パスワードを忘れた? アカウント作成
15274190 journal
日記

uruyaの日記: 宮古・沖縄 原2ツーリング 1/9 12

日記 by uruya

【前書き】
この旅は徹底した黙行・黙食のもと、単独で行っております。
すべての形態の旅行を推奨するものではありません。
特に同居家族やカップル以外のグループで旅行するのはお控えください。

【本題】
南西諸島のうち、屋久島と、石垣島を起点とする八重山諸島の有人島は制覇済み。宮古列島を制覇すれば沖縄本島以南は行き尽くしたと言える。8泊9日とっているので、前半宮古、後半沖縄本島を潰そう。
という計画。だが。出発2日前になって、沖縄に蔓延防止適用の方向、という情報が入ってきた。いやあ、どうすんべ…ある程度予想はしていたけども。
経過を観察していると、実施は4/12からで、蔓延防止は市区町村単位なので宮古島は対象外(4/10時点)になるようだ。昨年は知事が「他県から沖縄にはこないでくれ」と言っていたと思うが、今年は知事、各市町村長ともにそのような要請は出していない(4/10、4/14時点)。観光業界への配慮だろう。
とりあえず宮古へ行くのに支障はなさそう。いつもどおり会話は事務的なものだけにとどめて、なるべく宿以外の屋内には滞在しないように。
沖縄本島をどうするかは、現地の温度感や混雑具合(4/14時点)で考えよう。主たる目的はソロツーリングなので、それで誰かと接触するわけではないし。

08:40 新千歳-羽田搭乗便
中央バス 新千歳空港連絡バス 0734禎心会病院→新千歳空港0820 1100円
土曜出発、自宅から空港へ向かうので連絡バスを使う。
新千歳-羽田間の搭乗便はB787-8。
羽田-宮古間はプレミアム株主優待で確保、この区間はちょっとケチって株主優待普通席。スーツケースを預け入れたが、乗り継ぎで1便でもプレミアムクラスを含んでいるとプライオリティタグになるらしい。早ければ6月には解脱してプラチナ・SFCになるので、いらない知識ではあるが。
しかし修行をはじめてわかる、世の上級会員の多さよ。何をどうしたってダイヤには勝てん。「ピッ・ポローン」「ピッ・ファーン」の音の意味を理解できるようになってから嵌まる沼。

11:17 羽田-宮古搭乗便
12:21 富士山
12:44 機内食
B767-300。
全国的な晴天で気流よく、富士山がよく見えた。地上を眺めながらの機内食。さくらご飯だっけ。
羽田-宮古便は3割くらいの搭乗率。4月中旬、GW前の閑散期を狙っているので、もともとそんなに混む時期じゃない。

15:15 宮古空港
ANA054 0930新千歳→羽田1110 19010円
ANA087 1150羽田→宮古1500 43240円

夏だ!気温25度くらいある。数日前の北海道は雪が降ってたんだが…
宮古空港は、いわゆるリムジンバス的なものが存在しない。観光客の9割以上がレンタカーを利用するようで、確かに現地は「わ」ナンバーと「れ」ナンバーと軽トラしか走ってなかった。いや実際には軽トラ以外の地元車両もあったけど、印象としてはそうだ。
路線バスもあるのだけど、飛行機の発着時間に合わせていない。おとなしくタクシーを使う。

15:59 宿泊先
15:34 宿泊部屋
15:34 洗濯機
宿は平良港の近く、繁華街のはずれにある。部屋はちょっと狭いが、家庭用冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機が備えつけられている。長期滞在用のウイークリーマンションみたいだ。平日になると工事関係者がいたのと、ダイビングで滞在する人たち向けの設備だと思う。非常に使い勝手がいい。最上階には港が見える大浴場もある。お値段控えめだし、いい宿でした。
休日はグループ観光客がうるさかったけどな。この時期グループで旅行するような輩はロクなもんじゃない。

16:13 宮古そば
夕食はとりあえず宮古そばを食います。港からちょっと横にそれた位置に屋台村的な施設があったので、そちらの店へ。客は自分1人のみ。
沖縄そば、八重山そばともちょっと違うらしいが、正直なところ、違いを感じられるほどの繊細な味覚は持っていない。ひとつ言えるのは、乗っかってるソーキが非常にうまかったこと。軟骨部分がトロトロに煮込まれていた。

羽田-宮古航路

1日め
交通費 1100+19010+43240+1190
宿泊費 29000
食費 700
酒代 1204
飲物等 135

合計費用 \95,579-

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...