パスワードを忘れた? アカウント作成
12905767 journal
GNU is Not Unix

t-nissieの日記: 【電脳】GNU a2ps で Julia のコードをハイライト【ソースコードの印刷】

日記 by t-nissie

ソースコードを印刷する機会はあまりなくなってきている。
しかし、どうしても取れないバグを見つけたいときや
新しい言語を学びたいときはまだソースを印刷してぼんやり眺めたり
鉛筆で書き込みを入れながら流れを追うことがある。

で、Juliaのコードを印刷したくなって、a2ps用のスタイル
シートを書いた→highlighting Julia code with a2p(1)

    $ LANG=C a2ps --header='Printed by t-nissie' --media=a4 --prologue=color\
      --portrait --columns=1 --margin=3 --borders=off -f 11.0 --pretty-print=julia\
      -o RungeKutta.ps ~/.julia/v0.4/RungeKutta/src/RungeKutta.jl

などと使う。

で、ruby.sshはこうしないと、module名とかdefで定義される
関数の名前とかがハイライトされないような気がする。

--- a2ps-4.14/sheets/ruby.ssh    2007-12-29 10:35:15.000000000 +0900
+++ /usr/share/a2ps/sheets/ruby.ssh    2016-09-04 07:08:35.675506024 +0900
@@ -48,8 +48,8 @@
     /^=begin/           Comment_strong        /^=end/,
 
     # Some declarations
-    (/\\(def\\|class\\|module\\)/    # \1. the keyword
-     /\\([[:blank:]]+\\)/        # \2. blanks
+    (/(def|class|module)/    # \1. the keyword
+     /([[:blank:]]+)/        # \2. blanks
      \1 Keyword_strong, \2 Plain) (Label_strong  + Index1)
     closers are
       /$/ Plain,

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...