パスワードを忘れた? アカウント作成
13715666 journal
日記

uruyaの日記: グンマー国登山ツーリング その5

日記 by uruya

0449 宿泊先
本日は満を持して尾瀬へ突入。
やっぱり天気いまいちで路面ウエットだが、とりあえずは降っていない。

0521 おにぎり弁当
0542 鳩待峠駐車場
尾瀬の玄関、鳩待峠。この時期マイカー規制は週末だけで、朝5時のゲートオープン以降なら車でアクセスできる。ただし駐車台数に限りがあるので4輪はおとなしくシャトルバスを使うのがよろしいかと。
駐車料金2輪は500円、4輪は1500円だったかな。
雨模様なのでツーリングバッグにカバーをかけ、ホルダーにかけたヘルメットはゴミ袋でくるむ。バス待合の屋根を借りて宿弁当の朝食。昨日の昼食とおなじもの。うまい。

0544 至仏山登山口
0544 尾瀬登山口
ここから100名山・至仏山の登山口と尾瀬ヶ原の登山口が並んでいる。
今日は尾瀬へ。

0605 しばらく森を下る
尾瀬は湿原なので周辺の方が標高が高い。しばらく森の中を下っていく。

0622 川を渡ると
0622 山の鼻が近い
0625 山の鼻ビジターセンター
湿原の入口、山の鼻。立派な小屋がいくつも建っている。
小屋の充実ぶりは、尾瀬特有かなあ。こんなに小屋がたくさんある場所って、ほかにないのじゃないか。富士山だって合目ごとだし。見晴の小屋群なんて、ちょっとしたホテル街だった。
登山口でポツポツだった雨はやみ、もう降りそうにない。ここでレインウェア撤収。

0637 尾瀬らしい景色
0637 尾瀬らしい景色
山の鼻をすぎると、これが尾瀬ですよ、という景色が広がっている。
以下、語彙力のとぼしいキャプションで写真羅列。

0644 尾瀬の植物
0644 尾瀬の植物
0645 尾瀬の植物
0647 池沼
0647 池沼
0648 池沼
0649 尾瀬の植物
0650 沼の底
0651 池沼
0656 逆さ燧
燧ヶ岳が逆さに写るという池。直前まで無風だったのだが、さざなみが立っちゃった。

0659
0659
0703 尾瀬の植物
0706 牛首分岐
最初の分岐。体力と相談してここで折り返すのもありかと。

0713 尾瀬の植物
0713 尾瀬の植物
0714 尾瀬の植物
0714 尾瀬の植物
0717
0717
0717 燧ヶ岳に続く木道
0722 イトトンボ
都市部ではあまり見ない種類のトンボ。
日光から新潟まで、トンボはとにかくたくさん飛んでたな。もうトンボが体当たりしてくる季節か…夏のカナブンがビシャッとなるのも嫌だけど、秋にトンボがクシュッとなるのも嫌。具が少ないぶんカナブンよりマシか。

0733 竜宮十字路
0743 竜宮小屋
0753 少し景色が変わる
竜宮小屋を過ぎると福島県に入る。川にそって林が形成されていて、結界のようだ。「拠水林」というらしい。

0753 燧ヶ岳のふもとへ
0800 弥四郎小屋
0801 山小屋群
見晴の山小屋群。スナックがありそう笑

0807 尾瀬の植物
0808 尾瀬の植物
0808 尾瀬の植物
0809 尾瀬の植物
0809 尾瀬の植物
0809 尾瀬の植物
0810 尾瀬の植物
0816 尾瀬の植物
福島県側は少し植生が変わっている気がするな。イネ科が多め?

0813 赤田代分岐
0820
0821
0826 東電小屋
尾瀬は東電が管理に深くかかわっている。むかし「でんこ」が尾瀬がらみのCMをやっていた記憶がないでもない。が、さだかではない。

0844 ヨッピ吊橋
0845 ヨッピ吊橋から
0845 ヨッピ吊橋から
0848 工事中
0850 工事資材
木道修復中。おつかれさまです。資材はヘリ輸送みたいだ。作業員はそれこそ東電小屋泊まりだろうか。まさか通勤はしていまい。ヘリ通勤だったりして。

0917 牛首分岐へ合流
工事している位置で雨が降り始め、合流するころには本降りに。ふたたびレインウェアを着込む。
簡易なポンチョタイプのペラカッパを着てたり、中には傘をさして歩いている人もいた。そりゃガチの装備はいらないけどさ、もう少し準備したほうが…

0948 まいたけ弁当
山の鼻の無料休憩所に飛び込んで、かなり早めの昼食。宿昼食のまいたけ弁当。
ボリュームたっぷり炭水化物おこわ弁当。補給にはぴったりだが、味がちょっと甘ったるかったな。
メシを食っているあいだに雨がやんだ。ふたたびたびたびレインウェア撤収。

1057 下山
いやいやいや、最後に登りがあるのつらいわ 笑
20km歩いて、最後の最後に200メートルの登りか 笑
下山と同時に強めの雨。30分ほど休憩所で待っていると小降りになったので出発。下るとともに雨はやんだ。
なんだろうな、タイミング的にはついてるんだろうな。

1241 トマトジュース
時間的にかなり早いので、コンビニ買出しもかねて片品の道の駅に寄る。
トマトジュースがうまそうだったので購入。予想通り、すごくうまかった。運動後の体に染み渡る。

1307 フルバンク停車
ぎゃー!やった!
宿を探しているうち、通り過ぎたことに気づいてUターンしようとして「あ、切り返さないと曲がりきれない」と思った瞬間フロント握っちゃった。うわーい下手くそ。やーいやーい。
とりあえず荷物をはずして、サイド立てて、さあ起こそうか、というところで記念撮影。
ほぼタチゴケだったんで、マフラーに多少傷が入っただけですみました。
軽く足首をはさんだけど、ミドルカットのトレッキングシューズなので何の問題もなし。装備って大事。

1326 宿泊部屋
ということで、宿に入って夕食。リンクはしない。
http://f.hatena.ne.jp/uruya/20180816152017
いや、そりゃ普通やっちゃだめですよ。でもさ、ここログコテージってことで予約したのよね。行ってみたら「この部屋です」って言うもんだからさ。
山でカップラ食うつもりでガスストーブ持ってきてて、でも登山弁当にしちゃったもんだから、じゃあコテージでやろうと思ってコンビニで冷凍アルミ鍋買ってきたのよね。
自炊宿、もしくは部屋食で固形燃料鍋と思えばギリで。

GPSトラック
標高グラフ
沿面距離 19.578km
累積標高 321m
所要時間 05:12:04
行動時間 04:26:51

7日め
交通費 500
宿泊費 4000
酒代 2490
飲物等 300

合計費用 \7,290-

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...