パスワードを忘れた? アカウント作成
15251450 journal
日記

uruyaの日記: テツandシロ・九州編 9/12

日記 by uruya

【前書き】
この旅は徹底した黙行・黙食のもと、単独で行っております。
すべての形態の旅行を推奨するものではありません。
特に同居家族やカップル以外のグループで旅行するのはお控えください。

05:29 朝食
佐世保バーガーで朝食。夕食後にテイクアウトしてきたもの。
500グラムあるというブツ。冷えてて多少もさもさしたが、ぺろっといけた。
いやこれ、冷えた状態でこれなら、つくりたてなら相当うまいと思う。
ログキットという店で札幌にも支店があり、食ったことがあるんだが、そんなにうまかったっけかな。記憶にないなあ。札幌店は閉店しちゃったので確かめようもない。

06:39 佐世保駅
06:42 松浦鉄道佐世保駅
佐世保駅を出発。松浦鉄道はJR駅に間借りしていて、エスカレーターを登ると直接ホームに出る。

08:38 1日乗車券
佐世保駅で買おうと思っていた1日乗車券だが、窓口が9時営業開始なので買えなかった。平戸口駅の営業も9時からなので、下車するときにダメ元で運転士に聞いてみたら「車内で販売しますよ」と軽く言われたのでずっこけた。
購入してみるとスクラッチ式だったので再度ずっこけ。昨日買っときゃよかったんじゃん…はいはい、リサーチ不足。

08:39 たびら平戸口駅
08:40 松浦鉄道
ゆいレールを除けば鉄道最西端の駅。
窓口営業開始の9時まで待ち、さらに次の電車まで都合1時間。余裕でいろいろ撮影。
…してたらですよ。地元客が駅事務所のドアをコンコンして、普通に1日乗車券を購入してたわけ。あ、乗っかろう。「いま鉄印もらえますか?」「いいですよ」
1時間待ちが10分待ちに短縮されました。うーん、のどかでいいところだな、松浦鉄道。

09:59 伊万里駅
松浦鉄道 佐世保発伊万里行 0704佐世保→伊万里0958
伊万里駅で系統変更。右が筑肥線で左が松浦鉄道。むかしは線路がつながってたらしい。

10:51 有田駅
松浦鉄道 伊万里発有田行 1021伊万里→有田1047
有田で1時間半の待ち。
平戸口で1時間巻いたので、平戸口で1時間待つより有田で1時間半の方が楽だろうと思っていたが。
とんでもない。どちらもつらいわ 笑
せめて陶磁文化館が開いていたら時間の潰しようもあったが、このご時世で臨時休業中。ほかに駅周辺には何もない。
これも筑肥線潰しの参考にしよう。伊万里を折り返すか、佐世保線は特急を使うかだ。

12:34 早岐駅
JR佐世保線 肥前山口発早岐行 1219有田→早岐1233
ここから18きっぷ。ぎりぎり元が取れる。
早岐-有田間を潰すタイミングがなさそうなので、いったん早岐まで出て佐世保線を折り返す。

13:58 吉野ヶ里公園駅
JR佐世保線・長崎本線 早岐発鳥栖行 1239早岐→吉野ヶ里公園1356
吉野ヶ里公園駅で下車して、九州最後の100名城へ。

14:13 吉野ヶ里公園
駅徒歩15分ほど。次の電車まで80分くらいあるが、敷地が広大なので回りきれない可能性がある。早足でざっと見ていく。

14:16 復元エリア入口
逆茂木とか鳥居とか、もちろんこんなもの想像に基づく模擬展示だが、なかなか雰囲気ありますな。

14:20 祭壇
14:21 南のムラ
14:21 南のムラ
14:21 住居内部
南側の集落部分。住居がなかなか快適そうである。寝袋と蚊帳でもあれば余裕で泊まれるw

14:23 倉と市
高床式倉庫などが立ち並ぶ場所。ちょっと遠目に撮りすぎた。

14:28 南内郭
14:29 南内郭
王や支配者階級のものが暮らしていたと考えられる内郭。

14:32 中のムラ
北側は[祭り|祀り|政り]に関わる施設が多く、それに関連するものたちが住んでいたと考えられる集落。

14:34 甕棺墓列
14:35 祀堂
いわゆる墓地。

14:37 北墳丘墓
14:37 甕棺
歴代王の墳墓と考えられている。
甕棺は素焼きのツボ型の棺。実際に発掘されたものに保存処理が施されて展示されている。

14:41 北内郭
[祭り|祀り|政り]が行われていたと考えられる内郭。
遺跡の復元展示物は、だいたいこのくらい。その他博物館的な施設、体験イベント、レストハウスなどがある。遺跡エリア以外では普通に自然公園としてバーベキューなんかもできるみたい。
時間ぴったりで一通り回った。これにて九州の100名城コンプリート。89/100城。

16:16 肉ごぼううどん@牧のうどん
JR長崎本線 長崎発鳥栖行 1518吉野ケ里公園→鳥栖1532
JR鹿児島本線 羽犬塚発福間行 区間快速 1534鳥栖→博多1607

九州を1周し博多に戻ってきた。まずは昼食兼夕食。
博多は食い物がうまい街でいろいろな名物がある。もっとも有名なのはラーメンだろうけど、うどんもラーメンに負けない博多名物だ。一説には、うどん発祥は博多とも聞く。
そんな博多うどん、地元民に愛される2大御当地チェーンがあるらしい。「資さんうどん」と「牧のうどん」。博多バスターミナルの地下に牧のうどんの支店があるらしいので行ってみた。
博多うどんスタンダードともいえる、ごぼ天。そこに肉トッピング。つまり肉ごぼう。揚げ玉はデフォで入ってくる。
麺の固さが選べて普通でオーダーしたのだが、かなりのやわらかさ。コシのようなものはほとんど感じない。出汁はかなり甘め。
で、これ、食ってるうちにどんどん汁がなくなってくるんですな。うどんが出汁を吸っていくらしい。そのため、ヤカンに継ぎ足し用の出汁が入っている。
これねえ、見た目以上のボリューム感ですよ。ごぼ天や揚げ玉も出汁を吸うので、どんどん量が増えてくる。で、ちょっとボテッとした天ぷらの衣や、ふくらんだ揚げ玉のうまいこと。肉も甘辛くてうまい。いやあ、ジャンクだなあ。
ものすごいB級感。いやここまできたらC級か。非常に下品な食い物で、すごく気に入った。

16:32 雨の博多駅
この日と次の日は雨予報。気温もぐっと下がって肌寒い。雨が降っているので地下鉄で宿へ。

16:51 宿泊先
17:02 宿泊部屋
17:03 シャワールーム
福岡市営地下鉄空港線 博多→中洲川端 210円
初日に泊まったのと同じ宿、同様にシャワールームだが、部屋番号は違う。両隣がエレベーターホールと非常階段。次に泊まるときはこの部屋番号を指定しよう。

9日め
交通費 2000+210
宿泊費 24500
食費 1058+730
酒代 972
飲物等 140
その他 300+460+500

合計費用 \30,870-

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...