パスワードを忘れた? アカウント作成
798623 journal
日記

shimashimaの日記: [書籍][etc]「日本の雇用と労働法」の感想への補足 2

日記 by shimashima

先の日記に書いた濱口桂一郎氏の「日本の雇用と労働法」の感想についての補足というか追記。

日記を書いたところ著者の濱口氏のblogで取り上げられたので、blogに補足のコメントを書いたものの反映されていないのでこちらに補足のような追記を書く。

濱口氏のコメントとして、

最近は、賃金制度改革に絡む事件が結構多く裁判に出てきているので、少なくとも「職能等級」も知らないようでは、法学部やロースクールでも、まともな判例評釈などできるはずがないと思いますが、逆に外の人からはそういう「浮世離れした人々」だと思われていると言うことかも知れませんよ、法学部系の皆さま。

とある。
確かに指摘の通り労働法関連の判例評釈まで行っているのであれば基本的な労務管理の用語が通じて当然だろう。この点に思い至らなかったのは自分の不明なので反省しなければならない。

ただ、ロースクールはその性質上労働法を避けることはないだろうが、法学部生で労働法を専門としてない場合はやはり用語説明がないため読みこなすのは難しいのではないかと思う。
もちろん、それが濱口氏が想定している読者層と異なっていると言われればその通りだろうし、私と同じ経済学士であっても人事労務・労働経済を学ばないもしくは講義に出ていただけであばやはり読んで理解するのは難しいだろう。

書籍の内容はとても面白いものだが、決して素人向けではない点はやはり指摘しておきたい。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 前回日記における指摘:

    労務管理の基礎をしらない人に「職能等級」などの用語が説明無しにでてくる

    という点に関してamazon.co.jpの紹介文 [amazon.co.jp]:

    日本型雇用の特徴や、労働法制とその運用の実態、労使関係や非正規労働者の問題など、人事・労務関連を中心に、働くすべての人が知っておきたい知識を解説。過去の経緯、実態、これからの課題をバランスよく説明。

    に即して理解すればロースクールの学生云々ということではないし、さらに、著者ブログ [cocolog-nifty.com]における紹介:

    著者は二〇一一年度後期から法政大学社会学部で非常勤講師として「雇用と法」を講義することになり、そのためのテキストとして本書を執筆しましたが、労働問題を総合的に捉えたいと考える多くの読者によって読まれることを期待しています。

    と併せ読むとロースクールの学生を牽制することで紹介書の著者はお茶を濁しているとしか思えない。学生なら、職能等級の考察はそっちの本をあたって調べろで簡潔するんだろうが、本の中ではそういうたらいまわしはなさっているのだろうか?

    • shibuyaさん、コメントありがとうございます。

      と併せ読むとロースクールの学生を牽制することで紹介書の著者はお茶を濁しているとしか思えない。学生なら、職能等級の考察はそっちの本をあたって調べろで簡潔するんだろうが、本の中ではそういうたらいまわしはなさっているのだろうか?

      書籍中では特に「職能等級の考察はそっちの本をあたって調べろ」のような書き方はされていませんでした。あくまで自分の読んだ範囲・記憶に基づけばですが。

      ただ、リンクにある濱口氏のblogにあるように

      本書は、経済学部、経営学部、社会学部などで労働問題を学ぶ学生にとっては、そこで学んでいる日本の雇用システムのあり方との関係で現代日本の労働法制を理解するための便利な一冊ですし、法学部やロースクールで労働法を学ぶ学生にとっては、そこで学んでいる労働法制がいかなる雇用システムの上に立脚し構築されてきたのかを理解する上で役に立つでしょう。いわば、「二つの文化」を橋渡しする有用な副読本です。

      とあるように、初学者向けではない旨があるのでまあ仕方ないのかなと思います。
      メイヤー先生の「オブジェクト指向入門」の様に「初学者向け」ではない「入門書」のような感じですね。

      親コメント
typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...