パスワードを忘れた? アカウント作成
13764086 journal
日記

uruyaの日記: 道東周遊大名(当社比)旅行 その3

日記 by uruya

0525 藻琴山登山道入口
0528 藻琴山登山口
3時起床、4時に宿を出発。たぶん今年最後の山行。このために札幌から延々スーツケースを引っ張ってきた。美幌駅にコインロッカーがないのが判明したときは血の気が引いたね。観光案内所で預かってもらっちゃった。その節はありがとうございます。美幌ってそこそこ大きな駅だと思っていたのは、相生線がまだある当時の記憶がうっすら残っていたからかも。
5時に駐車場に着いた時点ではまだ薄暗かったので、20分ほど明るくなるのを待ってから出発。自分以外に誰もいない。

0559 屏風岩
0559 屏風岩
この山は登山口からすでに笹原、灌木様のカンバ、ハイマツと、森林限界の植生。標高差が小さい低山で、初心者向けながら 絶 景 である。ローリスクハイリターン。晩秋最後の山を楽しむには最適だろう。
30分ほどで屏風岩というスポットに出る。ちょっとしか登ってないけど、ここまで来るとそろそろ山頂。

0609 山頂直下の広場
小ピークを3度くらい越して最後のコルが山頂直下。景色もよく、ここでメシ食ってくださいね、と言わんばかりの広場。しかしまあ、この山はとことんサービスがよい。楽だし絶景だし休憩まで取れる。

0611 山頂・雄阿寒岳
0611 眼下の屈斜路湖
0611 摩周湖方面・カムイヌプリ
0612 斜里岳・知床半島
0612 美幌方面
どうですかこの景色!もやってるけどね。真下に屈斜路湖、東方から南方に阿寒・摩周の山々、西には斜里岳。初心者でも1時間くらいで登れるだろうし、天気のいい日に素人を連れてきたらいっぺんにはまると思うね。
宿を出る前に半分食って最後まで残った肉まんを、ここで完全消費。いやあ、凶悪な重量の肉まんだった…宿でもらった弁当どうすんべ…

0659 下山
下り25分くらいだったかな。まだ自分以外は誰もいない。いやあ、心細かった…クマ怖い…もう下りたからいいけど。
なお、この地点でも絶景。

0817 西女満別駅ふたたび
女満別空港でレンタカーを返却。空港までの送迎つきなのだが「いや、歩いていくからいいです」と断って、歩いてきた。空港じゃなくて西女満別駅へな。

0907 網走駅
JR石北本線 遠軽発網走行 普通 0840西女満別→網走0904
網走駅まで移動。行ったり来たりで移動効率が悪いが、いたしかたない。多少時間があるのでお土産など購入。スーツケースを宅配便で自宅まで送付。

1340 釧路駅
JR釧網本線・根室本線 網走発釧路行 快速しれとこ摩周号 1024網走→釧路1333
1日に上り下り1本ずつしかない、しれとこ摩周号に乗車。2両編成になってたので、あれっ?と思ったが、試験的に1両が指定席になっているらしい。
動き出すなり爆睡。はっきり目が覚めたのが塘路あたり。寝ている間に着いている、それがJR~

1342 レンタカー調達
ホテルが写っているが、ここに泊まるわけではない。レンタカー屋がホテルに間借りしているのだった。
今朝女満別でレンタカーを返したばかりだが、もう一度調達。たぶん乗り捨て料金より安い。軽しか押さえられなかったのが痛いけども。軽は久しぶりに乗ったけど、びっくりするほど加速しない。

1500 宿泊先
1512 宿泊部屋・1
1512 宿泊部屋・2
1513 山側眺望悪し
本日の宿は阿寒湖温泉でございます。前日に続き中級グレード、1泊2食25Kクラス。山側朝食のみで14K。やはり山側は眺望悪い。低層階なので余計に。部屋はシングル和洋室でかなり広いですな。眺望に目をつぶればいい部屋だと思います。景色を望むなら湖側の部屋に泊まれって話かと。湖側にシングルがあるのかは知らないが。
車はキーを渡すとスタッフが離れた場所の駐車場まで移動します。つまりチェックイン後に車を使おうとすると、少し面倒かと。駐車料金400円。
なお帰りは駐車場までシャトルバスで送迎されますが、たいして離れてもいないので、場所さえ知っていれば歩いて行ったほうが早いかも。

1531 ウェルカムじゃがバター
館内探索ついでにウェルカムじゃがバターを賞味。これはいいサービスですな。遅い時間だとなくなっているみたい。

1720 夕食・前日宿の朝食弁当
温泉大浴場でひと風呂浴びた後、夕食。宿の朝食がわりにもらった弁当。
これ、うまかった。仕出しだとは思うんだが、ビュッフェ食材を使った自家製の可能性も微粒子レベルで存在。
メシの友には福司の純米でございます。これもうまかった。

3日め
交通費 1306+4860
宿泊費 (14290-2400)
酒代 1577+160
その他 1477

合計費用 \21,270-

typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...