが。→
    それを聞いて、あるとんでもない行動を起こす人物の名前が「北海」→
    プロローグでの三体人のボヤき「何故、地球人の言語には同義語が多い??」→
    これは偶然か??わざと、あのキャラの名前を「北洋艦隊」を連想させるモノにした??「放射ドライブ」型こそが「日清戦争における北洋艦隊」である事の暗示??
  • 三体人と地球人では「地球人 VS 三体人」戦争のルールが違う。
    • 三体人側→地球人が太陽系外に逃げて生き延びてしまう=自分達より科学技術では劣るが、謀略で勝る種族が生き延びてしまう事。
    • 地球人側→地球人が地球上で生き延びる。
    • ところが、この「ルールの違い」を三体人側は知ってるが地球人側は知らない。
  • この作者は技術者なのに、科学技術不信/科学者不信/技術者不信が有るのでは??→
    軍人に精神操作をしろと言う科学者。精神操作で敗北主義を払底した軍人より、自由な思考を持つ敗北主義者の軍人の方がマシ、と言う中国軍将官。
  • 三体人に勝つ為に、「カミカゼ」をやろうとするタイラー、人の心をいじろうとするハインズ。そして、「地球含めた太陽系の全惑星を犠牲にした相討ち」を狙うディアス。
    • 「もし、この中の誰かのお蔭で三体人に勝ったりしたら、絶対にその後の地球・人間社会はロクなモノにならない」感のハンパなさ。
    • 「健全な判断には、さまざまの手かせ足かせがつきまとう。しかし狂人の精神はそんなものにはお構いなしだから、それだけすばやく疾走できるのだ」「狂人は正気の人間の感情や愛憎を失っているから、それだけ論理的でありうるのである」
      G.K.チェスタトン

第三部「黒暗森林」

  • 言わば「5人目の面壁者」が居た。真の狂信者が、自分が狂信者である事を隠す為に行なう事は、逆の狂信者を装う事。→
    実は三体人が「泳がしておいた方が都合が良い」と思ってたヤツこそ、三体人にとって一番都合が悪い信念を強固に持っていたヤツだった。→
    本人が意図してかは不明だが、「嘘や隠し事に関しては地球人に劣る」と云う三体人の弱点を突く事に。
  • 人類の絶頂期だと思ったら、一転して絶望へ。それを引き起こしたのは1000隻の艦隊ではなく、たった1個の「探査機だと思ってたモノ」
  • 「人類から派生した、しかし人類から見れば『絶対に自分達とは相容れぬ者達』である新種族・新文明」を生み出しながら、わずかな人間性故に、その新種族・新文明の最初の犠牲者の1人となった章北海。
14227352 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「三体II・黒暗森林」感想(1)

日記 by Takahiro_Chou

まだ、全部読んでないけど、読んだ部分だけの感想を

プロローグ

  • 「嘘」の概念が無い知的生命体が、ここまでスムーズに地球人とコンタクトが可能なのか??
    • 言語体系や論理学に相当するモノが全然違うのでは??
  • 三体人にとってETO(『三体人』に従っている地球人)は本当に信用出来る相手か??
    • 彼等にも三体人には無い能力「嘘が吐ける」「隠し事が出来る」を持っているので。
    • 三体人側もETOを危険と見做してるが、まだ、「隠し事」に慣れてないので、うっかり「最終的にはお前たちも滅ぼす」と言ってしまったor「隠し事」と云う概念を学ぶ前に明かしてしまったので、今更「『三体人』に従っている地球人」も滅ぼすつもりである事を隠しても意味が無い??

第一章「面壁者」

  • 爺さん3人組(成金・元教師・労働者)が結構良いキャラ。
  • 技術/理系への過信(作中のキャラ・章北海が言う「盲目的な技術過信」)が思わぬ陥穽となる?(もし、相手の科学・技術が自分達より圧倒的に上に思えたら→技術/理系への過信を持っている人ほど「敗北主義」に陥ってしまう)
    • 技術者が本業の人が書いた小説で「技術への盲目的過信は危うい」と云うキャラが出ている意味は?? 果たして宇宙軍の章北海は、この小説の中で、どう云う位置付けなのか??
      • 作者の代弁者?
      • 主人公の邪魔をするキャラ? (パニックもので云うなら事態を悪化させる馬鹿)
    • 前者であれば、技術者である作者が、何故、「技術への過信」を警告するキャラを出したのか??
  • この小説が書かれたのは2008年=中国が大国に成りつつあった時期。では、何故、この小説で「技術の進歩によって『大国』のアドバンテージは失なわれ、思いがけぬ小国が世界をリードしかねない時代が来る」が持論の人物が、面壁者の1人にして「アメリカの元国防長官」なのか??
    • 作者の中では、当時の中国が「大国とは言えないが、近い将来、世界をリードするであろう国」だった??
    • それとも「中国が(アメリカを凌ぐ)大国になったとしても、思わぬ小国に足下を掬われるかも」と考えていた??
  • 2人目の面壁者=21世紀において社会主義(経済)を成功さ、「軍事大国VS小国の戦争で、小国が軍事大国と同じルールで戦争をしてくれないと、軍事大国が勝てるとは限らない」事を証明したベネズエラの大統領。
    →またしても「当時の中国が進みつつある道」へのアンチテーゼ??
  • フレデリック・タイラーとレイ・ディアス=「『技術の進歩により大国が大国である事のアドバンテージは失なわれる』が持論の元アメリカ国防長官」と「対米戦争でフレデリック・タイラーの理論を証明した人物」の間に、過去、何が有ったのか??
  • 「特攻隊」を止める為に日本の防衛大臣が持ち出してきたのが銀英伝→
    エンタメがその国の対外イメージを作る??→
    「三体」で描かれている「中国」が中国の新しいイメージと成り得るか??
14226362 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 自宅のメインPCのOSをFedora32に入れ替えてみた……

日記 by Takahiro_Chou

Gimpとクリップボード履歴管理ツールのcopyqの相性がイマイチ。
copyqを起動してる時に、GimpでデカめのデータをコピーしようとするとGimpが落ちる。
当面、画像をいじってる時はcopyqを停止、文章を書く時はcopyqを起動とやるしか無いか……。

14226008 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 「今の規準で過去を裁くな」?? もしくは因果関係の逆転?? 9

日記 by Takahiro_Chou

ひょっとして、ポリコレと云う概念が生まれて、それを否定的に捉える人が居たからこそ、いつの時代・どこの地域でも行なわれていたであろう「元から有った様々な童話・民話・伝承などを、その時代・その時代の価値観に合わせて改変する行為」に名前が付いた可能性は無いだろうか??
果たして、今の時代の価値観で過去の作品を改変する事を未来の誰かが批判した場合、それは「今の規準で過去を裁くな」になるのか否か??
それとも、「今の規準で過去を裁くな」と云う考えそのものが重大な問題を内包しているのか??

14223422 journal
変なモノ

Takahiro_Chouの日記: スラドに聞け!! この3色+星で思い出すモノは?? 10

日記 by Takahiro_Chou

赤って、今のアメリカでは共和党のシンボルカラーだしなぁ……と云うコメントを書いた次の瞬間思い付いた事。
赤・青・白の3色と星のマークで思い出すモノと言えば??

  • 北朝鮮の国旗
  • 星条旗
  • キャプテン・アメリカ(いや、あのコスチュームは、↑が元だけど……)

やっぱり、マーベル・コミック世界に「北朝鮮そのものを象徴する超人兵士」が居たら、コスチュームは、赤・青・白と星マークになるのか??
キャプテン・ノースコリアなんて不謹慎なモノの絵をpixivあたりにUPしたら、アカ停とかなったりすんのかな??
(←どうなるか試してもいいけど、絵を1枚描くのに数週間かかるので……)

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...