パスワードを忘れた? アカウント作成
405832 journal
Linux

yasuokaの日記: ゆれるX'mas

日記 by yasuoka
笹原宏之の『漢字の現在:番外編「X'mas」』(三省堂ワードワイズ・ウェブ, 2007年12月25日)を読んでいたところ、以下の部分がどうも気になった。

英語圏では、キリストのミサを意味する「Christmas」を、省略して表記する際には、ギリシャ語の表記の頭文字(Χ(カイ))を採り入れた「Xmas」となる。「X-mas」とハイフンを入れて書くことはあっても、「X’mas」という表記は全く行われなかったという。

19世紀の英語文献を読んでると、X'masって表記、時々みかけるけどな。と思いつつ、books.google.comを調べてみたら、あるわあるわ、これとかこれとかこれとかこれとか…。あるいはこれとかこれなんて、Xtmasになってて、かなりかわいい。少なくとも『「X’mas」という表記は全く行われなかった』なんてのは大嘘だ。

つまるところChristmasの略記法には、XtmasとかX'masとかX-masとかXmasとかの「表記のゆれ」があるということなのだろう。それが徐々にXmasあたりに収斂していってるからって、過去に遡ってX'masを「無かったことにする」のは、表記の歴史という視点から見れば、あまりに乱暴な議論だと言わざるをえない。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...