パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

13479580 journal
地球

yasuokaの日記: IVDの2017-12-12版が公開

日記 by yasuoka

IVD (Ideographic Variation Database)の2017年12月12日版が公開されたとの連絡をいただいた。まずは、めでたい。今回、私(安岡孝一)個人が特にうれしいのは、韓国の人名用漢字のうちUCSで見分けられない18組36字に、無事にIVSが振られたことである。たとえばU+5795(垕)のうち、「⿸后土」っぽい方には<U+5795 U+E0101>が、「⿱后土」っぽい方には<U+5795 U+E0102>が、それぞれ振られている。

13475103 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 「⿹气奥」「⿰石田」「⿰钅尔」そして「⿰氵恩」

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の2017年5月10日の日記の読者から、JTC1/SC2/WG2 N4922のドラフトが公開されたとの御連絡をいただいた。元素番号113「⿰钅尔」はU+9FEDに、元素番号117「⿰石田」はU+9FECに、元素番号118「⿹气奥」はU+9FEBに、それぞれ追加する方向で話が進んでいる。また、MJ057449由来の「⿸广帯」がU+9FEE

13471778 journal
日本

yasuokaの日記: 平成明朝体W3に「㍻」が収録されたのは、いつなのか

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の昨日の日記に対して、平成明朝体W3には「㍻」が収録されていたはずだ、との御意見をいただいた。『文字フォント開発・普及センターのあゆみ』(日本規格協会、平成9年3月)の別冊を見てみると、FDPC追加の4区が

℡℻㏍№㍾㍽㍼㍻㍉㌢㍍㌔㌖㌅㌳㍎㌃㌶㌘㌕㌧㍑㍊㌹㍗㌍㍂㌣㌦㌻㌫㍿[⿱⿰有限⿰会社][⿱⿰財団⿰法人]㌀㌞㌪㌱㍇

13470954 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: U+337B「㍻」は、いつUnicodeに収録されたのか 3

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の2016年8月8日の日記の読者から、U+337B「㍻」は、いつUnicodeに収録されたのか、という趣旨の御質問をいただいた。『Unicode 1.0』のVolume 1 (Addison-Wesley, 1991年10月)時点で、すでに収録(p.358, p.361)されており、「最初から」というのが答である。ただ、p.595のマッピングテーブルを見る限り、「㍾」「㍽」「㍼」は、それぞれAX(Microsoft版Shift-JIS)の878D・878E・878Fにマッピングされているが、「㍻」に関するマッピングは示されていない。ふーむ…。

13468727 journal
ソフトウェア

yasuokaの日記: 貂明朝の漢字6469字の内訳 2

日記 by yasuoka

先日Adobeから発表された貂明朝の漢字6469字を、ざっと調べてみた。第一水準漢字2965字、第二水準漢字3390字、第三水準の常用漢字4字、第三水準の人名用漢字105字に加えて、「仝」「强」「邛」「髙」「𠮷」が含まれているようだ。うーん、せめて第三水準漢字フルサポート、ってわけに行かなかったんだろうか…。

13463136 comment

yasuokaのコメント: Re:検察官の誤謬 (スコア 1) 2

by yasuoka (#3317733) ネタ元: 東京地方検察庁検事の考える「尤度比」

People v. Collins, 68 Cal. 2d 319とは、ちょっと違ってる気もするのです。うーん、何というか、サイコロ1個を1回だけ振った時に「6の目が出る」と「5の目が出る」が従属事象だと理解できなくて、「6の目が出ていない」ことがわかった時に「5の目が出ている」確率を1/6と答えちゃうタイプの人なんだろう、と。

13461534 journal
数学

yasuokaの日記: 東京地方検察庁検事の考える「尤度比」 2

日記 by yasuoka

『捜査研究』の今月号(No.803)を読んでいたところ、東京地方検察庁検事の宮田英典が書いた『路上における強制わいせつ事件について,「尤度比」を用いて犯人性立証を試みた事案』(pp.92-104)という論文に行き当たった。DNA鑑定で3人以上の混合DNA型が検出された際に、被疑者を含む混合DNA型であるかどうかを、統計学的手法を用いて検討したものらしい。ところが、「尤度比」を検討しているはずの論文なのに、独立事象と従属事象の違いすら理解しておらず、ハチャメチャな結果が導かれていた。

尤度比とは,前述のとおり,互いに相反する2つの仮説を立てた場合に,それぞれの仮説が起こる確率の比を表すものであり,筆者なりの表現をすれば,「仮説Aと,仮説Bがある場合,どちらの仮説が起こる可能性が高いのか比べる」ということであろう。

13455712 journal
政府

yasuokaの日記: 生活保護法第29条において地方税関係情報の提供を求める際の「本人の同意」

日記 by yasuoka

昨日の日記の読者から、厚生労働省社会・援護局保護課長の「生活保護行政を適正に運営するための手引について」(平成18年3月30日社援保発第0330001号、平成26年4月25日社援保発0425第3号で改正)において、本人同意を取得するよう「手引」されている、という趣旨の御指摘をいただいた。当該通知の「まとめ」を見てみよう。

13454950 journal
ネットワーク

yasuokaの日記: 「被保護者であった者」の地方税関係情報照会に係る情報提供ネットワークシステムの使用について

日記 by yasuoka

昨日の日記の読者から、11月9日付けで以下の「事務連絡」が発出されたらしい、との御連絡をいただいた。生活保護法第29条の「被保護者であつた者」に関する「資産及び収入の状況、健康状態、他の保護の実施機関における保護の決定及び実施の状況」を、情報提供ネットワークシステム経由で「報告を求めることができる」かどうかについて、厚生労働省社会・援護局保護課が見解を示したものらしい。

今般、総務省自治税務局市町村税課と調整し、当該取扱方針について、下記のとおりお示ししますので、その取扱いに遺漏なきよう管内福祉事務所への周知等よろしくお取り計らい願います。

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...