パスワードを忘れた? アカウント作成
6988648 journal
宇宙

tmiuraの日記: しぶんぎ群を見た

日記 by tmiura

毎年恒例、お正月休みの最後を飾るしぶんぎ座流星群を今年も見た。

22時頃空を見ると一面曇っていて暗澹となったが、24時前に再び見ると天頂を中心に晴れ間が見えたので、外へ出てみた。 いつもの観望場所である近所の遊水池兼野球のグラウンドへ到着する頃には雲量2ぐらいまで晴れてきて、見ている間にどんどん雲が消えていった。

但し、このときは全くの鳴かず飛ばずで、24:15から30分ほど見上げて1個明るいのが流れただけだった。そこで、一旦撤収。

輻射点高度が少し上がる26:00頃を狙って再挑戦。このときも最初のうち鳴かず飛ばずで参ったが、27時を回る頃から活動が活発になったので1時間予定の所30分ほど延長し、結局26:12から95分ほど見上げて14個の収穫となった。まあ、平年並みだ。

例年はそうでもないのだが、半月があんなに邪魔っけに感じたのはちょっと珍しかった。晴れてはいたものの、これもいつものことで、うっすら霞がかかってきたため月明かりの光芒が目に入りやすかったせいかもしれない。

ま、そんなこんなで、派手ではなかったものの、今年も年初に縁起物が見れて嬉しかった。

そういえば、今年のしぶんぎは国立天文台が報告フォームを作ってないな。 大出現はもともと期待されてなかったってことか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...