パスワードを忘れた? アカウント作成
13642653 journal
医療

torlyの日記: 暑繊維

日記 by torly
児童の性的虐待を評価する: ラボでの分析
 昨日の続き。
 虐待歴に応じて、検査員は性感染症の検査の有無を決める。被虐待児のおよそ5%が感染症をうつされる。児童の年齢、性的接触の種類、地域の有病率、本人の希望などが検査の有無や時期、部位に関して考慮される。一律検査が理想ではあるが、思春期前の患者に関しては狭い条件が用いられがちである。予防的治療の前に検査を行う方が、検査なしの予防より望ましい。法的証拠としての含みがあるのみならず、治療の方針を明らかにするため、特に児童や加害者と他に性的関係を持った者がいる場合に有用であるため。また、初潮を迎えた児童に対しては妊娠検査も考慮されるべきである。緊急避妊薬を含むあらゆる投薬の前に、妊娠の兆候の有無を確認すべきである。
 ヒトパピローマウイルスの長い潜伏期間を考慮すると、数週間から数カ月後のフォローアップがあることが望ましい。加えて、患者と家族には病変が遅れて現れることを教えるべきである。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...