パスワードを忘れた? アカウント作成
13810614 journal
医療

torlyの日記: nemukenosenni 1

日記 by torly
一神教と女性のリプロダクティブヘルス
 2000年の記事。ユダヤ教は生殖細胞が妻と夫由来である限りどんな生殖補助技術も許容し、医療適用の避妊もラビ法廷の判決で支持されている一方、純粋に環境的な理由によるバースコントロールは不可としている。人工中絶は母体の生命に関わる場合のみ可とされる。キリスト教は宗派により異なり、バチカンは生殖補助技術を許容しないがプロテスタント・聖公会などでは可とされる。カトリック教会によれば婚姻の最大の目的は子作りであり、避妊は重い罪とされる。また、胎児を受精の瞬間から人とみなすために、人工中絶は厳しく禁じられる。イスラム教では生殖補助と胚移植は許容されるが、妻と夫の間のみで行われなければならない。避妊と人工中絶は特定の条件下でのみ許容される。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年01月09日 13時50分 (#3545548)

    オナン [wikipedia.org]さんなんか、神自らの手で処刑されてる。
    それだけではまだ足りず、後世まで不名誉に名前が残っている。ボイコットさんとかリンチさんとか、まだましと思うくらい。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...