パスワードを忘れた? アカウント作成

tlabさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

14970320 journal
日記

tlabの日記: ノイズ取り 2

日記 by tlab

47AMPにノイズが出る。98MHzの10mVで発振しており、STM32の動作周波数が原因かと思って絶望していた。STM32が原因だと対処が無理っぽいからだ。
取り敢えず電源ラインにノイズ取りMLCCをいっぱい設置。90MHzあたりでインピーダンスが最低となる4.7nFを各所に。10uFは25V耐圧品しか手持ちがないため、2個直列にして電源ラインの電解コンにパラで設置。図面上は50V4.7uFとしておいた。
でもノイズは変らず。出力のリレーを切替するとノイズが発生し、最終的にはリレーに電源を供給している78M05が発振していることが判明し、置換したら98MHzのノイズは無くなった。が、可聴域のノイズは依然として存在している。
2604ではノイズが発生せずMUSES01で発生するということは、条件が悪いといことだろう。ボリーム部でゲインを上げて、増幅部ではゲインを抑えてみようというのが仇になったのかもしれない。
現状出力部のフィードバック抵抗を10k&10k(2倍)にしていたのを、実績有りの10k&4.7k(3.3倍)に変更したところ発振は収まった。電源ラインのMLCC増強は無駄だったが、敢えて取り除く必要はないのでそのままにしておく。

MLCC増強で半田付けついでに電源監視もしようかと思い、電源を分圧してADCに接続した。電源OFFでポンというノイズが発生するので電源OFFを検出して出力リレーをOFFしようかと。20Vまで下るのに30msほどあるため十分に検出可能な時間。20Vまで下ったらリレーをOFFすることにしてみる。電源ONのポップノイズは1secでは足りない様で、3秒にしておいた。これでもリレーON時にDCオフセットが発生しているのでもっと長い必要があるかもしれない。長くしても駄目なら出力コンを検討しようかな。

14968208 journal
日記

tlabの日記: 暖房ベスト

日記 by tlab

これから寒くなるので両親に暖房ベストを購入。

年老いた親が使うものなので安心なものが必要。中華ブランドは端から除外。洗えるしということでマキタとした。というか個人的にマキタファンだからマキタ一択ではあった感は否めない(Mr.Bigからのファン。CD購入するとドリルが当るとか有ったね。)

楽天で暖房ベスト、バッテリアダプタ、急速充電器、Amazonから18V3Ahのバッテリを購入。3Ahならば昼休憩中に充電することで厳寒期でも十分だろう。
もちろん全てMakita純正で安全を担保している。

2着分トータルで6万5千円と安い買い物ではない。でも、快適に農作業ができるのであれば、良い買い物だったということで十分である。

本日全部が到着した様子で充電して着てみたという電話があった。喜んでもらえたようで取り敢えず良かったです。

14967283 journal
日記

tlabの日記: クレジットカードが勝手に更新された 2

日記 by tlab

銀行系のクレジットカードが届いた。もともと有効期限が2024年まであるカードだったし更新の依頼もしてない。そもそも使っていないし、不正利用の請求もなかった。
新規のカードは番号も同じ。違いと言えば有効期限が2027年まで延長されていることと、セキュリティーコードの3桁が更新されたくらいで、普通の期限が来たときの更新とおなじ。
流行のカード番号がエンボス加工されてない(フラット)わけでもなかった。

自分が知らないだけで不正されていたんだろうか。意味がわからん。

14965378 journal
日記

tlabの日記: 暖房ベスト

日記 by tlab

これから寒くなるので両親の畑仕事のために暖房ベストを購入しようかと。
親へのプレゼントとなるのでマキタ純正品が良い。中華品で怪我したらと思うと日本ブラド意外の選択肢はない。

ベストとバッテリホルダ、充電器は楽天で純正品を、バッテリはアマゾンで純正品を購入した。バッテリはアマゾンの方が単価2000円安く、分納になるがこちらを選択。

ファンジャケットも暖房ベストも使ったことはないが、ファンジャケットは良かったとのこと。暖房ベストも良いことを祈る。

14963233 journal
日記

tlabの日記: アンプASSY完了

日記 by tlab

ケースと基板のASSY完了
見た目はOLEDとノブだけとシンプルになる。現状デバッグ情報なんかも表示してるのでうるさいが、音量は変更したときだけで通常は出力先のアイコンだけにする予定。

デバッグを進めるために、オペアンプはOPA2604に変更。LM358では何が問題なのかが分らなくなるかもということで。

MUSES72320とオペアンプが+31.5dBまで対応してるので、当初は電力増幅段の47AMP部を1倍か2倍にして、入力部でゲインを稼ごうかと思っていた。でも、入力部で+8dBも増幅するとノイズがバカにできない程度になったため、3dBに留めることにした。3dBならば曲間の無音部でも気になるレベルではない。

ロータリーエンコーダの回転とAtt出力はリニアで同期させてるが、-115dBまで対応してるとなると非線形にした方が良さげ。エンコーダが1回転20ステップのため、Cカーブ的な方が便利というか直感的なんじゃないかと思った。

週末で色々改良しようと思う。

14962113 journal
日記

tlabの日記: アンプから音が出た

日記 by tlab

本日MUSES72320を接続してデバッグを開始した。OPAMPなら安いLM358でデバッグすれば良いけどこいつは高いし入手が面倒なので緊張した。結果的には昨日の配線チェックは正しく正常に動作してくれた。
次はOPAMPを付けて出力できるか、増幅できるか、という所になる。が前述の通り壊しても問題無い味方が居るのでサクッと実験する。ここでも大丈夫だった。

イヤホンを接続して聞いてみるとノイズも特に無い。ただ、ロータリーエンコーダの1クリックで4パルス出るのでボリュームが大きいところでクリックノイズが顕著になる。ソフトで対応が必要そう。あと、MUSES72320+オペアンプで+31.5dBにできるので、増幅部はあえて1倍にしてみた。やっぱり2倍くらいに変更しても良いかもしれない。

主な仕様は
MUSES01による47AMP
MUSES72320+MUSES8920による電子ボリューム
電源は24V単電源を使用してレールスプリッタで仮想GND
出力は3.5mmジャックと6.35mmジャック用への切替式
制御はSTM32F401でOLEDによるグラフィック表示。ボリューム、FFT、VU、など
PC電源ONでUSB電源がONになり、アンプが起動する

ここおかしいだろうという所があったら指摘してもらえると幸いです。
(レールスプリッタ使用してるのは、というのは指摘しないでください。お願いします。)

増幅できた! 黄色が入力、緑が出力。
基板
回路図_電源部
回路図_CUP部
回路図_MUSES72320部
回路図_47AMP部

14958512 journal
日記

tlabの日記: 電解コン爆発 9

日記 by tlab

配線間違いを直してアンプ用の電源回路が完成した。GNDと+24Vから-12,仮想GND,+12V、GNDと+5V、GNDから5V。

異常な発熱も無く大丈夫かなと思い、第一ステップであるMPU->MUSES72320のI/Fをデバッグすることにした。TLP627の立ち上がり立ち下がり速度はSTM32F401のSPIの速度に対応出来ないようなので速度調整が必要なのは分かっていた。

デバッグを始めて直ぐに仮想GNDと+24の電解コンが爆発した。繊維質な内臓が基板と机回りを汚したので基板の洗浄して一日乾かした。

電解コンが不良だったのかなと思い、交換したらきちんと動作する。それでデバッグに入ったら、また爆発した。

これは電解コンの不良ではないので原因追求した。オシロのグランド側が影響しているのかと思いきや、ST-LINKとの複合で発生することがわかった。
オシロを仮想GNDとI/Fの信号線に接続して、ST-Linkを接続すると仮想GNDと+12V間が24V近くまでになる。16V耐圧を使用してるので爆発もするわなと。

電源からの出力はグランドから浮いているのでオシロだけではこのようにならない。電源とST-Linkでもならない。オシロとST-Linkを接続すると、ST-LinkのGNDがオシロの仮想GNDに接続したGNDが同レベルとなり、-12Vと仮想GNDがショート状態になり仮想GNDと+12が24Vとなったため16V耐圧の電解コンが爆発したようす。

その道の人には常識なんだろうな。

MUSES72320とのI/Fデバッグが終ったら、ST-LINKとオシロ接続はほぼ無いはずだが、対策しておかないとまずい気がする。50V耐圧に変更するというやっつけ対策もあるが、どうしたもんかな。

14947975 journal
日記

tlabの日記: アンプ作成の進捗

日記 by tlab

電解コンが届くまでソフトの開発をしてる。
コントローラはSTM32F401。
MUSES72320のコントロールはH/WのSPIでいけた。簡単で良い。
STM32F401のADCは1chだけで、STM32F103をでFFTしていた時のADC手法は使えない。ADC 1chで複数ピンからのAD変換をするには、一々ADCを読みに行くのではなくDMA転送でメモリにセットしてもらうらしい。ADC変換サイクルをFFT向けの周期に合せておけばメモリに勝手にセットされているので簡単ですな。試してみるとコードは簡単になった。周期は微妙に合わないのだが表示だけだし気にしないことにする。
これまでデバッグはWaveGeneをを使用していたが、0dBの電圧を発生させれば良いだけなのでシグナルジェネレータを使用することにした。ピー音が無くて非常によろしい。
FFTのレベルについて再考してあとVUメータ表示に取り掛かる予定。

14505349 journal
日記

tlabの日記: 葬式 1

日記 by tlab

今日、ばーちゃんが逝った。直接死因は急性腎盂腎炎とのことらしい。最期は苦しまずに逝ったとのこと。享年93歳。

実家は東北の田舎で、葬式は集落で行なうのが慣例。であるが、時期が時期であるため遠くに居る親戚すら呼ばない家族葬で行うとのこと。東京に住むばーちゃんの娘、息子は参加できないことになる。村社会、コロナでも発生したらそれこそ村八分になりかねない。

勿論自分も行けない。というか2週間の隔離があるので間に合わない。そもそも成田から公共交通機関無しで実家迄というのも現実的ではない。コロナ禍故の事態だと思う。

これが親だったとしたら結構キツい。

14320784 journal
日記

tlabの日記: 電子ボリューム設計開始 6

日記 by tlab

サンハヤトのSSOT-DIP変換基板が届いたので部品配置を検討することにする。
基板は90x100の試作基板スルーホール
KiCadで図面を引いて部品をアサインして配置となるわけだけど、このパズルは本当に難しい。皆さんは本当にどうやって配置してるんだろうと思う。

正負電源は現行アンプを踏襲してTLE2426でレールスプリッタで行う。今回はCPUが必要になりSTM32F401を使用してOLEDなんかも使用するのだが、仮想グランドで駆動するとTLE2426の容量オーバすることに気づいた。

センタータップ付きのトランス、DCDCコンを使用するのが定石なのだろうがフットプリントが大きくなる。使用するケースは変更したくない。実質問題になるのはボリューム制御に使用する3線制御部分だけなので、ここをフォトカプラで絶縁することにした。MUSES72320のロジック電源なんかはたかが知れてるわけでTLE2426でも大丈夫だろう。CPU向けは0-24Vの電源から取る。MUSES72320から見ると-12Vと-7Vとなる。

ただでさえ狭いと思った基板範囲にDIP4pin x3が追加されて悩ましいところ。

この回路が成功したら専用基板を起してSMT品で実装してみたいと思う。STM32とMUSESが大部分をつかってるので十分可能だと思う。

typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...