パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、skimsrさんのユーザページですよ。 アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

106783 comment

skimsrのコメント: Re:何匹目のどぜう? (スコア 1) 108

石川県での出来事ですので方言補正してみました:

 「ミステリーサークルは人間が作っとれんと」
 「そやがいね、超常現象で町おこしやがいね!」
 「おれらもやってみんけ」
 「ツチノコは古いんねーがん」
 「山奥でもねーし」
 「空から魚が降ったことがあるげんと」
 「魚は金がかかっし」
 「田んぼにうじゃうじゃおるアレを使ってみんけ?」

…なんか不自然な感じですが,地元を離れて15年目の人間のやることなので,許してください>地元在住の皆様。

560288 journal

skimsrの日記: ディスカバリーの長い旅

日記 by skimsr

このまえ無事に地球へ帰還したディスカバリー号がケネディ宇宙センターまで運搬されているそうなんですが…。

スペースシャトル(のオービタ)を運搬するときって,『ジャンボジェットの背中に搭載』して運搬するんですね。写真を見て吃驚しました。インパクトありすぎ:-)

 ・asahi.comの記事:ディスカバリーが米国横断 ジャンボの背中に乗って
 ・NASAの写真記事

テイクオフの写真が格好良いですね。壁紙にしようかな。とりあえず使用許諾条件を確認しようっと。

394097 journal

skimsrの日記: iPod DJ

日記 by skimsr

2つのiPodでミキシング - iPodでDJになれるミキサー「iDJ」が登場

このミキサにはピッチコントロールがないので本格的な? DJプレイは難しそう。いっそiPodのホイールをそのままターンテーブル的に使えるようなソフトをだれか出してくんないかな。

438411 journal

skimsrの日記: 百年の時を超えて「発掘された映画たち」

日記 by skimsr

東京国立近代美術館フィルムセンターにて「発掘された映画たち2005」なる企画が開催されている。約百年前の1906年に撮影された染調色フィルム「保津川の急流」をはじめとして,戦前・戦中に撮影されたフィルムを中心に56本を上映するとのこと(上映スケジュール)。期間は8/18(木)まで。
同センターは

762005 submission
映画

百年の時を超えて「発掘された映画たち」

タレコミ by skimsr
skimsr 曰く、
東京国立近代美術館フィルムセンターにて「発掘された映画たち2005」なる企画が開催されている。約百年前の1906年に撮影された染調色フィルム「保津川の急流」をはじめとして,戦前・戦中に撮影されたフィルムを中心に56本を上映するとのこと(上映スケジュール)。期間は8/18(木)まで。
同センターは国内・国外の古い映画フィルムの収集/発掘・保存・復元を行っており,今回の上映作品も主に同センターの収蔵作品から構成されている。それぞれのフィルムの内容もさることながら,それらが背負う何十年もの歴史もまた興味深い。
417657 journal

skimsrの日記: Science Podcasting

日記 by skimsr

Science Podcast (by Garbage Collection):

海外のサイエンス系のラジオ番組でPodcastingに対応しているもののリスト。SCIENCE@NASAもPodcastingに対応しているそうな(Webpageの内容の朗読)。

(from 森山さんの日記)

428368 journal

skimsrの日記: 人力で水上を動き回るマシーン:AquaSkipper

日記 by skimsr

米国製のフィットネスマシーン「AquaSkipper」がこの夏から日本でも販売されている(各種メディアでの報道)。
「AquaSkipper」は人力で水上を動き回ることのできるマシーン。自転車状のフレームの前後に浮力&推進力を産み出すフィンが取り付けられており,人間がその上で飛び跳ねるような上下運動をすると,スプリングを介して上下運動をフィンの運動による推進力に変換する。その様子はリンク先の動画を参照して欲しいが,慣れれば

762062 submission
変なモノ

人力で水上を動き回るマシーン「AquaSkipper」

タレコミ by skimsr
skimsr 曰く、
米国製のフィットネスマシーン「AquaSkipper」がこの夏から日本でも販売されている(各種メディアでの報道)。
「AquaSkipper」は人力で水上を動き回ることのできるマシーン。自転車状のフレームの前後に浮力&推進力を産み出すフィンが取り付けられており,人間がその上で飛び跳ねるような上下運動をすると,スプリングを介して上下運動をフィンの運動による推進力に変換する。その様子はリンク先の動画を参照して欲しいが,慣れればかなりの速度で水上を進むことができるようだ。
日本の販売代理店による「AquaSkipperの歴史」によれば,AquaSkipperの原型となったのはスウェーデン製の「Trampofoil」で,それを米国Inventist社が改良したものだそうだ。「Tranpofoil」のプロトタイプは1993年だそうなので,アクアスポーツの愛好家には知る人ぞ知るマシーンだったのかもしれない。
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...