パスワードを忘れた? アカウント作成

suspend29さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13576327 journal
日記

suspend29の日記: 首脳会談 / 台湾 / 301

日記 by suspend29

トランプ大統領、北朝鮮からの首脳会談提案を受諾
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-09/P5AU7Y6KLVR5
2018年03月09日
"ホワイトハウスのサンダース米大統領報道官は8日の声明で、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談することに同意したことを明らかにした。"

■ 爾後の積雪地方の都市計画では「排雪用サイロ」が市心各所に考えられるべきである。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001971
2018年03月11日
" APのCATHERINE LUCEY AND JONATHAN LEMIRE 記者による2018-3-10記事「Confidants: Trump wants to rely less on White House staff」。
   韓国の高官チュンユイヨンが三代目の意向をトランプに伝えると、トランプはすぐにその場で同意した。その場にはマクマクスターも居た。
 トランプはチュンに、すぐそれをホワイトハウス詰めのマスコミの前で発表しなさいと促した。
 チュンは、その前に文左衛門にアナウンスをチェックしてもらわねば、と言った。
 文左衛門は許可を与えた。
 するとトランプは、前例が無い真似に出た。自身がちょくせつホワイトハウスの記者会見場に伝令となって赴き、まもなく韓国人が大きな発表をするぜ、と予告をしたのだ。 "

米朝首脳会談 発表時の奇妙な光景
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43340391
2018年03月09日

■ ある作戦
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001974
2018年03月20日
" マクマスターの首を挿げ替えるという話が出てから何週間も引っ張っているのは解せない。怪しい。
 これがディスインフォメーションだったとしたなら、どうなるだろうか?
 三代目がフィンランドまで出てきたところで、対北奇襲(ほぼマクマスター案)を開始。
 三代目はそのまま二度と帰国できなくなる。すぐにクーデター条件が整う。
 中共がマペットを平壌に押し込んで、クーデター成功。"

■ ある作戦「後」。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001975
2018年03月21日
" フィンランドが会見場所に選ばれたのは、航空機移動を恐れる三代目が、往復するのに際し、ロシア領空だけを飛べばよいために、比較的に安心感があるから。
 ところがこれはトラップでもある。
 もともと、三代目の国外逃亡先としては、ロシアしかあり得ないと考えられてきた。
 フィンランドに滞在中に北鮮でクーデターが起きたら、三代目はすぐにロシアに亡命できる。というか、そうするしかなくなるのだ。"
※最終的にトランプはマクマスターの解任を正式に発表した。
ーーーーーーーーーー
■ 疑わしきは爆殺――ファイナルエクスプロージョン
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/02/#a001763
2017年02月01日
" ストラテジーペイジの2017-1-31記事。"
" 台湾海軍保有の博物館級潜水艦2隻のうち『カットラス』について、台湾政府は1900万ドルを投じてリファービッシュし、なんと2026年まで現役で使うと発表した。1945年の建造だから、2026年には81年選手である。
 ※マンガの世界ではなく、これが現実である。台湾がいかに信用してはならぬ国なのかについては『日本の武器で滅びる中華人民共和国』で説き尽くした。これら台湾海軍の「ナンチャッテ潜水艦」の真実もそこに記述してある。バカ右翼はいくら事実をつきつけられても思い込みを曲げないから、読まなくていいよ。"
" 2011年に台湾は、中共からの経済制裁の脅しに屈しない、ディーゼル電池式潜水艦のサプライヤーはどこにあるか、調査した。そして米国の造船所にはそれが可能であるという結論を得ている。"

台湾、潜水艦自主建造計画を正式始動
http://www.sankei.com/world/news/170322/wor1703220029-n1.html
2017年03月22日
"国防部の要求は1500~2000トンとされ、同社側は、設計を4年間で終えて製造を開始し、26年までに就役できるとの見通しを示した。"

米政府、潜水艦建造技術の台湾への輸出免許交付=中央通信社
https://jp.reuters.com/article/taiwan-usa-submarines-idJPKBN1HG0L1
2018年04月09日
"台湾の中央通信社によると、米国政府は台湾が進める潜水艦の建造計画を巡って、建造技術の輸出に必要な免許を米製造業者に交付した。"
ーーーーーーーーーー
■ こっちのほうでもドンドンドン。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#001973
2018年03月14日
" Bill Gertz 記者による2018-3-12記事「After Tariffs, Trump to Punish China for Intellectual Property Theft」。
  中共は2025年までに世界市場を支配する気でいるが、ロボットとAIで未来工業/経済をシナが牛耳るようなことには絶対にさせない。そのために通商法の301条を発動するのだ。
  ※とうとう米国は中共を「脅威になるナンバー2」と認識した。90年代の日本と同じに視ているとすれば、これで中共は終わる。
 1974の通商法の第301条項。米国ビジネスを毀損している行為者に対して懲罰ができる。大統領の一存で。"

トランプ、中国製品へ最大6.3兆円規模の関税を課す大統領覚書に署名
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/63-2.php
2018年3月23日

中国、米製品106品目に対し新たな関税発表 輸入規模500億ドル相当
https://jp.reuters.com/article/china-tariffs-idJPKCN1HB0YE?
2018年04月04日

トランプ米大統領、1000億ドル相当の中国製品への関税検討を指示
http://www.bbc.com/japanese/43665091
2018年04月06日
"ナルド・トランプ米大統領は5日、中国の知的財産権侵害への対抗措置として検討されている追加関税で、さらに1000億ドル(約10兆7000億円)相当の品目について検討するよう米通商代表部(USTR)に指示したと明らかにした。米中間では、貿易をめぐる対立が激しくなっている。
トランプ政権はすでに500億ドル相当の中国製品への追加関税案を発表している。"

13566358 journal
日記

suspend29の日記: 核兵器 / 毒 / マクマスター

日記 by suspend29

核態勢の検討
https://media.defense.gov/2018/Feb/02/2001872891/-1/-1/1/EXECUTIVE-SUMMARY-TRANSLATION-JAPANESE.PDF
2018年2月

■ マカオのオカマ
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#001954
2018年02月09日
 " Hans Ruhle 記者による2018-2-8記事「The New U.S. Nuclear Posture Review: Return to Realism」。
 もし米本土の原発にサイバーテロをやられたら、その報復として核攻撃することもあり得る。これがこんどのNPR。
 フランス政府もすでに、国家が後援するテロ攻撃を受けたときには核で反撃することもあると宣言をしている。
 なぜB-61を近代化(ダイヤルで低威力化したり地中貫徹もできるようにしたり)すると核戦争が起き易くなるという者がいるのか。航空機から投下する爆弾であるB-61は開戦奇襲に使えるようなシロモノではない。
 大規模なテロ攻撃等に対して、巨大水爆ミサイルと通常兵器の間にもうひとつかふたつの反撃や懲罰のオプションがありますよと平時から強調しておくことにより、敵は大規模なテロ攻撃や、周到に準備した通常兵力侵略戦争をしかけようとは思わなくなるのだ。"

■ おきなければ おきなわけん
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#001968
2018年03月02日
"  Daniel Cebul 記者による記事「Nonstrategic nukes: What are they good for?」。
    米軍は約500発の非戦略用の核弾頭をもっている。そのうち200発は、トルコ、ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリーの米空軍基地に置いている。"
 ロシアは1000発から6000発の非戦略用の核弾頭を持つ。
" 米戦略軍のハイテン大将の問題意識。米軍の持っている戦術核は、航空機から運用するものばかり。これをLRSMで更新したとしても、露軍が侵略戦争を開始した場所には即座には投入ができない。
 ※とうぜん、ドイツ、オランダ、ベルギー、イタリア、トルコの発進基地はロシアの戦術核で先制攻撃を受けると考える。
 そこでこのたびのNPRは、米国が海上から発射できる戦術核を充実させておくことによって、露軍からの先制戦術核攻撃はけっして成功しないとプーチンに考えさせようとしている。侵略戦争の抑止である。"

■ ウエストサイズストーリー。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001972
2018年03月13日
" Mark B. Schneider 記者による2018-3-12記事「Deterring Russian First Use of Low-Yield Nuclear Weapons」。
       2018NPRのひとつの結論。米国はトライデントSLBMの弾頭に、低出力水爆を採用すべし。それによってロシアが低出力戦術核の第一撃によって北欧で侵略戦争を成功させようとしている野心を挫かなければならぬ、と。
 ※GDPで14分の1にすぎぬロシアが米国に優っているのはストックの戦術核弾頭の数の多さだけである。だからロシアはこの自らの長所を最大限に活かそうとする。それを止めなくてはならない。"
ーーーーーーーーーー
ロシアの元スパイ、英で意識不明の重体 不明物質が原因か
http://www.bbc.com/japanese/43297501
2018年03月06日
"英警察は5日、南西部ソールズベリーのショッピングセンターで今月3日に倒れているのが見つかり、意識不明に陥った男性がロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)だと明らかにした。"

■ キチキチバンバン
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001977
2018年03月23日
" Austin Bay 記者による2018-3-13記事「Is Russia's Nerve Gas Attack in Great Britain An Act of War?」。
     2003年いらい英国では14人のロシア関係者が奇妙な不審死を遂げている。
 内訳は、元スパイ、事業家、反プーチンの政治活動家たちだ。"
" 英国メイ首相は、これは「NATO・アーティクル5」案件だと言った。
 同条項は別名「三銃士条項」とも呼ばれる。加盟国のどれか1国の領土に加えられた攻撃を、全加盟国に対する攻撃だと看做して防衛行動を発動するものである。
 これまで「アーティクル5」は一度しか適用がされていない。すなわち「9・11」の時。
 ※ワールドカップをボイコットなんてできまい、ムムははは、とプーチンが高をくくって攻めてきているので、おそらくNATOはボイコットを決めるだろう。ここで決意を示さないと、やられ放題になるのが目に見えているから。"

■ ミニオンズとは奴隷同然に頤使されている手下どものこと。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#a001981
2018年03月31日
" Pavel Felgenhauer 記者による2018-3-30記事「Moscow Surprised by Western Show of Solidarity With Britain」。
 神経毒ノヴィチョクによる国家テロに制裁すべく、28ヵ国が計150人以上のロシア外交官を違法諜報活動の咎で追放した。
 ルクセンブルク、マルタ、ポルトガル、スロヴェニアは、ロシア外交官の追放をしないかわりに大使を一時召還した。
 ロシアは完全に読みを誤った。英国はブレグジットで欧州から切断されつつある上、女の首相では何もできまいと高を括っていたのだ。
 さらに米国のトランプを抱きこんだと思っていたら、米国は列国中最多の60人のロシア人外交官を追放。その中には国連代表団員も居り、かつまたシアトルの領事館が閉鎖された。"
ーーーーーーーーーー
米国防総省、マクマスター補佐官への新たな役職の選択肢検討-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-02/P4YVM06JIJV001
2018年03月02日

トランプ米大統領、マクマスター補佐官を解任へ 後任にボルトン氏
http://www.bbc.com/japanese/43510902
2018年03月23日
"トランプ氏はツイッターに「2018年4月9日付で、ジョン・ボルトンが僕の新しい国家安全保障担当補佐官になることを発表できてうれしく思う。H・R・マクマスター将軍の貢献に心から感謝する。彼は素晴らしい仕事をしてくれたし、これからもずっと僕の友達だ。公式な引き継ぎは4月9日に行われる」と投稿した。"

13548047 journal
日記

suspend29の日記: 腕 / 関税 / インド

日記 by suspend29

US Army to provide its soldiers with a 'third arm'
http://www.armyrecognition.com/march_2018_global_defense_security_army_news_industry/us_army_to_provide_its_soldiers_with_a_third_arm_.html
2018年03月02日
兵士の背中に取り付けられる「第3の腕」。昨年に発表されたこのプロジェクトは今年の春に15人以上の兵士でテストされる予定。
プロジェクトは現在、兵士のフィードバックを受けた2つ目のプロトタイプになっている。重量が3.5ポンドで、27ポンド(12.25kg)のM249軽機関銃などをサポートできる。20ポンドのシールドも。
コンセプト開発は2015年後半に始まり、2016年に最初のプロトタイプ。
ーーーーーーーーーー
■ 米陸軍も海兵隊に続き、アサルトライフル用のポリマー弾倉の採用に傾けり。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/05/#a001819
2017年05月12日
"  Bethany Allen-Ebrahimian 記者による2017-5-8記事「Cheap Chinese Aluminum Is a National Security Threat」。"
中共だけで世界のアルミの半分以上を生産。中共の電力は欧米より高いが政府が輸出補助金を与えているのでやたらと輸出競争力がある。
" 中共による鋼鉄のダンピング輸出は、製鉄所を有するすべての国に迷惑を及ぼすから、全世界が非難を浴びせたものだ。
 ところがアルミ精錬業は世界の数ヵ国の寡占産業。だから、対支非難の声は小さい。
 ※すなわち多くの工業国にとってはアルミは単純に輸入するものなので、それが安いことは悪い話じゃない。日本は独特で、電力が高いけれども、戦略的な理由でアルミ精錬業が維持されている。"

トランプ米大統領、鉄鋼・アルミ追加関税に署名
http://www.bbc.com/japanese/43340299
2018年03月09日
"ドナルド・トランプ米大統領は8日、賛否両論のある鉄鋼とアルミニウムの輸入品に対する追加関税を導入する大統領令に署名した。
鉄鋼は25%、アルミニウムは10%の追加関税が課せられる。新制度は15日後に適用が始まるが、カナダとメキシコは除外される。"

■ 爾後の積雪地方の都市計画では「排雪用サイロ」が市心各所に考えられるべきである。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/03/#001971
2018年03月11日
" APのCATHERINE LUCEY AND JONATHAN LEMIRE 記者による2018-3-10記事「Confidants: Trump wants to rely less on White House staff」。 "
" 関税問題については、トランプが、コーンと、正反対の論者のピーター・ナヴァロを、何週間も、論戦させ続けていた。
 米国は保護主義を必要としている。この信念は30年来の筋金入りだ。トランプが側近にそのように明言しているのだ。
 関税を課すことによって、ペンシルベニア、オハイオ、ミシガン等の錆び錆びステイツが次の国政選挙で自分の味方になる、とトランプは信じている。"
" ※三十年来のトランプのターゲットは日本である。したがって日本政府はじたばたせずに、国防費をGDP2%にしますよと宣言することで切り抜けるしかないだろう。 "

トランプ政権のコーン国家経済会議議長、辞任へ 追加関税めぐり対立か
http://www.bbc.com/japanese/43312063
2018年03月07日

トランプ政権の保護主義主導のナバロ氏、コーン氏抑えて驚異の復活劇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-08/P5AMWL6K50XU01
2018年03月09日
(追記)
米国が中国をWTO提訴、知的財産権侵害で
https://jp.reuters.com/article/usa-china-trade-wto-idJPKBN1GZ1FI
2018年03月23日
"米国政府は23日、中国を世界貿易機関(WTO)に提訴した。トランプ大統領は22日、中国が米国の知的財産権を侵害しているとして輸入関税を課すための大統領覚書に署名しており、これらの貿易措置の一環。"
ーーーーーーーーーー
■ 重さ200グラム超でも、テザリング運用するマルチコプターなら規制適用外とせぬと、日本企業は大市場を逃すだろう。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/02/#a001766
2017年02月06日
" Hemal Shah 記者による2017-2-4記事「The US-India-Japan Trilateral: Economic Foundation for a Grand Strategy」。
   日本とインドと米国をあわせると、世界人口の25%、そして世界GDPの35%になるのである。
 三国間の貿易額は4000億ドル。ところが米支の2国間貿易は、それだけで6600億ドルである。
 これではいけないので、インドと米国は、2国間の将来の貿易額として1000億ドル~5000億ドルといった目標を設定すべきである。"
" ※インド最大の癌は低カースト向けの小学校教育が腐り果てていること。これをなんとかしないかぎり人々の幸せなどない。そこに投資した者はインドで聖人になれるだろう。あれだけ人口があれば、すべての貧村に1人ぐらい、天才的児童がみつかるはずだ。あくまで低カースト対象に、それをピックアップして特待教育を施せ。それを日本の私企業がやれ。場所によってはその学校はイスラムテロの襲撃目標にもなるから、要塞の中に築かれねばならない。"

Russia loses its position in India
http://defence-blog.com/army/russia-loses-position-india.html
2018年03月05日
ロシアはインドという兵器輸出市場を失いつつある。
ロシアのMi-28はアメリカのAH-64に敗け、ロシアのMi-26はアメリカのCH-47Fに敗けた。アメリカのP-8はロシアのTu-142を代替する。輸送機IL-476はアメリカのC-17に敗けた。
Su-57の性能はインドを満足させていない。もしインドがF-35を導入したらロシアは資金が不足し、Su-57の生産を減らすことになる。
2016年に、ロシアは欠陥のある戦闘機をインドに売ったことが判明している。
インドの軍事技術協力の分野ではウクライナが最大の相手国。2015年から2017年までに4億ドルの契約を締結した。
(追記)
It's No Surprise India Finally Ditched Its Stealth Fighter Program With Russia
http://www.thedrive.com/the-war-zone/20347/its-no-surprise-india-finally-ditched-its-stealth-fighter-program-with-russia
2018年04月23日
インドは長年トラブル続きだったFifth Generation Fighter Aircraft、FGFAプログラムで、ロシアとの協力を止めたと伝えられている。FGFAはSu-57の改良型になる予定だった。
公式声明は出ていないが、ロシアが失敗したと認めなくても済むように、このまま何も出ないかもしれない。
本来なら第5世代戦闘機の開発は膨大な時間とカネがかかるが、インドは確立した設計を使うことで時間と費用を節約できるはずだった。
※記事にある写真ではSu-57は前から見るとエンジンのファンブレードが見えており、これはステルス面でかなり不利。
Su-57のエンジンはAL-31F由来のAL-41Fを使用する予定だが、これでさえ十分なパワーを供給できるのかどうか懸念されている。オーバーホール間隔(TBO)は約1000時間で、これに達すればロシアのデポに戻す必要がある。2017年12月にAL-31Fの別の派生であるサターン・イズデリエ30を使用して飛行試験。少なくとも2020年まで生産に入る予定ではない。
機体の飛行コンピュータやミッションソフトウェアに対してインドがアクセスすることを、ロシアは一貫して拒否している。
インドが第5世代機を手にする方法はもうF-35に参加することのみ。
今の所、イスラエルだけがALISを修正し、独自のソフトウェアを追加する権利を持っている。

13536978 journal
日記

suspend29の日記: 砲弾 / 爆撃機 / bot 1

日記 by suspend29

■ どん底どん蔵。また失敗かよ。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/09/#001889
2017年09月24日
" ストラテジーペイジの2017-9-23記事。
   注意。ISが製造した弾薬は、数ヶ月間貯蔵していると不安定化し、自爆することがある。"
" ロシア製と中共製の弾薬全般についても、貯蔵性の悪さが指摘されている。古くなると自爆しやすくなるのだが、そういう古い弾薬から海外へ供与されている。"
" ※こわいのは砲兵の腔発事故。次の半島戦争ではその新記録が打ち樹てられることだろう。腔発の噂が拡がると、砲兵は安全の定評あるロットの砲弾と弱装薬しか選択しなくなる。あぶなそうな砲弾は、勝手に野原に捨ててしまう。どんな規律厳正な軍隊でも、この砲兵の暗黙文化は誰にも止められない。まして弾薬運搬用トラックの燃料が枯渇した北鮮軍内では、言い訳などいくらでも可能だ。"

U.S. Army selects BAE Systems to develop Advanced precision guidance kits for artillery shells
http://defence-blog.com/army/u-s-army-selects-bae-systems-develop-advanced-precision-guidance-kits-artillery-shells.html
2018年01月30日
米軍はBAEと、155ミリ砲弾の精密誘導キットを開発する契約を8ミリオンドルで締結。
このキットを付けた砲弾はGPSが妨害を受けていても飛翔中のコース修正が可能になる。
ーーーーーーーーーー
Russia Puts the World’s Biggest Bomber Back Into Production
http://warisboring.com/russia-puts-the-worlds-biggest-bomber-back-into-production/
2018年01月26日
ロシアは最初の「新型」Tu-160の飛行試験を開始した。しかしこの機体は主に試験機として使われる。またこの機体はソビエト時代に作られた部品から組み立てられた可能性が高い。
ロシアはこれを50機生産する予定。

B1、B2爆撃機退役へ=20年代後半から-米空軍
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021400785&g=int
2018年02月14日
"ウィルソン米空軍長官は13日、国防総省で記者会見し、2020年代後半から次世代戦略爆撃機B21が運用可能となるのに伴い、B1とB2戦略爆撃機を順次退役させると表明した。"
ーーーーーーーーーー
■ 日本ではWEBでなくTVが“bot”の役割を委ねられている。寡占構造のおかげでそれがあまりにも効果的だからだ。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/09/#a001874
2017年09月03日
" NAFEESA SYEED 記者による2017-9-2記事「Russia-linked bots hone online attack plans for 2018 US vote」。
   シャーロッツヴィルの白黒衝突騒ぎの直後、マケイン上院議員は、なんとかしなければならないと思い、ツイッター上で、トランプ大統領がもっと強くこれを非難するべきだと促した。
 すると、ロシア工作部のネットAIが発動した。ソーシャルメディアには、自動反応文章作成ロボットが常駐しているのだ。
 1時間以内に「国家の裏切り者マケイン」などの誹謗レッテルを貼る弾幕が、関連しそうなあらゆるブログを覆い尽くした。 "

http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/12/#a001933
" Samantha Bradshaw and Philip N. Howard 記者による2017-12-18「Making social media safe for democracy」。
   ロシアがジャンク・ニュースの中から特定世論形成目的に沿う素材を寄せ集めて他国のSNSに集中投下し、以て有権者の投票行動に影響を及ぼさんとする策動は、民主と共和が拮抗していたミシガン州とペンシルベニア州、2017春のフランスにおけるふたつの選挙、6月の英国総選挙、9月のドイツ連邦の選挙において観測された。"
" 今日、どの政府も、ボットによる偽情報キャンペーンへの対抗を大真面目にやらないならば致命傷を負わされる。
 ※繰り返すが、日本ではボットの前に大手テレビ局と新聞が堂々たるフェイクファクトリー。"

■ テクノ黙示録
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#001959
2018年02月19日
" ※先日の学校乱射事件直後に、ロシアの対米世論工作の方法についてUPIが解説していたところによれば、彼らはある特定の主張に米国世論を誘導しようとは考えない。この事件のケースでは、「もうこんな国はダメだ」という銃規制賛成の論陣と、「銃器武装は絶対に必要なんだ」という正反対の論陣の双方に同時に幾万もの、工作員認定をされ難い文章の投稿を流し込む。それによって米国社会を分断し、あるいは、すでに米国社会は分裂しまくっているという印象を作為できたならば、作戦は成功なのだ。"

13529406 journal
日記

suspend29の日記: カラシニコフ / 石油 / シリア 2

日記 by suspend29

カラシニコフ氏の巨像、台座の意匠にドイツ製のライフルが使われていることが発覚し修正へ
https://srad.jp/story/17/09/25/0853235/
2017年09月26日
"その像の台座には彼が開発した歴代シリーズのレリーフが彫り込まれていたのだが、そのうちの1つにナチス時代にドイツで作られたアサルトライフル・StG44が紛れ込んでいたという。木曜日に専門家から最初の指摘があり、金曜日に問題の部分を含むレリーフが切り落とされたそうだ"

■ 新刊ご紹介
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#001955
2018年02月10日
" 並木書房さんから、ゴードン・ロットマン氏著、床井雅美氏監訳、加藤喬氏tr.の新刊『AK-47ライフル』を頂戴しましたので早速拝読。"
" カラシニコフ氏の前半生についての大きな謎、「捕虜のドイツ人技師からどのくらい助けてもらったのよ?」には、今の段階でも最終回答が出ちゃいないようだな、と感じました。
 シュツルムゲヴェールと内部システムが違っていることは、ドイツ人の設計関与がなかったことを保証しませんからね。"
" 削り出しの自動火器にしか過去に関与してこなかった叩き上げの工員が、いきなりプレス加工指向の簡易量産の、公差最大の自動小銃をデザインできるとは不思議千万。"
" カラシニコフ氏は、戦後ソビエト=ロシアの国家威信発揚の宣伝塔キャラにまつりあげられたのだろうとわたしは疑います。農民/労働階級出身の一介の工員が国家英雄級の偉業をなしとげたことに、マルクス主義国家は、しておきたかった。グラスノスチ後のロシア軍も、その神話遺産は維持したかった。だとしたら本人も死ぬまでそのキャラを演じ、神話を守り続けるほかになかったのだろうなと拝察しました。"
ーーーーーーーーーー
■ さ~て 今日も測量だ。石油でもブチ当てるとするか。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/01/#001944
2018年01月20日
" ストラテジーペイジの2018-1-19記事。
 サウジとロシアは、原油とガスの価格が低く固定されれば米国のフラッキング事業は壊滅すると期待したのだが、そうはならなかった。
 サウジによる低価格攻勢をいくら受けても北米内のフラッキング事業だけは採算確保が見込めるのであるということもハッキリした。技術はどんどん洗練されていて、コストは2013年以前とは比較にならず低い。OPECはもう何もできない。"

米、原油生産でサウジ抜く IEA18年見通し
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25953370Q8A120C1EA5000/
" 米国が原油生産量で2018年にサウジアラビアを抜くとの見通しを国際エネルギー機関(IEA)が示した。約3年ぶりの高値圏にある原油価格は上昇基調で推移するとみられ、採算が改善する米国のシェールオイル増産が生産を押し上げる。石油輸出国機構(OPEC)の協調減産効果をそぐとの警戒感が市場で再燃している。"

米原油生産が日量1000万バレルを突破、1970年以来=EIA
https://jp.reuters.com/article/usa-oil-production-idJPKBN1FL3I4
2018年02月01日
"米エネルギー情報局(EIA)は31日付の月次リポートで、11月の米原油生産量が1970年以降で初めて日量1000万バレルを超え、過去最高記録に接近したと発表した。"
ーーーーーーーーーー
シリアでロシア人雇い兵多数が死亡、米・有志連合基地攻撃-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P43FS16K50XT01
2018年02月14日

シリアに派遣のロシア人民兵、米軍の空爆で死亡
https://www.cnn.co.jp/world/35114659.html
2018年02月14日

■ 米露戦争が先週から始まっていた……。シリアのノモンハン事件。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#001957
2018年02月14日
"    STEPAN KRAVCHENKO, HENRY MEYER AND MARGARET TALEV 記者による2018-2-13記事「US strikes said to kill scores of Russian fighters in Syria」。
  米軍がシリアでいちどに100人以上のロシア兵を戦死せしめた模様。"
" 米民間軍事会社「ブラックウォーター」のロシア版があるのだ。「アカデミ」という傭兵供給会社だ(以前は「ワグナー」と称していた)。アサドはそこから露兵をレンタルして、石油・ガス施設を守備させている。見返りとして、石油採掘権を譲与しているという。"
" 傭兵のほとんどはロシア人と親露系ウクライナ人で、いずれも元軍人。ウクライナ戦線で実戦経験があるともいう。※つまりクリミア切り取りで暗躍したスペツナズ工作部隊じゃないか。"

■ ナノなのだ。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#a001958
2018年02月15日
" ROBERT BURNS AND VLADIMIR ISACHENKOV 記者による2018-2-14記事「US, Russian officials dispute reports of Russian casualties in Syria」。
   シリアのノモンハン事件(2018-2-7)は、とんでもない規模の一方的な袋叩きだったようだ。
3時間以上にわたり、F-15E、B-52、AC-130、アパッチ、リーパーが地上を攻撃し、ついで地上からも榴弾砲、迫撃砲、ロケット砲、戦車砲で反撃した。"
" ※アサド=モスクワは、シリアのユーフラテス東岸地帯が、イラクに合併されるか、クルドの国家になってしまうことを恐れているようだ。
 ※米国務省とCIAが「露兵だとは確認できていない」「違う国籍の傭兵じゃないか」などと火消しに必死なのは、現地の軍隊の間では相互の憎悪が前々から昂進しているので、この「事件」がすぐに「事変」規模へ発展しかねないからだろう。"

13519355 journal
日記

suspend29の日記: 西部邁 / ヘリコプター / 暗号通貨

日記 by suspend29

西部邁さん死去 近著に死生観を綴っていた
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/21/nishibesusumugreef_a_23339138/
2018年01月21日
ーーーーーーーーーー
■ 紙の年賀状を差し上げなかった全ての方面へ「謹賀新年」をお伝えしたいっ!
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/01/#001939
2018年01月09日
" MATTHEW M. BURKE 記者による2018-1-8記事「Another US military helicopter forced to make emergency landing on Okinawa」。"
2018-1-6 UH-1Y 警報ランプ点灯で緊急着陸
その後AH-1Zヴァイパーも同様に緊急着陸。
" ※米陸軍と空軍がブラックホーク系に切り換えたあとも、海兵隊だけはヒューイ/コブラにこだわりつづけ、それを大改良したのがヴェノム/ヴァイパー。外見上はローターが2枚から4枚になって特徴的なパタパタ音がなくなったことぐらいしか分かり難いけれども、内部はほぼ別物。どこかの部品が壊れる前にメンテナンスを早めに促す自己診断ソフトウェアが備わっている。そのソフトウェアが早目警報を発すれば、大事を取って着陸するわけ。"
2017-1-20 ヴァイパー緊急着陸。2017-10-1 スーパースタリオンが火災を起こして着陸。
" 次に「プラスチックキャップ落下捏造事件」が2017-12-7に起きた。
 ※思うに、これで米兵は怒った。沖縄知事とマスコミが反米なのは分かっていたからどうでもいいが、中央(東京)の大手メディアがこのフレームアップについて左翼寄りの報道しかしなかったことに、彼らは腹を立てた。〈だったらホンモノを落としてやるよ〉というのが2017-12-13のCH-53Eの窓落下事件だろう。最上層部ではさすがにヤバイと青くなり、日本の警察を米軍基地内に入れるという特別な計らいによって、事を収めた。そして米国人は学んだ。これらの事故の真相に突っ込めない日本のメジャーマスコミは掛け値なしの無能者の集まりらしいと。"
" ※本欄で繰り返し警告しているように、欧米では一国内の世論分裂工作はSNSが主戦場でありボットネットが主兵である。ところが日本でのみ、NHKテレビが主戦場であって、主兵も生きている潜入工作員なのである。 "
ーーーーーーーーーーー
コインチェック、全取り扱い通貨の出金停止
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/26/news126.html
2018年01月26日

■ ぶらとん
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/02/#a001951
2018年02月01日
"※コインチェックの換金も五輪開催中の韓国内でなされるのではないか。外国人出入りが激増し、あらゆる監視が行き届かなくなり、外交行李で堂々と札束現送もできるのだから。"
" 北鮮サイバー部隊が初めてその能力を示したのは2013のことだった。韓国のテレビ局がやられた。
 ソニーピクチャーズがやられたのが2014年だった。
 ワナクライばらまき騒ぎは2017-5-12のこと。
 2017-9には北米の電力網の弱点を、北鮮ハッカーが探り当てようとした。
 2018-1にオンタリオ州が、北鮮ハッカーがトロント市の「メトロリンクス」のシステムをハッキングしようとしたと非難した。"

13507681 journal
日記

suspend29の日記: F-35 / イージス・アショア / ハイパーソニック 3

日記 by suspend29

「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者
https://jp.reuters.com/article/self-defence-izumo-idJPKBN1EK07J
2017年12月26日
"2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は「いずも」型護衛艦を戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入った。垂直に離着陸できる米海兵隊の「F35B」戦闘機の運用を想定するとともに、航空自衛隊が同型機を導入することも視野に入れている。"

「いずも」空母化を恐れる中国
http://japan-indepth.jp/?p=37695
2017年12月31日
"空母もすでに準備されている。「いずも」「かが」はそのまま使える。最初から各部寸法はF-35Bに合わせて作ってある。格納庫も無理に詰め込めば14機は入る。短距離離陸のためのスキージャンプは必須ではない。微速・無風でもF-35Bは軽量状態で100m未満で発進可能である。20ノット(約40km)、向かい風10mもあれば満載状態でも100mで発進できる。"
"あるいは中古コンテナ船を改修してもよい。90年代末に建造された4000TEUクラスはただ同然で入手できる。経済性低下と排ガス規制でスクラップ処理がはじまっているからだ。全長300m、25ノット(約50km)出せる優良船だ。飛行甲板を貼るだけでF-35B母艦として運用できる。"

三菱F35戦闘機、太平洋横断=昨年11月、機体最終確認で
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011100179
2018年01月11日
三菱重工で組み立てられたF-35Aの国産初号機が米本土へ飛行。機体が規格を満たしているか米国で確認する。
この確認は初号機のみが対象。
(追記)
http://www.businessinsider.com/f-35-good-news-belgium-japan-india-2018-1
There's been a lot of good news about the F-35 recently
2018年01月22日
JSMはNSMのバリエーションであり、F-35Aの内部ベイに搭載され、ステルスである。最大500km離れた目標を攻撃できる。
インドのエコノミックタイムスに掲載された記事ではロッキード・マーティンがインドでF-35の製造を提案したと。 奇妙なことに別メディアではインドでF-16を生産する計画の記事を出した。
ーーーーーーーーーー
日本のイージス・アショア、攻撃に使われる恐れ=ロシア外相
https://jp.reuters.com/article/russia-lavrov-japan-aegis-idJPKBN1F4132
2018年01月15日
"日本が導入を決定した陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について、ロシアのラブロフ外相は15日、攻撃にも使うことができると指摘し警戒感を示した。"

■ カトリック・ガトリング
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/11/#a001917
2017年11月21日
"  Pavel Felgenhauer 記者による2017-11-20記事「Russian Military Spreads Fake Intelligence」。"
" インターファックスは2月にこう宣伝している。地ージスの地下サイロにSM-3の代りにこっそりとトマホークミサイルを収容しておけば、ロシアを奇襲し、指導者(プーチン)を殺せるではないかと。
 ところがダナンでプーチンはもっとむちゃくちゃないいがかりを開始した。SM-3の代りにトライデント・ミサイルだって収容できるじゃないかと。
 これはプーチンの言い間違えの可能性がある。トマホークもトライデントも同じTから始まる。彼の記憶力減退した耄碌頭が両者を混同してしまったかもしれない。
 だがひょっとするとプーチンは本当にそう信じたのかもしれない。ロシア軍がプーチンに、ひごろから米国に関するフェイクニュースばかり上げてくるので、直近に耳にしていたその大袈裟なレトリックのひとつを、そっくり受け売りしてしまったという可能性もあるのだ。
 とすると、トマホークでロシア指導者を奇襲的に殺せるというロシア軍発の宣伝レトリックに、プーチンはすっかり恐怖を感じてしまっているのかもしれない。
 トライデントの非核弾頭版を超長射程の「クイックストライク」手段にできないか――という検討は米国内でも過去にあった。それが宣伝素材としてロシア国内で増幅され、プーチンの脳裏にこびりついているのかもしれない。"
ーーーーーーーーーーー
マッハ6で飛ぶ偵察機SR-72、既に試作機が存在か?
https://srad.jp/story/18/01/19/0914225/
2018年01月20日

■ 欲しい家政婦 と 実ゾンビ
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/11/#a001919
2017年11月23日
" Gareth Evans 記者による2017-11-16記事「How hypersonic flight could transform air combat」。
   マッハ5の飛行機は、地球を7時間未満で1周できる。
  秒速にすれば、1700メートルである。
 空気の摩擦だけで摂氏1500度になり、たいていの金属では溶けてしまう。"
" ※ひとつ言えるのはそのスピードで生命をプロテクトできるイジェクションシートは考えられない。北極海にカプセル脱出されても回収しようがない。したがってそれは無人機でしかありえない。また着陸時の低速エンジンを別に抱えさせるのかと考えれば、それはけっきょく片道特攻任務にしか使えない。超音速軍用機の時代が来るのではなくて、有人機の時代が終わるのである。"
"※ハイパーソニック機を迎撃するSAMやAAMは「バードストライク」現象を応用したものになるだろう。つまり対象機よりも何百倍も低速なのに、対象機の方で避けることができないというモノだ。たとえばターボプロップ単発で低速といえる練習機のT-7ですら、前方の鳥に気付いて回避操作をしてじっさいに機体が反応してくれるまでに5秒。その間200mも直進してしまう。しかし全長60センチ未満の鳥を肉眼で200m以遠で発見することはできない。ということは、レーダーに映らない鳥サイズのステルス低速ミサイルのヘッドオンを生身パイロットもマシーンも回避するすべはないのである。ハイパーソニック機は高機動ができないから、SAM側にAIがあればコース予測は高精度で可能。そこに浮遊して待ち構えていれば、衝突が起きる。"

13494173 journal
日記

suspend29の日記: NHK / 巡航ミサイル / 北方領土 1

日記 by suspend29

■ 実りの多い一年が暮れる。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/12/#a001935
2017年12月31日
" 今年いちばん暗雲の垂れ込めたニュースは北朝鮮の話ではなく、複数のNHK裁判で偉い判事たちが軒並み基本的法理を捻じ曲げて「NHK帝国」に叩頭九拝阿諛追従してみせたこと。2017年は、自由が金権に屈服した記念の年だ。いったい東大法学部は戦後何を教えてきたのだ?
 民主的選挙にいっさい無関係にマンデイトに国民から実質税を徴収できる「絶対金力」は、人々の志操を腐敗させ、内外の同類を仲間に引き入れ、逐次且つ絶対的に国家と国民を不自由に導く。
 BBCには電波独占特権と引き換えにロシアのスパイをのさばらせない「不文の慣行」がしっかり機能しているから許されるのだが、NHKは労働貴族組合や儒教圏工作員の温床そのものだろう。亡国は、渋谷区から始まるに違いない。"
ーーーーーーーーーー
巡航ミサイル導入を正式発表 「専守防衛に反しない」小野寺五典防衛相
http://www.sankei.com/politics/news/171208/plt1712080028-n1.html
2017年12月08日
"小野寺五典防衛相は8日午前の記者会見で、戦闘機用の長距離巡航ミサイル導入に向けた関連予算を平成30年度予算案に計上する方針を正式に発表した。"
"導入するミサイルは3種類。ノルウェー製の「JSM(ジェイエスエム)」は射程500キロで、F35A最新鋭ステルス戦闘機への搭載を予定。米国製の「JASSM(ジャズム)」「LRASM(ロラズム)」は射程900キロ程度で、F15戦闘機を改修して搭載する。いずれも対地攻撃能力があり、JSMとLRASMは対艦攻撃もできる。"

■ 真珠湾への第一次攻撃の発艦に失敗したパイロットは『蒼龍』所属と裏付けられたが、いったいその後どんなキャリアを歩んだのか?
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2017/12/#a001929
2017年12月09日
" ※ついでに解説しとく。なぜ対支空母用のLRASMはF-35に吊下させて使う必要があるかというと、ESMのテクノロジーがF-35用とLRASM用とで相通じているから。この連繋によって真の対空母奇襲ができる。もちろんF-16やF-2にも吊下できるのだけれども、国産ESMでは性能がショボすぎて結局F-2が対水上の捜索レーダーを使う必要がある。それではLRASMの奇襲力のポテンシャルをフルに活かすことはできない。他方で、なぜ「JASSEM-ER」の方はF-15から運用させるのかといえば、これは対北鮮のTEL撃破用のスペシャルだから。防空レーダーすら無い北鮮相手にステルス機をわざわざ飛ばすのは貴重資源の無駄使いとなるのである。おそらくF-15はほどほどの低空で北鮮海岸まで接近し、急上昇後に「JASSEM-ER」を発射するのであろう。射程にはえらい余裕があるから日本海上の何百kmも手前でリリースしたっていいのだが、それでは着弾までに時間がかかり、敵が先にBMを発射してしまうかもしれない。どうしてもF-15がアフターバーナーを使って急行する必要があるわけだ。帰りは燃料切れになっても仕方ない。そのくらいの覚悟だろう。こちらがそういうプレッシャーをかけ続ければ、敵BM操作兵も手順を焦ってミスを犯す確率が増すだろう。"
ーーーーーーーーーーー
ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/154416
2017年12月30日
"1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。"

13490009 journal
日記

suspend29の日記: 湯川秀樹 / 天安門 / V-280 6

日記 by suspend29

湯川秀樹、日記に原爆研究記す 京大が終戦前後の3冊公開
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017122101001491.html
2017年12月21日
" 日本初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹(1907~81年)が終戦前後に書き残した日記を京都大が21日、初公開した。原爆研究に関わった記述がある一方、広島や長崎の原爆被害も詳細に記しており、専門家は、戦後は一貫して平和運動に携わった湯川の歩みを知る記録として注目している。

 湯川は原爆研究への関与を公的な場では認めていなかったが、45年6月に原爆開発についての会議に出席していたことが今回、本人の自筆記録で初めて裏付けられた。"
ーーーーーーーーーー
天安門事件の死者は「1万人」 英外交機密文書
http://www.bbc.com/japanese/42482642
2017年12月26日
"英国で新たに公開された外交文書によると、中国当局が民主化運動を弾圧した1989年の天安門事件で、中国軍が殺害した人数は少なくとも1万人に上ると報告されていることが明らかになった。"
当時のアラン・ドナルド駐中国大使の1989年6月5日付の極秘公電。10月に機密指定が解除された。
”大使は当時、「学生たちは広場退去まで1時間の猶予を与えられたつもりでいた。しかし、5分後に装甲兵員輸送車(APC)が攻撃を開始した」と書いている。
「学生たちは腕を組んで対抗しようとしたが、兵士たちを含めてひき殺されてしまった。そしてAPCは何度も何度も遺体をひき、『パイ』を作り、ブルドーザーが遺体を集めていった。遺体は焼却され、ホースで排水溝に流されていった」"
(追記)
■ 積雪を意図的に利用する断熱構造を工夫してみる価値はあるだろう。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/01/#a001947
2018年01月25日
" ストラテジーペイジの2018-1-24記事。
   天安門の死者については当初、中共の赤十字が2700人と見積もったが、あとでこの数字を撤回している。なにしろ北京政府の公式発表では死者300人ということになっているのだ。
 米国情報機関は、天安門事件の死者は1万人と4万人の間である、とし、それは2014年に発表されている。英国もこれに同意している。
 北京政府の公式見解ではなくとも、個人的に支那政府高官から話を聞けば、たいていは「最低でも1万人」と答えるそうだ。英国政府はこの情報は信頼できると考えている。
 中共軍は、最初の発砲で生き残った広場の群衆に対し、立ち去れば許してやろうと約束し、じっさいには皆殺しにした。
 広場にいた全員を殺せという命令が、上から出されていたのである。
 死体は粉砕しなければならなかった。AFVで轢き、焼き、その上で放水とともに下水孔へ落とし込んだ。"
ーーーーーーーーーー
Bell Helicopter - V-280 Valor Tilt-Rotor Aircraft First Hover Flight [1080p]
https://www.youtube.com/watch?v=_A0ZfeqYIIE
2017年12月23日
※V-280がホバリングに成功。V-22とは異なりエンジンは固定でローター部分のみ上を向くが、可動部はぼかしが入っている。

13483229 journal
日記

suspend29の日記: Su-57 / 制海艦 / 拳銃

日記 by suspend29

Su-57に高優先順位を置けないロシア空軍の実情
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2017/12/su-57.html
2017年12月16日

Russia’s Su-57 Stealth Fighter Is Doomed to Fail
http://warisboring.com/russias-su-57-stealth-fighter-is-doomed-to-fail/
2017年12月11日
西側のアナリストは、ロシアのSu-57は2027年、つまり10年たっても運用を開始できないだろうと見ている。延期、コストオーバー、研究開発の問題。
2006年初頭、プーチンはロシアのすべての航空機メーカーを単一の会社、United Aircraft-building Corporation に統合した。当時UACは20社を吸収、これを戦闘機、軍用輸送機、民間機、部品の4部門に再編した。合理化の過程で国営企業の大部分が株式会社になったが、株式の少なくとも9割は政府が握っている。
統合された企業のほとんどは、ある程度の自立性があり、ミグもスホーイも取締役会を持っている。しかし、ほぼ例外なくこれらの取締役に発言権はない。UACは14名の取締役会の支配下にあり、そのメンバーのほとんどはプーチンのお仲間。熟練した管理者はほとんどいない。
UACは1980年代から1990年代初めに設計された既存機体を再度生産できることは証明したが、新しいものはダメ。なぜならUACの取締役の大半は難しい決断をする能力が欠けているから。
Su-57でのUACの重大な失敗は、戦闘機部門について、外国人投資家に対して門戸を開かないと早期に決定したこと。
ウクライナ侵攻後の経済制裁によってロシア経済が劇的に崩壊したことと相まってUACには柔軟性がなくなり、Su-57の実用化は不可能となった。いくら大きな人口を抱えていても、オーストラリア程度のGDPしかない国に超大国として振る舞う余裕はない。おまけにシリアでの長期戦の負担。独自のステルス機を開発する余裕などあるはずはない。
プロジェクトの最後の希望はインドの資金提供だが、プーチン政権が課した管理体制で、この協力も弱体化している。
ーーーーーーーーーー
The Big U.S. Military Projects That Never Made It
https://warisboring.com/the-big-u-s-military-projects-that-never-made-it-1cfcca8518c8
2017年01月28日
1970年代初頭、Elmo Zumwalt エルモ・ズムウォルトはソ連の長距離攻撃機と潜水艦からシーレーンを守る小型空母、制海艦 Sea Control Ship を推進した。
現代型の大型空母の増加ー最初のニミッツ級が数年後に運用予定だったーや、エセックス級の退役が迫っており、ズムウォルトは大型空母の能力を必要としない航空作戦に使う為の低コストのオプションを求めた。護衛艦は大西洋で勝利したが、制海艦ならNATOとワルシャワ条約機構との戦争に貢献できるかもしれない。
米海軍はヘリ空母USSグアムにハリアーを加え2年テストをおこなった。しかし最終的に海軍は船舶新造の費用、大型空母のリソースが奪われるリスクが大きすぎると判断し、アイデアを否定した。
最終的にタラワとワスプ級の大型揚陸艦が制海艦の役割を引き継ぐことになった。事実上米海軍は制海艦を取得したようなものだが、それらは揚陸艦と呼ばれ、海兵隊に幅広い任務を委任した。
米国は制海艦によって計画された任務を果たすために小型空母の構築を他国に頼っている。イギリス、スペイン、イタリア、日本の全通甲板船は、本質的に制海艦の役割を果たす。
ーーーーーーーーーー
The Air Force is doing some intense tests on the Army's brand-new sidearm
http://www.businessinsider.com/air-force-is-doing-some-intense-tests-on-the-armys-brand-new-sidearm-2017-12
2017年12月18日
米空軍は、米陸軍が新しく採用したM17モジュラーハンドガンシステムをパイロットの新しいサイドアームとして検討するために独自に発注、イジェクトシートに座らせた人形にM17を二丁下げて射出試験を行った。新しい拳銃が射出座席の乗員にとって安全かどうかを確認するために。
マーチンベイカーの射出座席は最大14Gでパイロットを射出する。
1月に、コネチカット州の警官が落下させた銃が暴発したとして訴訟、8月にはピストルのトリガーが惰性で押し下げられ意図しない発砲を引き起こすというビデオが2つ発表された。
テスト結果はまだ発表されていない。ただ、最終的にはパイロットはこれを身につけると思われる。暴発のリスクは、射出時にキャノピーに衝突するリスクよりは低いだろうから。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...