パスワードを忘れた? アカウント作成
13894032 journal
お金

torlyの日記: 雨繊維

日記 by torly

YOUはどうして非営利を? 病院と米国の医療の将来
 1992年の記事。まず営利団体との競争があり、その後免税の問題が来た。背景にあるのは医療セクターの商業主義化、根強い無保険者問題と免税の一貫した根拠の欠如。連邦レベルでは許されても、地元自治体との摩擦は続きそう。

まかり通るコミュニティベネフィット。病院免税法に抜本的改革は必要か?
 1992年の記事。上でもほのめかされた(?)非営利病院の免税条件に関わる法変更のお話。コミュニティベネフィットから貧困対策寄りの基準が提案されているという(※1992年のお話です)。一方で、任意寄付制病院における未償還医療費の割合は81年の7割から89年の75%に変化している。貧困対策基準では、コミュニティベネフィットが病院やコミュニティにより大きく異なるという性質を考慮に入れていないという点で問題を抱えている。

改定か現状維持か。免税基準の改革を多くの視点から見る
 1992年の記事。また同じ話題。現在(※92年)のコミュニティbr根フィット基準では、無差別にMedicardなどの公的プログラムでカバーされている人を治療し、また救急部門に運ばれた人を支払い能力の如何を問わず治療するが、90年のGAOのレポートはより慈善事業よりの免税基準を設けるべきであると示唆した。これを踏まえて2人の民主党議員がH.R. 790とH.R. 1374を提出。790ではオープンドアポリシーと該当患者の数が、1374ではIRSのコミュニティベネフィットの解釈を成文化し、慈善事業ケアとしての要求水準に加えている。

慈善的貢献を測定する: 非営利病院の免税地位に対する含意
 1993年の記事。一部の非営利病院が自分たちの税制上の特権を守るべく慈善事業としての貢献度を測る試みに85年から取り組んでいる。著者は562のカトリック系病院のサンプルを用い、そうした尺度には複数の異なる手法があり、それぞれにメリットとデメリットがあると示そうとしている。サンプル間のばらつきは病院のシステムよりは利用者コミュニティの性質によるものらしい。実質的にあらゆる非営利病院に免税の正当性を問う場合において議員らは正しく、病院の経営者はMedicareとMedicaidの非払い戻し文を吸収すれば正当化可能だという。

幼児の脳の発達と読書に相関あり
 早くからの読み聞かせに読書能力を伸ばす神経学的な意義があるという初の発見。

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...