パスワードを忘れた? アカウント作成
13455732 journal
日記

taggaの日記: 関数と写像? 3

日記 by tagga

「関数 function」と「写像 mapping」の区別って、そんな……。

「関数」は歴史的にあれこれで使われてきて、 どうしようもないので「対応 correspondence」ってことになってるはず。 『岩波数学辞典』もそう。 ラルースの数学辞典だと、 「関数」は「写像」だけど、補足でそうでない用法も説明がある。

「関数」は「対応」の下位語で、 数についての写像として使われることが多いが、 各分野でいろいろな連想的意味を含めて使われる、 ぐらいしか言いようがないはず。

「対応」は、集合論的に書けば、 始集合E、終集合F、グラフ G(⊆E×F) があって、〈E, F, G〉という3つ組のこと。 これで多価関数も、 定義域と始集合が一致しないやつ (e.g.y=1/x, xR) も仲間。

「関数」はさらに、歴史的に、あれこれと混同されてきた。

  • 従属変数 -- 応用上は混同すると楽。
  • グラフの外延 -- いわゆるグラフのこと。
  • グラフの内包の (e.g. G = {(x,y)∈R 2| y = x 2})
    • 等式
    • 数式(値をもつもの、右辺) -- これも古くから。

用例拾いすると「関数」って雑に使われてて意味不明ってことになるかな。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...