パスワードを忘れた? アカウント作成
13912564 journal
日記

uruyaの日記: 小笠原トレッキング その6 2

日記 by uruya

0646 ははじま丸
0700 クレーン積載
島内3日目。母島行きのフェリーが出る日なので、母島最高峰の乳房山に登る予定。
チケットを購入し乗船開始を待っていると、ははじま丸へ車を積載していたのだが、積載方法がすごかった。クレーンで釣って載せるのね。この方式ははじめて見た。

0739 出港
0914 母島
0943 沖港
前日午後から降りはじめた雨は、夜半にかけて暴風雨に変わっていた。夜明けとともに雨はやみ風も徐々におだやかになったが、波の高さは地元民が「今日は欠航かもね」というくらいのレベル。
3〜4メートルクラスのうねりがあり、頂点から下るときはふわっと一瞬無重力になる。うねりが重なったときは船全体が宙をとび、船底を海面に打ちつけてドーンと大きな衝撃がある。
アネロンは飲んでるが、さすがに酔うかもと思っていたけど、まったく影響なかった。帰りなんて爆睡したほどの余裕っぷり。
たぶんね、年を取ると三半規管の働きがにぶって酔いにくくなるんだと思います。あとしばらく波を見ていたので、揺れに対するイメージができていたと思われ。

0955 上陸
なにごともなく上陸。
食料を買うひまがなかったので、母島の商店でパンを2個買って行動食兼昼食にする。

1006 時計回りコース下山口
1007 時計回りコース登山口
1028 爆弾跡
1028 爆弾跡
左の登山口から登って右に下山する、時計回りコース。
登りはじめて20分ほどで爆弾跡に出る。米軍が放棄投下した爆弾。地面に大穴が開いている。

1041 戦跡と思われる
なんらかの戦跡と思われるが詳細不明。

1044 小鳥の水場
小鳥のための水場。ペットボトルが置いてあり、「気づいた人は水を足してね」と書いてあった。
はじめてみたけど、ほんわかするシステムですな。

1049 シマオオタニワタリ
この植物はヤギの好物らしく、父島にはほとんど存在しなかったがノヤギを絶滅させた母島では雑草のように生えていた。

1113 山頂
1114 南方向
1114 北方向
1118 青い珊瑚礁
登り1時間5分、休憩込み1時間10分。20分休憩。
絶景!島についた時点では山頂にガスがかかっていたが、時間とともに視界がひらけた。写真ではまだ曇りがちのように見えるが、実際は頭上はきれいに晴れている。そして、青空の下の海がとんでもなく美しい。一面の珊瑚礁。

1133 グリーンアノール
下山をはじめた直後に見かけたグリーンアノール。母島にもいるみたいだ。

1140 沖港方面
1143 オールモストジャングル
1154 絶景
時間がたつごとに、雲一つない青空が広がってきた。ほぼジャングルの登山道。人はほとんどいない。ときおり見渡せる景色はいずれも絶景。うーん楽しい。やっと天候にめぐまれた。来てよかった、と思いはじめてきた。

1221 塹壕
1221 塹壕
旧日本軍の塹壕。数十メートルほど地中に通路がつながっている。

1243 下山
1周2時間5分。休憩込み2時間35分。

1303 沖港フェリー乗り場
1311 乳房山
フェリー乗り場に戻り、登ってきた乳房山を振り返る。
とがった山がふたつ並んでるからおっぱい山ですね、わかりやすい笑

1540 ハートロック
帰りのフェリーでは爆睡。目が覚めると、ちょうどハートロックが見える位置まで戻っていた。手前の島が南島、南島右端の上に見えている赤っぽい部分がハートロック。
父島に帰港し、この日は終了。

GPSトラック
標高グラフ
沿面距離 5.362km
累積標高 574m
所要時間 2:35:53
行動時間 2:06:07

父島-母島航路

6日め
交通費 8580
食費 300
酒代 411
その他 200

合計費用 ¥9,491-

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...