パスワードを忘れた? アカウント作成

torlyさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 今週も投票をしましたか?

13820843 journal
Chrome

torlyの日記: 寝むア血繊維

日記 by torly

ユダヤ教文化圏における死とその過程
 1998年の記事。内容はないよう…

Chrome 57、バックグラウンドタブの使用量をCPUコアの1%以下に制限するってよ
 そうだね、2017年だね

低反射率の翅で見えなくなるチョウ
 KIT、ドイツなのにeduなんだ…(前も言った気がする)
 Greta otoというチョウは中南米に生息し、大部分が透明な翅をもつ。やや不規則な微小構造により、角度に依存するものの鏡面反射が2~5%に抑えられる。

13819876 journal
医療

torlyの日記: ううむ眠気繊維

日記 by torly
13819066 journal
医療

torlyの日記: 無為な外出を余儀なくされ繊維

日記 by torly
13818590 journal
アメリカ合衆国

torlyの日記: 眠気に繊維

日記 by torly

#パストラルケア話に早くも飽きてきた(内容がない率が高いよう…)

パストラルケアのパートナー
 1990年の記事。看護師とチャプレンが協働した方がホリスティックケアの質が上がるという仮説を30床のナーシングユニットでの6カ月のパイロットスタディで検証。実験の一部として、患者の氏名に加えて宗教、教会も書き留められるインデックスカードの使用が含まれる。さらにカードには次の2つの質問が含まれる。患者に対しては教会への通知の希望の有無について、一方看護師側にはパストラルケアにより患者が受ける恩恵の有無について。毎日担当チャプレンに病棟クラークがカードを渡し、チャプレンはカードを見て看護師が恩恵ありと判断した患者と面会する。看護師とチャプレンはケアにおける互いの相補的役割に敬意を抱き、理解を示すようになった。またそれにより、患者へのアプローチもより有効になった。入院クラークにも患者に教会への通知とサクラメント(カトリックの場合)を希望するか質問する役割がある。そうすれば看護師の作業が実質1つになる。

大半の人は培養肉に乗り気
 合衆国代表というには700人弱というのはいささか少なくないかしら

13814735 journal
Android

torlyの日記: 寝たけど眠い繊維

日記 by torly

医療改革はチャプレン専門職にどう影響し、部門長はどう反応したか
 2000年の記事。部門長の無作為標本370人によれば、45%が予算関連の影響を受けず、27%が予算削減のしわ寄せを受け、17%が部門の増強を体験した。しわ寄せの影響として最も挙げられるのがチャプレンのポジションの削減だった。

iPhone + Android = ?
 Androidデバイスの組み込まれたiPhoneケースという謎プロジェクト、EyeがKickstarterで資金を募集していた。なんかいまいちごついな…

13814264 journal
オーストラリア

torlyの日記: nemuisenni

日記 by torly

#一瞬500が出たぞ

Economic rationalismと病院チャプレンのコスト効率: オーストラリアにおける研究
 2000年の記事。economic rationalismはオーストラリアの経済政策用語らしい。

BAE Systems、死にゆく妻を看取ろうとした暗号学者を解雇
 末期がんの妻のため夜間と週末は在宅で働きたいと申請すると、上司は快諾したが人事はクビに。たった4時間の勤務だった。弁護士は性差別(家族のケアの役割を回避するステロタイプ的な男性のとしての役割を実質的に強要されている)として訴える作戦らしいが、専門職で在宅もするのに駄目なんか…というところの方がかなり引く。

10年以上ぶりの狂犬病
 2014年にフランスで2003年以来初のヒトの狂犬病患者が出た。患者は57歳男性、マリから帰国したばかりで、38度近い熱のために病院を受診。多汗、心拍数低下(毎分40以下)、全身の痛みといった症状を呈していた。しかし、ICUに入ってから2日で過活動・失見当識・迫害による差し迫った死の妄想を伴った譫妄状態と、嗜眠傾向の状態、そして病識ある平静状態の間を行ったり来たりするようになった。動物に噛まれたことに気付いておらず、輸入された狂犬病の可能性が示唆されたのはICUに入れられてから12日後だった。患者は入院19日目に死亡した。
 たび重なる検査と診断の遅れのため、158人の医療関係者が暴露した可能性があった。うち52人が実際に感染リスクがあったとされ、ワクチン接種を受けた。また、唾液と密に接触した2人が免疫グロブリンを投与された。
 気道の分泌物に感染力がある懸念があったが、ウイルスは検出されたもののマウスを使った増殖はできなかった。唾液に含まれる病原体が混じったものと推測されている。

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...