パスワードを忘れた? アカウント作成
14257142 journal
日記

uruyaの日記: 長梅雨なのでひっそり乗り鉄 3/7

日記 by uruya

04:50 早朝出発コンビニ朝食
朝食つきプランがもっとも安かったので4泊とも朝食つきなのだが、すべて早朝出発するので1回も食わなかった。もったいない。
最近、コンビニメシのご飯がもさもさして不味いと感じるようになってきたので、パン朝食。お手軽。

06:39 あいの風とやま鉄道1日フリーきっぷ
06:45 新幹線特急券
本当は焼岳に登るつもりだった日。前日行程の城端線、万葉線あたりをすっとばして早めに富山に入り、レンタカーを調達するはずだった。
梅雨が明ける気配などまったくないのを確認し、テツカツにシフト。レンタカーは翌日1日だけに変更し、本日は旧北陸本線を中心に回ってくることにした。
あいの風とやま鉄道のフリーきっぷを使って、少しだけ安くなる。

08:26 糸魚川駅
08:38 鉄印@えちごトキめき鉄道
富山市電2系統 荒町→富山駅 180円
あいの風とやま鉄道1日フリーきっぷ 1500円
あいの風とやま鉄道 富山発泊行 0652富山→泊0739
あいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道 泊発直江津行 0751泊→糸魚川0820 [越中宮崎-糸魚川乗り越し 680円]

まず糸魚川まで行って、えちごトキめき鉄道の鉄印を回収する。
その後、新幹線で一気に金沢まで戻り、現在の北陸新幹線完乗。
いま他人の隣に座る/座られるという選択肢はないし、移動時間が50分あるので新幹線は指定席をとったが、ガラガラだった。おそらく自由席でも2人がけに1人で座れたはず。

09:45 北陸鉄道浅野川線1日フリーきっぷ
10:04 内灘駅
JR北陸新幹線 東京発金沢行 はくたか553号 0844糸魚川→金沢0935 5480円
北陸鉄道浅野川線1日フリーきっぷ 400円
北陸鉄道浅野川線 北鉄金沢発内灘行 0948北鉄金沢→内灘1005

金沢では北陸鉄道をつぶす。事前調査では浅野川線・石川線両線共通の1日フリーきっぷが1000円ということだったが、現地に行ってみると休日限定で浅野川線400円、石川線500円のエコきっぷというものがあることが判明した。さらに100円安い。が、発売個所は限られている。

10:32 金沢駅
10:35 北陸鉄道バス
北陸鉄道浅野川線 内灘発北鉄金沢行 1012内灘→北鉄金沢1029
浅野川線を折り返し、石川線始発駅までバス移動。
途中で近江町市場の様子が見えたが、たいへんな密であった。ありゃやばい。あの状況を見た時点で避けるようじゃないと、いま旅行なんかしちゃいけない。受け入れる側も何らかの対策をすべきだろう。入場制限等を検討すべきだ。
金沢城や兼六園など主だった観光地は行ったことがあるので、今回素通りしているが、おそらくどこも似たような状況だったんじゃないか。金沢やばい。ノーガード戦法にもほどがある。

11:02 野町駅
11:06 北陸鉄道石川線1日フリーきっぷ
12:06 鶴来駅
北陸鉄道バス 金沢駅→野町 200円
北陸鉄道石川線1日フリーきっぷ 500円
北陸鉄道石川線 野町発鶴来行 1136野町→鶴来1206

北陸鉄道完乗。折り返しの時間が2分しかないが、降車客をすべて降ろしてから乗車客を乗せる入れ替え制なので、時間のわりには駅舎を撮影する余裕がある。

12:34 新西金沢駅
12:34 西金沢駅
北陸鉄道石川線 鶴来発野町行 1208鶴来→新西金沢1233
北陸鉄道とJRの接続駅。新西金沢駅を降りると目の前に西金沢駅がある。
ここで北陸本線に復帰。

鉄印@IRいしかわ鉄道
IRいしかわ鉄道の鉄印を撮影するのを忘れていた。これは帰宅後に撮影。
金沢駅でもらったもの。

14:49 富山駅に帰着
JR北陸本線 福井発金沢行 1238西金沢→金沢1242 190円
IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道 金沢発泊行 1345金沢→富山1443 [金沢-石動乗り越し 510円]

金沢で少し時間があったのでメシを食っていこうと思っていたが、どうにも密である。金沢やばい。いま出ている感染者の中には金沢旅行帰りの人も含まれてるんじゃなかろうか。
メシはやめて適当にぶらぶらと時間をつぶし、富山まで戻ってきた。富山は混んではいない。
あと、旧も含めた北陸本線完乗。

15:07 西町大喜駅前店
朝にパンを食ったきりで、この時間まで昼食を取っていないので、非常に腹がへっている。じゃあ行っときますか。富山といえば富山ブラック。ラーメンをおかずにコメを食う、ハラペコなときにうってつけの品。
ここは駅前店だが、徒歩5分くらいかかる。富山駅内にも支店があるようで、そちらに行った方がよかったかもしれん。が、おそらくこちらの方がすいている。
ラーメンは並850円、ライスが170円。ご飯をつけなきゃしょっぱくて食えたもんじゃねえ、という話をよく聞くが、それを裏付けるように並とライスのセット1000円が券売機のトップにあった。
富山ブラック
具材はチャーシュー、メンマ、ねぎとシンプル。そして名前の通り真っ黒なスープが印象的。一口食ってみると…うわあ、こりゃしょっぺえ!想像以上だ!まずもって麺がしょっぱいもの。加水率高めでそんなにスープ吸わなさそうなのに、それでもこのしょっぱさ。半端ねえ。
メンマもチャーシューも、どれもしょっぱい。これはすごいなあ。ご飯の量が1合ないくらいだけど、ご飯とラーメンの量が逆でちょうどいい。ライスおかわりしようか迷うくらいだった。
これはラーメンのジャンルには収まらない食い物だと思う。まさに、おかず。ラーメンとして食うものじゃない。メシを食うためのもの。
いまにして思えば、これまでに見た富山ブラックについての言及は、同じ趣旨のことを言っていたんだなあ。「ラーメンをおかずにコメを食う」なんて、情報を見聞きして頭で理解しているだけじゃ、本当に理解したってことにはならないっすよ。実際に食ってみてはじめて実感するものがある。いやあ、なかなか強烈な体験だった。

15:43 レンタカー調達
翌日に使うレンタカーを調達して、この日は終了。

3日め
交通費 1500+680+5480+400+200+500+190+510
レンタカー 6028
食費 1000+1303
その他 300+300+500

合計費用 \18,891-

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...