パスワードを忘れた? アカウント作成
12671417 journal
日記

takehoraの日記: 【募集完了】統計学を基礎から学ぶ! 中西塾 第二期生募集 7

日記 by takehora

成蹊大学名誉教授で、日本統計学会教育委員会委員、応用統計学会理事の中西寛子先生を講師としてお招きして、社会人を対象に統計学を学ぶ「中西塾」を主催しております。
今回、その第二期生を募集いたします。

募集人数: 4名(全12名を予定。8名が既に決定。)

日時: 三週毎の土曜日午前10時~午後1時(3時間)

期間: 2016年4月~2017年3月

参加費: 1回あたり会場費として1,000円

会場: 東京駅八重洲口から徒歩5分の貸し会議室を予定

教科書: Barron's AP Statistics 2016(2016年2月発売予定)

米国の高校生が、高校の間に勉強して試験に合格しておくと、大学に入った後に単位が貰えるAdvanced Placementという制度に基づいた、統計学の試験のための教科書です。
当然ながら、英語のテキストになります。

講義形式:
受講者で担当を決めて講義。先生に指導やコメントを貰う。
従来の「教えて頂く」座学形式の学習ではなく、受講者の間でペアを組んで、受講者が予習しておいて講義資料を作成し、受講者が講義を行います。第一期では、学習効果が高いと、受講者内で評判が良かったです。

応募資格:
・社会人であれば、年齢・経験を問いません。
・必ずやり遂げるという、コミットメントを持って参加頂ける方
3週間に1回のペースで開催するので、時間の都合をつけるのは大変だと思います。テキストが英語ですし、かなりハードです。1回休むと、きっとわけがわからなくなります。また、自分が講義担当の日については、絶対に欠席できないです。
・「数学はよく分かりません!」という方でも結構です。大事なのはやる気です。今回は、中・高校の先生が統計学の学習指導について学ぶために参加されるので、中・高校時代の数学を学び直すチャンスも得られると思います。
・「統計学は知ってる」と思わない事
統計学の基礎知識を、持っていても持っていなくても、参加は可能です。
しかし、「統計学は知ってる」と思って参加されると、如何に知らないかを痛感することになります。
謙虚な姿勢で勉強会に臨んで頂けることが条件です。
質問は大歓迎ですが、「私の知ってる統計学とは違う」みたいな発言で、先生に食って掛かるのはご遠慮ください。

この塾の魅力:
この英語のテキストを使う理由は、非常に分かりやすいのと、日本語の統計学の書籍とは違う視点での解説で、違う考え方で統計学を捉えられる利点があるからです。英語ですが、理路整然としており、とても分かりやすいです。
また、中西先生の博学多識な、統計家としての実務で蓄えてきたノウハウや裏話、統計家としての考え方・在り方を学べる、他の統計学の講座や勉強会では、まず得られないであろう貴重な場です。

中西先生は気さくなオープンマインドな性格でいらっしゃるので、きっと先生自身にも魅了されると思います。

第一期生が、一年後に全く違うデータの見方・分析の仕方の視野を得られたように、第二期生の皆さんも、きっと全く違う世界を見ることができると思います。

第二期は、第一期生がオブザーバーとして参加します。

興味のある方、参加されたい方は、ここにレスを付けて頂くか、うちの会社(http://spelldata.co.jp)の問い合わせからご連絡下さい。定員に達し次第、募集は終了とさせて頂きます。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...