パスワードを忘れた? アカウント作成
14151441 journal
日記

sumiyakiの日記: 「新型コロナウイルス」の通称は良くなかった / SARS-CoV-2の細胞内侵入の受容体 ACE2 2

日記 by sumiyaki

「新型コロナウイルス」という通称が広まってしまったけど、むしろ「新型SARSウイルス」呼んだほうが適切だったと思う。

つまりCOVID-19はSARSの一種というかSARSに近い病気と考えるべき、ということ。ウイルスの正式な名称はSARS-CoV-2だから、SARSウイルスつまりSARS-CoVに近いことは前から分かっていたけど、「新型コロナウイルス」と呼んでしまうと、怖さが弱まってしまいそう。

細胞侵入のとっかかりになる細胞膜上の受容体はACE2 (Angiotensin Converting Enzyme 2)であって、これはSARSと同じ。普通の風邪の原因のひとつであるようなコロナウイルスとは受容体が異なる。(もし同じなら、軽いコロナウイルス風邪にかかればSARS-CoV-2に感染し難くなるかもしれないし、これほど重篤化もしにくかっただろう)

アンジオテンシン変換酵素

肺炎などを引き起こすSARSコロナウイルスおよび2019新型コロナウイルスはACE2を宿主細胞受容体として利用する。増殖したSARSコロナウイルスはACE2の発現を低下させ、急性肺不全など重大な症状を引き起こす。そのためSARSに対するリコンビナント(組み換え)ACE2の投与がマウスにおいて研究されており、

しかし、喫煙者及び元喫煙者はACE2の発現が増えているとする査読前論文が存在する。

というようなことだそうなので、素人考えでは、
1).ACE, ACE2あるいは関連の遺伝子について個人間の遺伝子多形(遺伝子型の多様性)を調べたら、このウイルスによる重症の肺炎に移行し易さとの相関関係がみつからないか?
2).ACE2様のタンパク質を肺に噴霧して、ウイルスにくっつけ、細胞侵入を妨害する。
3).ウイルスによる肺のACE2の減少によるアンバランスを是正するため、ACEの作用を抑えてバランスを取り戻す。ACEのインヒビターACEIを肺に噴霧?

みたいなことが思い浮かぶけど、専門家はすでに考えているだろう。2)は実験動物(ヒトACE2トランスジェニックマウス)によるSARSなどの感染実験が可能なので、そのレベルでの研究はすでにあるかも。しかし、もしうまく行っていたとしても臨床レベルで使うにはかなりかかるだろう。1)は重症化と相関する遺伝子型がみつかれば、ハイリスクグループを判別するのに役立つだろうが、あるかどうか。ACE2関連遺伝子だけでなく、ヒトゲノム全体を検索して強い相関が見つかればそれでも構わないが。

  • by ma_kon2 (9679) on 2020年04月03日 9時46分 (#3790462) 日記
    このウイルスの一番やっかいな部分が
    多くの無症候と他疾患と比べても無視できない率の重篤(withサイトカインストーム)の2極があること。
    しかも,症状の軽重に関わらず,感染させやすい人,そうでない人がいる。
    そこいらの疑問が解消できれば,多少見通しも立つような気も。
    強い感染力のある無症候者が居る以上,SARSの様に目に見える形で排除することは難しいでしょうし…
    ここに返信
    • たしかに、SARSウイルスよりSARS-CoV-2のほうが感染拡大と医療崩壊という点ではよりたちが悪いですね。

      サイトカインストームがARDS(急性呼吸窮迫症候群)の主因だそうですが、免疫系のサイトカインのバランスの問題だとすると、それをあとから鎮めるには役者が多くて大変そうです。

      血圧調節に関わるRenin-Angiotensin-Aldosterone System, RAASの主要構成要素の一つACE2がSARS-CoVやSARS-CoV-2の感染で減少してしまい、RAASの調節が狂ってきて、その結果としてサイトカインストームが起きるのか、あるいは肺の細胞にACE2が多くあると肺内でのウイルスの感染が素早く広がってしまい、サイトカインストームになるのか。後者ぽいですが。そのあたりは専門家に伺ってみたいです。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...