パスワードを忘れた? アカウント作成
76342 journal

starfighterの日記: ミサイル防衛システムに実際の命中率は問題ではない 1

日記 by starfighter

軍事というのは外交の一手段なんだ。
北朝鮮はそれがよくわかってて。
核開発を放棄するという条件をちらつかせて支援をとりつけたり。
衛星だ衛星だといい続けながら弾道ミサイル保有能力を見せ付けて譲歩を引き出そうとする。

ミサイル防衛システムも立場的には同じことで。
持っていると、「防衛できるから弾道ミサイルを撃てるもんなら撃ってみな」と言う資格ができる。
もちろん、何事にも100%はないから、発射されたら、困る。
でも、何の対抗手段もなければ、相手のいいなり。
外交の選択肢として、「いざとなったら突っぱねることもできるんですよ」といえるのは、強みだ。

だから、ミサイル防衛システムの本当の迎撃成功率は問題じゃあ、ない。
仮に9割撃ち落とせたとしても、「10発うてば1発はあたるよねニヤニヤ」と相手に言われたらアウト。

そりゃ、実際の迎撃率なんて、試して見なきゃわかんないよ。
だけど、いかに10割、100%にみせかけて相手の譲歩を引き出すかが外交手腕というもの。
性能を高める努力は、相手に過大評価させるための材料なんですよ。
成功率何割の性能なんてことより、どんだけすごいか、すごいと思わせるかに価値がある。

抑止力ってそういうものじゃん。

で、だ。
なに、この日本って国。
政府筋とやらが「落とせるわけがない」とか言ったと報道されるし。
外務大臣は発言を積極的に否定しようとしないで平気でいるし。
国民(というかマスコミ?)は命中率の開示をとか騒ぐし。

勝手に多大な予算突っ込まれてるものの外交的価値下げるマスコミ。
外交カード1枚捨てられて気にしてない外務大臣。
知っても得にならない、敵国に知られたら損にしかならない情報の開示を求める国民。

……馬鹿?

この議論は、starfighter (31940)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
  • by dameneco (33758) on 2009年03月26日 0時25分 (#1538009) 日記

    軌道が判明している中距離弾道弾の場合SM3での迎撃はほぼ成功してます。
    ただ、中距離弾道弾で軌道が判明してない場合は失敗してます。
    長距離弾道弾で軌道が判明してない場合はかなり謎です。
    ロシアのICBMでSM3対策でスピードを3割増とかやってます。
    Pack3は防衛範囲が狭いので大都市防衛にしか使えません。
    湾岸戦争のときスカッドミサイル打ち落としにPack2の乱れ打ちでどうにかなった
    のを考えると疑問符がつきます。
    まぁ、衛星軌道のレーザー兵器でもICBM防衛は怪しいのにSM3の場合、日本海に
    イージス艦を何隻も並べて同時に狙い打って成功するかどうかが現実でしょう。
    まぁ、素人の私でもこの程度解るのだからDPRKの専門家はもっと分析しているでしょう。

typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...