パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、yasuokaさんのユーザページですよ。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13531281 journal
教育

yasuokaの日記: 早稲田大学法学部の考えるQWERTY配列の歴史

日記 by yasuoka

早稲田大学法学部の入試問題(2018年2月15日実施)国語(三)で、QWERTY配列に関するガセネタがバラ撒かれた、との御連絡をいただいた。見てみたところ、直江清隆『技術観のゆらぎと技術をめぐる倫理』(ポスト冷戦時代の科学/技術 (2017年2月), pp.39-66)を、改変して出題したようだ。

[ a ]、アメリカ式のキーボードの配列は左上からQWERTYと並んでいるが、よく知られているように、この配列は人の指の形状や動作などを考慮してより敏速にタイピングできるように工夫された結果なのではない。[ b ]その理由は歴史的にみられた機械的制約によるものである。一五〇年ほど前にレミントン社がタイプライターにこの配列を採用した際には、iやeのような使用頻度の高いバーが互いに絡み合わないようにするという仕様上の理由があった。

13526798 journal
日本

yasuokaの日記: 古典中国語と変体漢文の深い谷をUniversal Dependenciesで照らせるか

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の2月10日12日の日記の読者から、変体漢文もUniversal Dependenciesで書けるのか、という趣旨の御質問をいただいた。書けるとは思うのだが、変体漢文は、日本語の語順を一部変更して漢文風にしたもの(cf. Edith Aldridge: 変体漢文の語順の発生過程, 日本語の様々な姿を考える: 黄憲堂教授記念論文集(2016年12月), pp.21-40)らしいので、古典中国語とは異なる様相を呈すると思う。ためしに、変体漢文の例として「汝者我見欺」を考えてみよう。

13525065 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 古典中国語Universal Dependenciesにおけるcopular clauseの問題

日記 by yasuoka

『古典中国語Universal Dependenciesへの挑戦』でも述べたが、Universal Dependenciesが節(clause)という概念を無批判に導入してしまっているのは、われわれ古典中国語(漢文)解析グループにとっては、かなりアタマがイタイ。objのリンク先が節の場合には代わりにccompを使わなければならないし、

13523819 journal
中国

yasuokaの日記: 古典中国語Universal DependenciesのUPOSTAGにおけるADJ・DET・X

日記 by yasuoka

昨日も話したのだが、Universal DependenciesのUPOSTAG(品詞タグ)17種類のうち、われわれの古典中国語解析グループでは、ADJ・DET・Xを使わない方向で作業を進めている。X(それ以外の品詞)を使わないのは、まあ、当然としても、ADJ(形容詞)やDET(限定詞)は古典中国語には無いのか。

13515934 journal
政府

yasuokaの日記: 戸籍へのマイナンバー附番は「大丈夫」なのか

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の12月18日の日記の読者から、大豆生田崇志の記事『本当に大丈夫? 戸籍へのマイナンバー導入』(日経ITpro、2018年1月31日)が無事に公開された、との御連絡をいただいた。日経コンピュータNo.957(2018年2月1日号)の先出し記事らしい。

13510214 comment

yasuokaのコメント: 6728「⿱犱火」 (スコア 1) 3

JTC1/SC2/WG2 N4922のドラフトによると、6728「⿱犱火」(熱の別体)もExtension GのU+30794あたりに追加予定みたいです。増えるのはいいんですけど、あちこちに追加されるとチェックが大変だなぁ。

13507460 journal
日本

yasuokaの日記: ISO/IEC 10646:2017に収録されていない『新潮日本語漢字辞典』の漢字 3

日記 by yasuoka

昨年12月26日30日の日記に続いて、『新潮日本語漢字辞典』の漢字がISO/IEC 10646:2017に全部ちゃんと収録されているか、チェックしてみることにした。ざっと調べてみたところ、以下の98字がISO/IEC 10646:2017に収録されていないようだ。

13507079 journal
政府

yasuokaの日記: 『番号法第19条第7号の規定により地方税関係情報を照会する場合に本人の同意が必要となる事務を定める告示』に対する再質問状

日記 by yasuoka

昨年9月12日に、『行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第十九条第七号の規定により地方税関係情報を照会する場合に本人の同意が必要となる事務を定める告示』(平成29年5月29日内閣府・総務省告示第1号)に対して、内閣官房番号制度推進室に再度の質問状を送った。そうしたところ、今日になってやっと回答が返ってきたのだが、これがやはりヒドイものだった。そこで、再々質問を送ると同時に、再質問も含めて、私(安岡孝一)の日記に記録しておこうと思う。

 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センターの安岡孝一です。

標記の件、御質問頂いた2点につきまして、下記回答いたします。回答が遅くなり誠に恐れ入りますが、宜しくご確認くださいますようお願いします。

13504667 journal
日本

yasuokaの日記: 𡶌部神社の「𡶌」は、なぜ文字情報基盤に含まれていないのか

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の1月11日の日記の読者から、丹波市氷上町の𡶌部神社(いそべじんじゃ、法人番号5140005008276)の存在を御教示いただいた。この「𡶌」(山へんに石)は、大漢和辞典の検字番号7987に

二重の山。〔字彙〕𡶌、再生山也。

と記されているにもかかわらず、戸籍統一文字にも文字情報基盤にも含まれていない漢字である。というのも、大漢和辞典7987には

❷岯(4-7995)の譌字。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...