パスワードを忘れた? アカウント作成
13890826 journal
日記

taggaの日記: 新アイヌ新法 1

日記 by tagga

アイヌ人が「先住民族」であることは明記。教育権や言語権についての条文はない。

旧アイヌ新法の条文はかなり残っている。補助金がらみの条文が増えている。

アイヌ文化にアイヌ語が含まれること前と同じ。 その他に言語がらみがない。 教育については、アイヌによるアイヌの教育がない。 他の日本人への教育はある。

「先住民族」明記は前進。先住民族の権利に関する宣言からすると、先が長い。

補助金がらみを批判する人もいるのだが、条文をざっと読んだかぎりでは、 むしろこれ中抜きの方が心配にならない? 国有林の入会地については、どうなんだろう。

  • by Anonymous Coward on 2019年04月20日 8時22分 (#3602580)

    いや日本政府の瑕疵はいろいろあるけど、テレビやラジオや商品経済が普及した時点で日本の中に存在する先住民族の文化が独自性を保つなんて無理だったんじゃないかと思うよ。
    欧米文化に劣らず、日本文化も魅力的で浸食的な文化であって、特に必要の為に日本語が普及した時点で相当非人道的な隔離政策でもしなけりゃアイヌ民族がアイヌ文化を独自の文化として保持したまま維持するというのは現実的ではないかと。
    人数的にも少ないかなり弱い文化だしねぇ。

    そもそも日本政府は日本の文化自体も海外からの影響から隔絶したりしようとせず混ざり変化するに任せたわけだし。
    それは後から見れば良し悪し議論の余地はあろうけど、当時から見れば「文明的な政策」だし、実際様々な面で見て成功と言ってもいい。
    アイヌ民族だけ文化的隔離を行うなんてことはむしろ「反文明的」と言っても過言ではないだろう。

    戦前の日本は他のあらゆる先進国もそうだがホイッグ史観的な価値観だし、戦後日本も若干の見直しがあったものの同様の価値観は残っている。
    昨今だと欧米でも人権や反差別のような価値観で進歩史観的な思想が復活してる。
    その中で明らかに遅れた文化をそのままにするという選択肢はなかっただろう。

    まぁそれでも独自の言語くらいは何とかして保つことはできたかもしれないし、するべきだったかもしれないが。
    でも言語を隔絶するというのは教育を隔絶する事で、教育を隔離するというのは偏差値で十やそこら低い教育環境に置くという事でもあるし。
    親としてはほとんどの場合納得ができないだろうし、親が納得できても子供としては後で不幸に思いかねない。
    他にもできる事はそれなりにあっただろうし、今でもできる事はした方が良いが、難しいだろうね。

    ここに返信
typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...