パスワードを忘れた? アカウント作成
15710995 journal
日記

uruyaの日記: ケーブル巡りツーリング 7/9

日記 by uruya

06:51 御嶽ケーブル
07:16 ケーブルカー
本日は武蔵御嶽へ。
7時半始発のところ、駐車場が開くのが7時からだった。
しばし待ちつつ、コンビニ調達したパンとおにぎりで腹ごしらえ。

07:45 山上の集落
ケーブル山頂駅から御嶽神社まで30分ほど歩くのだが、その途中に集落があり、宿や店舗が存在する。
高野山みたいですな。高野山はまだ行ってないので知らんけど。

07:51 神代ケヤキ
こちらはケヤキの大木。
天然記念物。

07:53 御嶽神社
ケーブル駅からダラダラ下り、集落から先は顕著な登りになるのだが、ここから先は階段。
なかなかの段数。

07:58 宝物殿
拝殿下の宝物殿。国宝・重文など、かなりの数が収蔵されているはず。

08:01 拝殿
拝殿に到着。
明治の建造なので新しい建物だ。

08:25 天狗岩
御嶽神社階段脇から奥多摩トレッキングコースに入る。
ここの途中に七代の滝というのがあるのだが、2日で累積1500メートル以上になるのでパスしてショートカットしちゃった。
足は余裕だったんだけど、深〜い谷底まで急階段が続いてたので、見ただけでうんざりしちゃって。
序盤でガッツリ下るのは勘弁してほしい。登るんならいくらでもいいけど。

08:30 川沿いを遡上
08:34 上高岩山分岐
沢沿いを遡上する。
このうち上高岩山分岐から綾広の滝までの区間はゴロゴロした岩が転がっていて、ロックガーデンと呼ばれている。

08:38 ロックガーデン
このあたりがわかりやすい景色。
苔むした岩が、たいそういい雰囲気を出している。
きちんと階段や踏み石が配置されているので、重機を入れて整備したんだと思う。

08:41 休憩所
ロックガーデン終盤にある広い休憩所。
たいして疲れてもないけど、あまりに雰囲気がいいので休憩していった。
ほかに人もいなかったので。
いやあ、ヒグマがいない本州の山は人がいない平日に限るね。

08:58 綾広の滝
09:03 分岐休憩所
綾広の滝近くに分岐点があり、沢沿いを離れてトレッキングコースに戻る。

09:10 奥の院分岐
このコースは本当にきれいに整備されていて、ロックガーデンも含めて遊歩道と表現した方がいいくらいだが、鍋割山〜大岳山に至る道はガチ登山道になっている。
ちょっと遊歩道を外れて、奥の院まで登っていく。
この先は歩く人も少ないようで、荒れ気味の急坂になっていたが、道ははっきりわかる程度。

09:33 男具那社
鍋割山登山道に合流した位置にある男具那社。もう少し登ると奥の院に出る。

09:38 奥の院
奥の院というから奥宮があるのかと思ったら、こんな小さな祠だけだった。
うーむ、こっちをパスして七代の滝にいくべきだったかな。

10:08 遊歩道へ合流
小さい鎖場なども通りながら登山道を下り、遊歩道へ合流。

10:27 長尾平展望台
神社から程近い場所にある展望台に立ち寄り。
奥多摩の山々のむこうに青梅方面の景色。

10:54 御嶽山駅
ケーブル山頂駅に戻ってトレッキング終了。

12:01 奥多摩湖
下山してから、もう少し時間があるので奥多摩湖まで行ってみた。
快晴だが、この日は2日連続で埼玉・群馬にデカい雹が降って怪我人も出た日の1日め。
山間部はいつ崩れてもおかしくないので、早い時間にホテルに入る予定にしている。
結果的には多摩は終日いい天気だったけど。

13:58 宿泊部屋
13:59 窓からの眺め
14:57 宿泊先
宿泊は立川。
なんだよ立川…大都会じゃねえかよ…
最初の1年弱くらい府中に住んでたころ何度も来てるけど、こんな都会じゃなかったぞ?
モノレールができたことが大きいんじゃないかな。モノレールの下が歩行者専用道路になってて、その周囲がえらく開発されてる。
立川にオフィス需要なんてあんのかよ。シャラクセエなあ。

16:21 トリキディナー
夕食はなんとなく焼き鳥が食いたかったのでトリキへ。
先にドリンクを聞かれたのでメニューを見ずに「ホッピー」と言ったら「ないです」と言われた。えええええ…
どうも扱わなくなったようだ。うへー、串カツ田中にしとけばよかった。
ウーロンハイ系3杯と貴族焼き2種、つくね、レバーで2800円。まあ安いからいいか。

GPSトラック
標高グラフ
沿面距離 8.011km
累積標高 848m
所要時間 03:16:57
行動時間 02:55:13

7日め
交通費 1130
駐車場 500
ガソリン 412 (2.66L)
食費 443+298
酒代 2800+327
宿泊費 (10600-212)
飲物等 160

走行距離 77.9km
合計費用 ¥16,458-

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...