パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

14117761 journal
Google

yasuokaの日記: Google ColaboratoryでCamphr-Udifyの結果を可視化するには

日記 by yasuoka

一昨日の日記で、Camphr-UdifyGoogle Colaboratory上で試してみたのだが、displaCyの表示スタイルが個人的には気に入らなかった。そこで、以前、私(安岡孝一)が作った「

14116363 journal
Google

yasuokaの日記: Google ColaboratoryでCamphr-Udifyを使うには

日記 by yasuoka

Google Colaboratory上でCamphr-Udifyを試してみたのだが、インストール時にちょっとだけクセがあったので、忘れないうちに私(安岡孝一)の日記に書いておく。

14111406 journal
中国

yasuokaの日記: 現代中国語係り受け解析ツールとしてのCamphr-Udify 3

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の昨日の日記に対し、Camphr-Udifyはjiebaをトークナイザとして現代中国語に対応している、という御連絡をいただいた。ただ、ja_mecab_udifyではなく、en_udifyの方を使う必要があるようだ。とりあえず、インストール。

$ pip3 install https://github.com/PKSHATechnology-Research/camphr_models/releases/download/0.5/en_udify-0.5.tar.gz
$ pip3 install jieba

14111026 journal
人工知能

yasuokaの日記: 多言語係り受け解析ツールとしてのCamphr-Udify 2

日記 by yasuoka

PKSHA Technologyが自然言語処理ライブラリCamphrをリリースしたので、試しに使ってみることにした。CamphrはspaCy上の多言語ライブラリで、pip3とpython3があれば

$ pip3 install https://github.com/PKSHATechnology-Research/camphr_models/releases/download/0.5/ja_mecab_udify-0.5.tar.gz
$ pip3 install mecab-python3 --only-binary :all:

14110314 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: Universal DependenciesとStanford Typed Dependenciesと矢印の向き

日記 by yasuoka

今日発売の『数学セミナー』(Vol.59, No.3)を読んでいて、能地宏「文構造に内在する普遍」(pp.20-24)の図1が気になった。「He drunk expensive wine in Paris」という英文(drankではなくdrunk)の依存構造を扱っているのだが、矢印の向きがdrunk→in→Parisとなっているのだ。最新のUniversal Dependencies 2.5であれば、ここはdrun

14109114 journal
日記

yasuokaの日記: 人文科学における「科学の手順」とQWERTY配列

日記 by yasuoka

『キーボード配列 QWERTYの謎』(NTT出版、2008年3月)の読者から、山田俊弘の『論文を書くための科学の手順』(文一総合出版、2018年10月)を読んでみてほしい、との御連絡をいただいた。ざっと読んでみたのだが、7ページの

科学で採用されている論理の型は仮説演繹と呼ばれており、

  1. 研究対象とする現象を提案し、
  2. その現象を説明する仮説をつくり、
  3. 仮説をもとに実証可能な予言を導き、
  4. 実験や観察で予言の正しさを評価し、
  5. この評価をもとに仮説の真偽を検証する

というものである。

14107428 journal
人工知能

yasuokaの日記: UniDic2UDとGiNZAで読む「難儀な難儀は難儀する」

日記 by yasuoka

昨日の日記で示したUniDic品詞とUniversal Dependencies品詞の対応だが、かなり難儀なのが「名詞-普通名詞-サ変形状詞可能」だったりする。何せ「名詞」のくせにNOUNとは限らず、VERBだったりADJ(adjective)だったりするのだ。最新のUniDic2UD 1.9.1+現代話し言葉UniDicで、「難儀な難儀は難儀する」を解析してみよう。

14107080 journal
人工知能

yasuokaの日記: UniDic2UDにおける品詞間の対応

日記 by yasuoka

UniDic2UDの係り受け解析モデルを、これまでのjapanese-gsdに代えて、japanese-modernを元に作り直した。この作業に伴って、UniDic品詞とUniversal Dependencies品詞(UPOS)の対応を見直したので、忘れないうちに私(安岡孝一)の日記で公開しておくことにする。ただし、UniDic品詞とUPOSは1対1に対応しているわけではなく、た

14102828 journal
日本

yasuokaの日記: ginzameで読む「公立はこだて未来大学」 1

日記 by yasuoka

このツイートが気になったので、手元のginzame (GiNZA 3.1.1版)で「公立はこだて未来大学」を読んでみた。

$ echo 公立はこだて未来大学 | ginzame
公立    名詞,普通名詞,一般,*,*,*,公立,コウリツ,*
はこだて    名詞,固有名詞,地名,一般,*,*,はこだて,ハコダテ,*
未来    名詞,普通名詞,一般,*,*,*,未来,ミライ,*
大学    名詞,普通名詞,一般,*,*,*,大学,ダイガク,*
EOS

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...